2017.11.14

MIHOミュージアムに行ってきました。

11月12日は、信楽のMIHOミュージアムに行ってきました。

新名神ができて、信楽も近くなりましたが、今回は草津から山道をくねくねと。途中の渓谷沿いの木々が黄色く赤く色ついてきれいでした。
*
201711siga01
早くも開館20周年だそうで、その記念特別展「桃源郷はここ」をやっています。

日本からシルクロードを逆にたどって、中国、中部アジア、西アジア、ギリシャ・ローマと展示が続いています。
*
201711siga02
国公立の博物館や美術館は、学術的なキュレーター目線(^^; の展示が多く、時に堅苦しさも感じますが、ここは作品の面白さを第一にコレクター目線で(^^) で、作品が選ばれてて、見ていて楽しくなってきますね。
*
201711siga03
お昼は、ミュージアムのレストランのおススメの、有機農法でそ育てた野菜や小麦を使ったパスタと天然酵母で発酵させるパンをいただきました。

パスタは、キノコのソースが絶品でした。

いつも混んでて、長居できないのが残念ですcoldsweats01
*
201711siga04
お腹もふくれたところで、信楽の街へ移動します。
*
201711siga06
陶芸の森では、滋賀県のゆるキャラたちが集まってました。
*
201711siga05
楽しい一日でした。
*
(次回は、叡電ネタの予定です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.13

てらおかなつみ「犬の絵展」 in 恵文社

一乗寺の恵文社ギャラリーで、てらおかなつみさんの個展「犬の絵展」を見てきました。
*
201711kyoto_gallery01
この作家さんが、まえに京都で個展を開かれたときに、作品を見せてもらったことがあります。ホンワカした癒し系のタッチで一度でファン(^^)になりました。
*
201711kyoto_gallery02
2年半ぶりにまた京都で展示されるときいて、楽しみにしておりました。

今回も、癒される絵がたくさん並んでいます。ひさしぶりに作家さんとお話することも出来て良かったです。
*
201711kyoto_gallery03
来場記念にカワイイカードをいただきました。
*
(続く) (次回は、滋賀のMIHOミュージアムに行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.11

「vestige」 in 芝田町画廊 & 「complex」 in イロリムラ

奈良で正倉院展と天平祭を見たあとは、大阪へ出てギャラリー巡りしてきました。

何ヶ所か回らせてもらったんですが、とくに印象に残る2展示を紹介します。
*
201711osaka_gallery01
ひとつは、芝田町画廊さんで開催のおおうえなおこさんの個展「vestige」です。

この作家さんは、透き通るような白い肌の少女が、すこし愁いを含んだようなまなざしで、何かを訴えるような表情をとらえた絵を良く描かれてます。

作家さんの想いと、見る人の感受性がひとつになったとき、この作品たちはいちばん輝くんでしょうね。
*
201711osaka_gallery02
この日は、作家さんはまだ来られてなくて作品の解説が聞けなかったのが残念です( ◠‿◠ )
*
201711osaka_gallery03_2
もうひとつは、ZIZIさんの初個展「complex」です。

この作家さんは、グループ展などで何点か拝見させてもらったような気がしますが、まとまって見せていただくのは初めて。
*
201711osaka_gallery04
女性像を淡い彩色で描かれて、テーマにあわせてお花や観葉植物が添えられています。

作家さんにお伺いすると「特に花ことばなどにはこだわらず、まず女性のイメージがあって、それに合わせて植物を決める。」とのことでした。
*
(続く) (次回は、京都のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.10

正倉院展と平城宮の「みつきうまし祭り」をみてきました。

3連休最終日の5日は、奈良国立博物館に正倉院展を見に行ってきました。
*
201711nara01
今年は、目玉になる宝物の展示がすくなくて、ちょっと残念sad

そのためか、日曜にも関わらず観客は少な目。早起きして並んだのに損したcoldsweats01

とはいうものの、ろうけつ染めの羊や熊鷹をデザインした屏風や、瑠璃や玻璃の杯や椀、サイの角杯、ロウ石を削って竹製に似せた尺八、伎楽面の酔胡従、鼈甲や螺鈿細工が施された机や小箱などなどが目につきました。
*
201711nara02
特にいいなと思ったのは、刃渡り数センチ、床屋さんで使うカミソリくらいの小刀なんですけど、鞘をべっ甲や金銀で仕上げ、ガラス玉や宝石を飾りにつけてるの。

天平貴族のオシャレのセンスが光ります。
*
201711nara03
奈良博をでて、平城宮の「みつきうまし祭り」に回りました。

広い宮城跡はススキが原になってます。風に揺れる穂が白波のようで、その奥にそそり立つ朱雀門や大極殿が幻想的ですねぇー(^^)
*
201711nara04
個人的には、イベントのマイクの絶叫があまり好きくないのでbleah イベント会場にはいかず、周辺の草むらになった遺跡をひと回りしてきました。
*
201711nara05
管理人的には、この踏切が一番の見ものやねhappy02
*
201711nara06
将来的には、地下化されて大極殿と電車と取り合わせは見られなくなるから、今のうちに(^^)
*
201711nara07
気づくのが遅くて、よい場所で写真撮れなかったけど、「楽」も通過していきました。
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.08

京の紅葉散歩2017 (その3) 早や見ごろの比叡山を歩く (3)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei24
広い横川地区でも紅葉を探して歩きます。

横川中堂付近
*
201711hiei25
横川中堂付近
*
201711hiei26
元三大師堂参道
*
201711hiei27
元三大師堂

このお堂の境内の楓樹の色付きは見事です。叡山山中でも一番きれいな一本ではないでしょうか。
*
201711hiei28
まだ青葉の残る枝を手前に入れて。
*
201711hiei29
若木ながら真っ赤に色ついた樹と共に。
*
201711hiei30
ここから、びわ湖側の飯室谷へ下りて坂本まであるくつもりでしたが、山道が台風の影響で通行不可になっており、仕方なく(^^; バスで東塔まで戻ります。
*
201711hiei33
再び東塔の境内を抜け、本坂を坂本まで下って行きます。

この道も台風で土が流されて石ころがゴロゴロして、メチャ歩きにくいですsad
*
201711hiei31
デコボコ道と格闘すること45分(^.^) ようやくケーブル坂本駅前まで降りてきました。
*
201711hiei32
記録は、全行程ちょうど8時間、歩行距離20キロ弱、歩数33,000歩余りでした。

ここで京阪とJR組に分かれて京阪坂本駅前で解散となりました。
天候に恵まれ、よい歩こう会でした。12月は忘年会を兼ねて、どこか日帰り温泉spaのある所を歩きたいですね。箕面とか犬鳴山とかねbleah
*
(次回は、奈良に正倉院展を見に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.07

京の紅葉散歩2017 (その2) 早や見ごろの比叡山を歩く (2)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei15
東塔を後にして、西塔に向かいます。弁慶井戸の前にススキと紅葉がコラボする良い景色がありました。
*
201711hiei16
段差の高い石段を下ると浄土院です。ここは伝教大師最澄上人の御廟所。叡山でも一番神聖な場所とされています。
*
201711hiei17
ここにお参りするときは、やはり気が引き締まりますね。
*
201711hiei18
浄土院から釈迦堂に向かう参道でもススキと紅葉の取り合わせが(^^♪
*
201711hiei19
西塔の本堂に当たる釈迦堂に着きました。

回峰行の祖とされる相応和尚一千百年御遠忌で本尊の釈迦如来像の御開帳と内陣の特別拝観が行われています。(12月10日まで)

普段は立ち入れない聖域を拝むことができました。薄暗い堂内には、四天王や梵天・帝釈天像ほか多くの厨子が置かれ、ライトアップされて神秘的な雰囲気を漂わせています。多くの厨子は開かれており鎮座された神仏を拝んでいきます。

最後に本尊の釈迦如来像の御手に結ばれた五色の紐を引いてお釈迦様とご縁を結ばせていただきました。
*
201711hiei20
古い石柱の道しるべに従って、横川に向かいます。約5キロのハイキングコースです。

さすがに紅葉の季節で、ハイカーも多いです。その他の時期は、1時間以上歩いても、2,3組くらいしかすれ違わないですがcoldsweats01
*
201711hiei21
杉の大木の間から、紅葉した木々が時々みられる、歩きやすい尾根道です。急な上り下りや、危険な崖っぷちもなくて、小さな子供連れのハイカーも見かけました。
*
201711hiei22
ほぼ中間の玉体杉からの京都市内の眺め。

千日回峰の行者さんが、ここから京都御所に向かって、玉体加持(皇室の安泰を祈る)をされるので、この名があります。

御所まで直線距離で10キロ、修学院駅から道なりに12,3キロでしょうか。行者さんにはかないませんが、よく歩いたものです(^.^)
*
201711hiei23
出発から4時間半、15キロほどをあるいてようやく横川中堂に着きました。

山奥の紅葉はちょうど見ごろを迎えています。
*
(続く) (次回は、横川地区を一周して、帰路につきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.05

京の紅葉散歩2017 (その1) 早や見ごろの比叡山を歩く (1)

ようやく晴れの休日になった文化の日の11月3日、延び延びになってた歩こう会で、早くも紅葉が見ごろになってきた比叡山に登ってきました。
*
201711hiei01
叡電修学院駅を8時過ぎに出発。比叡山の上には、美しいうろこ雲が広がっています。

離宮道の交差点から山頂まで、およそ5Km、2時間余りの行程です。
*
201711hiei02
途中の山道は何度も紹介しているので省略して(^.^) 1時間20分程で、ケーブル比叡駅に到着です。

ここまでは、杉や檜の植林地が多くて紅葉する樹はあまり見られませんでしたが、ここから延暦寺の境内地に入り、広葉樹が多くなります。
*
201711hiei03
山頂に向かう遊歩道で、さっそく黄葉になったカエデを見つけました。朝日に輝いてキラキラshine
*
201711hiei04
ススキが原をロープウェイが越えていきます。始発から3本目の便ですが、満員ですね。

ビックリしたのは、この時間(9:45)の下山便にお客が乗ってたの。始発(9:15)で登って、山頂滞在わずか30分で降りたんかなぁcoldsweats01
*
201711hiei04_2
山頂駐車場からこれからの行程を確かめます。右手の大比叡(標高838m) を越えて延暦寺東塔(根本中堂)へ(30分)、谷を下りて西塔(釈迦堂)へ(30分)、そこから稜線沿いに横川(70分)への予定です。横川からの帰路は、時間と疲労度とに相談して(^^) 決める予定です。
*
201711hiei06
大比叡の一等三角点。休憩込みでちょうど2時間で到着。

ここがコースの最高地点、この後は多少のアップダウンはありますが、基本的には下り道happy01

と、気が緩んだのか東塔へ下りる急坂で転んでしまいましたwobbly
ここは、前にも尻餅ついたことがあり、危険区域ですねbleah
*
201711hiei07
根本中堂に着きました。紅葉は、写真のように見ごろになってます。

3連中初日で、久しぶりの晴天の休日とあって、まだ10時半くらいと早い時間帯なのに参拝者でいっぱいです。
*
201711hiei08
お堂は、修繕工事中(拝観可)なので、文殊楼からお決まりに構図で写真を撮って、境内でもみじ狩りmaple
*
201711hiei09
大講堂付近
*
201711hiei10
文殊楼への石段
*
201711hiei11
阿弥陀堂付近
*
201711hiei12
もみじの前掛けをなさったお地蔵様。 前掛けのデザインも秋ですねapple
*
201711hiei13
已講坂付近
*
201711hiei14
戒壇院への参道
*
(続く) (次回は、西塔から横川へ歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.04

京の秋の散歩。紅葉の色付きはじめた洛北(その5)

秋雨前線と次々にやってくる台風の影響で、京都市内は3週連続の雨模様です。

ブログネタが尽きたので(笑)、10月28日に、傘さして近くの紅葉の名所の様子を下見してきました。
*
201710kyoto56
今宮神社から大徳寺まではすぐです。

雨に濡れた石畳を踏んで、竹林に囲まれた参道を歩きます。
*
201710kyoto57
高桐院は、来年(2018)3月まで工事のため、拝観停止です。
*
201710kyoto58
大徳寺は禅寺なので、桜や紅葉は少ないように感じますね。瑞雲軒の外塀を越える高い梢に赤いの発見(^.^)
*
201710kyoto59
雨で観光客の姿の見えない塔頭のならぶ小径。

時代劇のロケができそうですね。
*
201710kyoto60
北大路通りにでる通路の石畳は、幾何学模様みたいで面白いです。
*
201710kyoto61
境外塔頭の雲林院に入ります。

百人一首で有名な、僧正遍照の歌碑です。ケイトウの花が鮮やか。
*
201710kyoto62
帰り道は、西陣を通って出町柳駅に向かいます。

妙蓮寺の境内では大きな水たまりが出来て、さくら紅葉が写り込んでました。これが秋晴れならもっと映えるんでしょうけどね(^^)/
*
201710kyoto64
最後は、京都御所の大イチョウの根元に足の踏み場もないほど散らばった銀杏と葉っぱ。

ものすごい量ですねcoldsweats02

雨が降ったり止んだりでしたが、土砂降りにはならず、ゆっくり歩けました。スマホカメラなので、あまり大した写真は撮れませんでしたが、良い気晴らしになりました。

11月下旬は、真っ赤に色ついたであろう木々をもとめて、また歩きたいです。もちろん抜けるような秋晴れの下でネhappy01
*
(次回は、比叡山に登ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.02

京の秋の散歩。紅葉の色付きはじめた洛北(その4)

秋雨前線と次々にやってくる台風の影響で、京都市内は3週連続の雨模様です。

ブログネタが尽きたので(笑)、10月28日に、傘さして近くの紅葉の名所の様子を下見してきました。
*
201710kyoto49
午後は、まず上賀茂神社に向かいました。

雨粒が波紋をえがく深泥池です。水面に浮かんでいるのはジュンサイの葉。天然記念物なので取って食べるわけにはいきませんが(^^;
*
201710kyoto50
小雨が降って情緒満点の社家町を歩きます。なぜかこの付近を散歩してるときは雨が降っとるなぁ~

(というか、雨で遠出できないんで、この辺に来るんやねcoldsweats01
*
201710kyoto51
匂い袋・お香のお店。雨でもほのかに良い香りが.....
*
201710kyoto52
上賀茂神社に着きました。残念ながら10月いっぱいまで楼門は補修中で入れません。また来ましょう(^.^)
*
201710kyoto53
檜皮葺きの拝殿前のカエデは、中途半端(笑)に色ついてますね。
*
201710kyoto54
御園橋を渡り、西賀茂地区を通って、今宮神社にきました。

あまりカエデの木は目につきませんが、桜の葉が紅葉しています。
*
201710kyoto55
門前の二軒のあぶり餅屋さんjapanesetea

どちらが好みか迷うとこですが、南側(写真では右側)のかざりやさんの方が、商売熱心かなhappy01

管理人は、北側(左側)の一和さんに入ることが多いですね)
*
(続く) (次回は、大徳寺を通って帰り道です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.11.01

京の秋の散歩。紅葉の色付きはじめた洛北(その3)

秋雨前線と次々にやってくる台風の影響で、京都市内は3週連続の雨模様です。

ブログネタが尽きたので(笑)、10月28日に、傘さして近くの紅葉の名所の様子を下見してきました。
*
201710kyoto46
赤山禅院をでて、桧峠をこえて上高野地区にはいります。

峠を越えてすぐの宝幢寺は、まだ色ついた木がないのでパスして、高野川を渡って蓮華寺へ。

ここも山門から見た感じでは青葉が目につきますが、隣の竹林寺の玄関の一枝が、真っ赤になってました。
*
201710kyoto47
蓮華寺の白壁にさくツワブキ。雨で黄色と緑のコントラストが鮮やか。
*
201710kyoto44
田舎道を三宅八幡宮に向かいます。珍しい稲の稲架掛けが見れました。

もう少しするとバックの三明院多宝塔が紅葉で彩られます。
*
201710kyoto45
三宅八幡の境内も青葉ばかりなので、さらに岩倉実相院まで歩きました。

残念ながら、ここのちょっと早かった。前庭の公園の一本だけ赤くなっておりました。
*
201710kyoto43
ここで、それまで小止みだった雨がまた本降りになってきたので、一旦帰宅。

午後から、改めて出直しましょう(^.^)
*
(続く) (次回は、上賀茂神社に向かいます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

«京の秋の散歩。紅葉の色付きはじめた洛北(その2)

フォト

ススキ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ