2017.10.17

【叡電】小ネタ(^^♪

10月上旬の叡電小ネタhappy01 です。

一番のネタは、『新しい観光用車両の愛称が 「ひえい」 に決定しました』というニュースでしょうが、これは叡山電鉄のHPhttps://eizandensha.co.jp/ を見てください。
*
721_0147
10月10日から新しいアニメ・コラボ電車「ブレンド・S」がデオ721号で走り出しました。

翌11日に撮影したものですが、HMの取り付けのみで、車内外のイラストはまだ描かれていません。出町柳駅構内にアニメキャラのパネルが設置されてました。
*
721_0148
八瀬寄りのHMです。前後でデザインが違います。
*
711_0114
検査中だったデオ711号が出場してきました。台車が京阪5000系の廃車発生品に履き替えられてます。

車庫内入替中ですが、行き先表示が「宝ケ池」なのがレアです。

乗り心地が良くなるかなhappy01
*
(次回は、京阪ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.16

【叡電】コスモス(その2)ほか、秋の「花鉄(^^)!」

10月になり秋咲きの草花が見ごろになってきました。9日と14日に写したスナップです。
*
903_0236
岩倉川のキバナコスモス

毎年のように撮りにきますが、今年はスマホ撮りにしてみました。
**
811_0160
200mくらい離れると、ピンクと白のコスモス畑に変わります。
*
813_0148
300m以上離れたところです。さすがに電車は背景の一部という感じ。

一眼レフの望遠レンズの解像度にはかないませんが、重いデジイチを差しだせないところからも写せますし、モニタの確認も容易なので、使い方によっては一眼レフとは別の映像の世界を作りだせますネ。
*
813_0149
宝ヶ池駅からすこし八幡前よりの田んぼの畦です。

ここも農家の方がお花を育てられてるので、よく撮りにきます。
*
811_0161
もう10月上旬というのに、ヒマワリが咲き残ってました。季節外れの感じなので写しませんでしたが(^^)
*
731_0130
ここからは、13日の一乗寺~修学院間です。

金木犀が盛りですねぇー、あちこちからプーンと香ってきます。
*
815_0199
貴船菊(シュウメイギク)も今が見ごろ。貴船からやってきたイラスト電車とともに(*^^*)
*
811_0162
最後は、オシロイバナ。この花は花期が長くて梅雨明けごろから寒くなる頃まで咲いてますが、やはり今頃が見ごろのようです。
*
(続く) (次回も叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.14

「地獄絵ワンダーランド」 in 龍谷ミュージアム

10月8日は、梅小路公園に続いて、龍谷ミュージアムの「地獄絵ワンダーランド」展に行きました。
*
201710kyoto_museum01
仏教系大学の付属博物館の展示なんてものは、抹香臭いか高尚な宗教談義coldsweats01 と、相場が決まっておりますが、これは「なかなか分かりやすくて面白いhappy01」と前評判が高いので、期待していきました。
*
201710kyoto_museum03
まず受付に行きますと、切符売り場の横に水木しげる先生の「のんのんばあの地獄めぐり」の立体プレートが(^^)

だいたい、「ワンダーランド」なんてタイトルもどっかのテーマパークみたいでミュージアムじゃないみたいですよね。
*
201710kyoto_museum02
会場は建物の3階と2階。会場の入り口には、こんなプレートも。

展示内容は、ネタばれになるので詳しく書きませんが、簡単に言うと、「むかしお寺でよくやっていた、六道絵を使った地獄極楽絵解きのような感じで、地獄絵をわかりやすく解説してくれる展示。」
です。

実際、連休でもあり子供連れの観客も多く、説明書きは読めなくても、マンガで説明してくれるコーナーもあり、絵や写真をみるとそれなりにわかったようで、歓声上げてました。

もちろん、往生要集や熊野曼荼羅など学術的な展示も多く、歴史ファンも納得の内容です。
*
201710kyoto_museum04
会期は、11月中旬までありますので、お近くの方はもちろん、遠方のかたも京都観光のついでにお立ち寄り下さい。
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.13

【梅小路】秋を走るSLとチンチン電車(その2)

10月8日は、梅小路公園に行ってきました。
*
Kyoto_siden66
SLに続いてチンチン電車に移動。

こちらは線路わきに萩の花が咲いてました。でもピントが看板に合ってしまって失敗(^^;
*
Kyoto_siden65
オブジェと実物を合わすのが、SLで割と上手くいったので、電車でも試してみます。

これも面白そうhappy01
*
Kyoto_siden67
お約束の「花とチン電」を撮って、
*
Kyoto_siden68
戻りは、区民運動会で盛り上がってる小学校前を通り過ぎるとこを写せました。
*
Kyoto_siden69
2001号では、モデル撮影中。
*
Kyoto_siden70
モデルさんたちが移動してから、もう1枚camera
*
(続く) (次回は、龍谷ミュージアムです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.11

【梅小路】秋を走るSLとチンチン電車(その1)

三連休2日目の10月8日は、秋晴れの行楽日和。梅小路公園にSLとチンチン電車を見に行ってきました。
*
Sl_steam64
この日のスチーム号は、C612号機

でもいつもこのアングルばかりも詰まらないし、この日は比較的あたたかくて、あまり煙も蒸気も出てくれなかったcoldsweats01 んで迫力不足のためbleah 小道具を探してみました。
*
Sl_steam65
最初は、「花鉄」にしたくて萩の花などを探してみたのですが、うまく構図が組めなくて、このSLのオブジェに。

小さいながらも中々存在感ありますhappy01
*
Sl_steam66
トロッコ列車がやってくると、まず客車が通りすぎて、
*
Sl_steam67
機関車が目の前に止まります。
*
Sl_steam68
機関助士さんは、石炭を焚べたり、水を補給したり短い停車時間で忙しそう(^.^)
*
Sl_steam69
やがて準備完了して、汽笛一声、発車です。
*
Sl_steam70
機関士さん、助士さん、ありがとうございましたm(__)m
*
(続く) (次回は、チンチン電車です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.10

「山粧ふ」鼎ニーナ・岬ましろ二人展 & 「背中合わせ」永福聡個展

10月7日は、午後から大阪のギャラリー巡り。

この日も素晴らしい作品をたくさん見ることができました。
*
201710osaka_gallery01
ひとつ目は、難波のユーアーツギャラリーで開催の鼎ニーナさんと岬ましろさんの二人展「山粧ふ」です。

「山笑ふ」(2015年春)、「山滴る」(2016年夏)、に続く秋バージョン。今回のテーマは「粧い(装い)」だそうで、繊細な墨の線を生かしながらも、大胆にあるいは慎ましく彩色された作品が目だちます。
*
201710osaka_gallery02
左側はニーナさん、右はましろさんの作品。

とくにましろさんの彩色された作品は、あたらしい技法にチャレンジされたのだとか。
*
201710osaka_gallery03
左と中央はましろさん、右手がニーナさん。

会場のいちばん奥の壁にDMの絵の原画が飾られています。おおきな作品で、お二人の個性がよく表れてますね(^^)
*
201710osaka_gallery04
ふたつ目は、中崎町のSUNABAギャラリーさんで、永福聡さんの個展「背中合わせ」を拝見。

作家さんのご説明によると、タイトルはこの世(此岸)とあの世(彼岸)はくっついている。その隣り合わせの仏さまの世界を表現されているのだそうです。
*
201710osaka_gallery05
仏画というと、抹香臭いとか難しいとか引いてしまいがちですがcoldsweats01 この作家さんの描く仏さまは、非常になまめかしくて、エロスさえ感じます。

でもちゃんと仏道を研究して描くべきところは押さえられておられまますよ。
*
201710osaka_gallery06
仏教に限らず宗教が戒める「欲」-物欲・名誉欲・肉欲を素直に表現された作品もあります。

この世とあの世、聖と俗は、裏表なんですね(^^)
*
201710osaka_gallery08
コーヒー・ブレイクは、難波の絵本喫茶holoholoさん。

お願いしていた絵本をいただいてきました。作家さんのサイン入り(^^)/
*
(次回は、梅小路公園に行きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.08

山と坂と海の町、神戸を歩いてきました。

10月1日に久しぶりに神戸の街を歩いてきました。
*
Okamoto01
最初の目的地の王子公園駅への乗換待ちの岡本駅。

石積みのホームに赤い三角屋根のおうちが、六甲山麓の高級住宅街らしさを演出してますね。
*
201710kobe01
前日に記事にした、原田の森ギャラリーをでて、原田線をブラブラと三宮方向に歩きます。

QBBブランドで有名な、六甲バターの会社がありました。ちなみにブランド名のQ・B・Bは、Quality's Best & Beautifulの頭文字を組み合わせた造語で「おいしい品質」という意味なのだそうです。
*
201710kobe02
森永牛乳のお店もありました。

ひと昔前のエンゼルマークが懐かしくて、つい写してしまいましたcoldsweats01
*
201710kobe03
新神戸駅前の布引交差点までくると、中華風の四阿(あずまや)の空高く、ハーブ園にむかうロープウェイのゴンドラが浮かんでます。

うちの家内は兵庫県の出身で神戸の学校を出たので、山手は馴染みの町で、よくデートコースに歩きましたheart04
*
201710kobe04
フラワー・ロードを生田神社方向に下ります。

さすがミナト神戸、フラワーポットもオシャレhappy01
*
201710kobe05
生田神社に参ります。

境内の由緒書きによれば、神功皇后以来の歴史があり、「神戸」や「三宮」の地名もこのお宮様にちなむのだとかthink
*
201710kobe06
元町高架下商店街、通称「モトコー」に寄ります。

ここも震災以前に来た記憶しかないので、四半世紀ぶり(^^; 
*
201710kobe07
チープでキッチュな雰囲気は、昔とぜんぜん変わりませんねぇー

一部シャッターを下ろしているお店もありますが、人通りも多くて賑わっているようです。
*
201710kobe08
高架下をでて、元町アーケード商店街に。
*
201710kobe09
都会のオアシスのような広場で一休み。
*
201710kobe10
ようやくハーバーランドの着きました。アンパンマンと大観覧車がお出迎え。

ここで、この日の第二の目的地のモザイク内の陶器アクセサリーのお店に立ち寄ります。
*
201710kobe15
「さわやか堂」さん。京丹波の山里に工房を持たれて丹波焼の手作りの陶芸品とアクセサリーを販売されてます。

偶然にネットで知り合いになって、神戸に行く都度寄ってます(^^)
もし皆さんも神戸に行かれたらモザイクのお店をのぞいてみて下さいね。
*
201710kobe11
お店を出て港に行くと、飛鳥IIが停泊してました。大きいですねぇー。 背後のオリエンタルホテルが隠れてしまいそう。

やっぱり大桟橋には、客船が似合いますね。
*
201710kobe12
ハーバーランドをでて、旧居留地に回ります。

その昔、ハーバーランド一帯は倉庫街や工業地帯で国鉄湊川貨物駅がありまして、三ノ宮駅の海手にあった神戸港駅と結ぶ臨港貨物線が国道にそって伸びておりました。

今は、国道の歩道敷に転用され、鉄道の痕跡はまったく見つけることができませんが、廃線跡というだけて、なにか足元が軽くなるのは「鉄」な証拠ですねcoldsweats01
*
201710kobe13
レトロな旧居留地を抜けると三宮駅。

さすがに疲れが出てきて、お散歩はここで打ち止め。
帰りの電車で爆睡して京都へ戻りました(*^^*)
*
201710kobe14
*
(次回は、大阪のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.07

「日本の自然を描く展」&「MARBLE展」 in 原田の森ギャラリー

10月1日は、久しぶりに神戸の街を歩いてきました。
*
201710kobe_gallery01
阪急を王子公園駅で降りて、動物園のパンダ🐼見物happy01.......ではなくて、原田の森ギャラリーで、「日本の自然を描く展」を見ます。
*
201710kobe_gallery06
知り合いの作家さんが、入選されたので拝見です。

稲垣有香「紅梅の舞」
*
201710kobe_gallery02
自然の捉え方も、描き方もひとそれぞれですね(^^♪
*
201710kobe_gallery03
管理人の独断と偏見による四選(^^)/
*
201710kobe_gallery07
同じギャラリーで同時開催の京都造形芸術大学のOB・OG展

主に兵庫県在住の卒業生の展示です。仕事や家庭を持たれてなお100号の大作を制作する意欲と技量は大したものですね(^^)
*
201710kobe_gallery04
一階の展示風景
*
201710kobe_gallery05
2階の展示風景。

磨かれた床に、作品が反射して幻想的です。わざと効果を狙って内装が仕上げられるのでしょうかthink
*
201710kobe_gallery08
やはり管理人選は、これ(^.^) 鉄道模型で遊ぶ子をちょっとシュールに描かれたところが好きです。

大西 均 「子供の楽園」
*
(続く) (次回は、神戸の街を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.05

【叡電】コスモス(その1)

ギャラリー巡りばかり続くと飽きられるでしょうから(笑)、叡電ネタを。

10月に入って、コスモスが見ごろになってきました。少し前までは線路わきにたくさん植えてあったのですが、だんだん減ってきて、一乗寺駅の前後くらいしか見れなくなってきました。
*
724_0163
1日の午後4時頃に、パッパッと撮りました。
*
813_0147
週末の三連休に、じっくりと写してみる予定
*
Ichijyoji11
*
(次回は、神戸を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2017.10.04

「ヨリドリ+ 2017」 in イロリムラ

9月の最終日は中崎町のイロリムラさんで、「ヨリドリ+ 2017」を見てきました。
*
201709osaka_gallery31
参加者30数名の大展示会です。ギャラリーの6つの展示室をすべて貸切って、合同展示と4つの個展が同時開催です。

DMは、いもこさん。トレードマーク(笑)の金魚にウサギやパンダのパレードと楽しいですね。

原画も入り口の受付横に展示してあります。
*
201709osaka_gallery33
合同展示の様子。

手前に、前にも紹介した Hi*room hiromi さんのクラゲのオブジェ、右横は、今回お誘いいただいた、TACTOさんの作品。その横は、
Shimaさんの繊細な切り絵。写真では小さすぎてわかりませんが、挨拶文まで、切り紙で作られてるのにはビックリcoldsweats02
*
201709osaka_gallery34
左は、この日の受付係だった好(ハオ)さんの写真を加工した作品。写真のような貼り絵のような(^^♪

真ん中のコリンカカさんの「子育てあるある」は、息子が小さかった頃を思い出して笑っちゃいました(*^^*)
*
201709osaka_gallery32
個展の中で良かったのは、ちむら まゆさんの 絵本原画展 『2ひきのマリキータ』 です。

「てんがなくても きみは りっぱなてんとうむしだよ!」  
マリとキータは、とってもなかよし てんとうむし 
ふたりいっしょなら、なやみなんて きっとなくなる☆
(本の一節から)
*
201709osaka_gallery35
マリキータはスペイン語でテントウムシのこと。

嵯峨芸術大の絵本コースの出身だけあって、明るく素直な筆遣いが気に入りました。

9月初めにあった、大学の後輩の展示会のことで盛り上がりましたcoldsweats01
*
201709osaka_gallery36
立体作品もあります。まるで保育園の一室みたいhappy01
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

«「近世やまと絵の開花」展 in 大阪市立美術館

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ