2018.06.25

京の初夏の散歩 東寺、六孫王神社へ

6月17日のお散歩は、智積院のアジサイ園をでて東寺に向かいます。
*
201806kyoto75
まだ早いだろうと思っていた蓮池ですが、すでにピンクの花がいくつか開いてます。

今年は花暦の進みが速くて追いつけません(^^;
*
201806kyoto76
もうお昼前の時間で、花はすこし疲れた感じですがcoldsweats01
*
201806kyoto78
葉っぱの陰に、もう咲き切って散るまぎわの花も。
*
201806kyoto77
アジサイとのコラボもゲットできました。
*
201806kyoto80
弘法大師のお誕生日祭(6月15日・青葉祭)とあって、境内は大勢の参拝者で賑わってます。大師堂は解体修理のようです。お大師さまは、仮本堂に移られてました。
*
201806kyoto81
東寺の北門をでると、すぐに六孫王神社です。清和源氏の発祥のお宮さまです。
*
201806kyoto82
境内にそれほど大きくはありませんが、アジサイ苑があります。
*
201806kyoto83
真っ白いアジサイや、花が縮れたようなウズアジサイ(渦紫陽花)が目に留まりました。
*
201806kyoto84
境内のすぐ横を新幹線や東海道線が走り、梅小路貨物駅をはさんで鉄博のSLの汽笛がよく聞こえます。

ただ、アジサイと電車を絡めて撮るには障害物が多くて無理そうでしたが(^^;
*
201806kyoto85
バラ、花しょうぶ、アジサイと初夏の花を追いかけてきましたが、そろそろお仕舞いでしょうか。

梅雨の雨と、そのあとに来る猛暑は、お散歩の天敵(笑)なんですよね。

さて、どっか涼しいところは、無いかな(^.^)
と、ゆうわけで次回は、山里の柳生街道を歩きます。
*
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.23

京の初夏の散歩 智積院のアジサイとキキョウ

6月17日は、智積院にハートのアジサイを探しに行ってきました。
*
201806kyoto62
何個か見つかりましたが、ほかのアジサイも見事に咲いています。
*
201806kyoto63
5年ほど前、このアジサイ園に初めて来たときは、アジサイに限らずお花の撮り方がわからなくてcoldsweats01、あまり大した写真をは撮れませんでしたが、最近は、まあまあ納得のいく絵が作れるようになってきたかなbleah と。
*
201806kyoto61_2
ここは、ガクアジサイは少ないです。
*
201806kyoto70
*
201806kyoto71
*
201806kyoto69
最後に、アジサイを下から写して終わりにしました(^^♪
*
201806kyoto72
参道には、キキョウが植えられています。苔庭を背景に。
*
201806kyoto73
バックは、濃くなってきたカエデの葉なんですけど、ボカシ過ぎてわかりませんね(^^;
*
201806kyoto74
白い花も一輪だけ咲いてました。
*
(続く) (次回は、東寺から六孫王神社に向かいます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.22

京の初夏の散歩 智積院のハートのアジサイ

6月17日の散歩は、智積院のアジサイ園にいきました。
*
201806kyoto60
6月も半ばを過ぎて、アジサイも少し見ごろを過ぎた感じですが、この時期に行くのは訳があります(^^;
*
201806kyoto64
ハートheart01のアジサイを探しに行くのです。

ハートのアジサイは、花の形が崩れて出来るので花が一番育って大きくなった後に出来やすいようなのです。

最初は知らなくて、咲き初めに行ってましたが(^^; 見ごろチョイ過ぎがいいと聞いて、去年はふたつ見つけました。

今年は、いくつ見つかるかな(^^)
*
201806kyoto65
これは、もうチョイ! ですかね。
*
201806kyoto66
これは、きれいにハート♡形になってます。
*
201806kyoto67
これも良い形です。
*
201806kyoto68
自己判定(笑)ですが、5個見つけました。

なにかいいことあるかなbleah
*
(続く) (次回は、東寺から六孫王神社に歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.20

京の初夏の散歩 白川から祇園、建仁寺へ

中断しましたが、東山の初夏の散歩の続きです。6月9日は、平安神宮をでて京阪三条から大阪に向かったので、翌10日に祇園白川から再開です。
*
201806kyoto44
知恩院さん門前の一本橋までくると、せせらぎに星型のあじさいとしだれ柳と梅雨の風情満点(^^)/
*
201806kyoto45
参道を北門から上がっていくと、石垣の上にもブルーのアジサイが。

ここはよく散歩で通りますが、アジサイが植えてあるのは、はじめて気がつきました(^^;
*
201806kyoto46
本山さんの境内まであがると8年越しの大修理が終盤を迎えてきた御影堂の素屋根が取り外されて、真新しい屋根瓦が初夏の日差しに光っています。
*
201806kyoto47
工程表では、このあと堂内の飾りつけを進めて、来年には完成する予定のようです。
*
201806kyoto48
知恩院さんを後に、円山公園にはいりましたが、あまり目ぼしい被写体もないので素通りして(^^; 祇園町に入ります。

咲き乱れてるアジサイと祇園祭の粽のお守り。祇園らしい一枚が撮れましたhappy01
*
201806kyoto50
建仁寺まできました。「霊源院の甘茶の庭」の特別公開のポスターが目に留まりました。

このお寺はいままでお参りしたことがないので、見せていただくことに。
*
201806kyoto49
禅宗道場に続くため、普段は一般の参拝者は立ち入りにくい雰囲気の石畳の参道を奥に進みます。

ほんの数百メートル離れたところは祇園の繁華街なのに、騒音ひとつ聞こえず、山寺の風情さえ感じます。
*
201806kyoto43
奥まったところに、ちいさなお寺がありました。座敷を通って裏庭にでると、ガクアジサイ(そっくりな甘茶の花)が咲いています。

実は、甘茶の花はガクアジサイそっくりで咲く時期も一緒とは知らなくて、「アジサイがいっぱい植えてあるけど、甘茶はどれやhappy01」 と、つぶやきながら写真を撮ってましたcoldsweats01
*
201806kyoto43p
庭のパノラマ写真です。クリックすると拡大します。
*
201806kyoto51
お寺を出て、SNSにアップするためスマホで調べて、甘茶の花とはどんなのか知ったしだい。

お坊さんに「甘茶どれですか?」と聞かなくてよかったbleah
*
(続く) (次回は、智積院から東寺・六孫王神社へ歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.19

堂本印象美術館と泉屋博古館

6月上旬の京都のギャラリー巡りは、衣笠の堂本印象美術館と鹿ケ谷の泉屋博古館です。
*
201806kyoto54
堂本印象美術館は、しばらく改装のため休館してましたが、リニューアルオープン記念展として「堂本印象 創造への挑戦」と題して大回顧展が最終週でした。

出世作の「深草の里」(大正8年)から 晩年の巨大壁画「豊雲」昭和49年まで、数十点が展示されています。

若いころは日本画家として活躍されたようですが、戦後は抽象画も多く手掛けられたり、多彩な画業をこなされています。

この美術館自体が画伯の設計で、随所に凝ったデザインがみられます。
*
201806kyoto55
庭園も無料スペースとして整備公開され、やはり作品であるイスやテーブルが並べられ、彫刻作品などを見ることができます。

併設のカフェテリアcafeから軽食をテイクアウトして食べる楽しめもありますよhappy01
*
201806kyoto52
泉屋博古館は、哲学の道のアジサイ巡りの途中に寄りました。

「絵描きの筆ぐせ、腕くらべ」と変わったタイトルがついてます(^^)
内容は、幕末ごろから昭和30年代くらいまでの近代日本画の住友コレクションです。

富岡鉄斎や東山魁夷、竹内栖鳳といった著名な作家からあまり名の知られていない作家の作品まで、数多く展示され、それぞれの作家さんの描きクセや好みを解説してあります。
*
201806kyoto53
さすがに財閥本家の蒐集品だけあって、ただ金に飽かして買い集めた(失礼)ような成金趣味のコレクションとは違って、コレクターの想いが感じられますね。

まず気品があって、ユニークで、ちょっとお色気やウイットも感じられて・・・・・・

アート趣味人の理想としたいですthink
*
(次回は、初夏の散歩の続きです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.17

針金鳥個展「種を蒔く」、二人展「TokoToko展」、グループ展「墨で描く」

6月9日は、午前中に洛東のアジサイや花しょうぶを写した後、午後から大阪のギャラリー巡りをしてきました。
*
201805osaka_gallery21
ひとつ目は、ギャラリーそらさん。手前のスペースでは、針金鳥さんの個展「種を蒔く」が最終日・・・、かと思ったら翌週の作家さんが体調不良で、中日とのこと(^^;

作家さんも、ちょうど中座されたところでお話しできず残念でしたcoldsweats01
*
201805osaka_gallery22
作品は、小ぶりなの、大きいのとり交ぜで30点ちかくあったでしょうか。

いつもながら細かいペン画で、シュールな世界を描き出されています。
*
201805osaka_gallery23
作家さんご自身も非常に寡黙なかたで、お目にかかっても挨拶程度の会話で終わってしまうんですが、その個性も含めて好きな作家さんと作品です。
*
201805osaka_gallery24
そらさんの奥のスペースは、てんこさんとふわとろふさんの二人展「TokoToko展」です。

こちらは、若い女性作家さんふたりで、お友達やご家族のかたも見に来られて、大賑わいhappy01

ゆっくり写真を撮ったり、作品を眺めたりは出来にくいのですが、作品のコンセプトからみて、大勢でお喋りしながら楽しむのがいいんでしょうねbleah
*
201805osaka_gallery25
てんこさんは、写真です。

フクロウ君のぬいぐるみを入れて色んな場所(海外もありますairplane)で写した写真を並べられています。

よく知ってる場所もありますが、キャラをいれるとまた雰囲気が変わっていいですよね。
*
201805osaka_gallery29
ふわとろふさんは、イラストを展示。

カワイイ系shine ですが、梅雨空を明るくしてくれる楽しい絵ばかりでした。
*
201805osaka_gallery26
ふたつ目は、筆屋ギャラリーの「第五回墨で描く」の第三期です。

知ってる作家さんがふたり出展されてるので、第一期につづいて見せてもらいました。
*
201805osaka_gallery27
第一期の感想にもかきましたが、墨絵といっても昔ながら水墨画のイメージとはちがって、ポストカードや人物画、アブストラクトな絵もあります。
*
201805osaka_gallery28
一坪あまりの非常に狭いスペースですが、作品とじっくり向き合うにはいいのかも(^.^)
*
(続く) (次回は、京都のギャラリー巡りです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.16

京の初夏の散歩 平安神宮のスイレン

6月9日に、哲学の道から平安神宮へアジサイと花しょうぶを写してきました。 銀閣寺から歩きだして、平安神宮までやってきました。
*
201806kyoto35
中神苑は、スイレン池になっています。
*
201806kyoto36
西神苑とおなじく、白い花と赤い花が咲いてました。
*
201806kyoto37
お昼の真上からの太陽光を浴びて、輝いてますshine
*
201806kyoto38
手前の飛び石は、天正年間の三条大橋や五条大橋の橋脚だそうです。
*
201806kyoto39
半夏生の白い葉っぱは初夏のしるしですが、手前の紫は萩の花です。初夏と初秋が同居coldsweats01
*
201806kyoto40
最後に橋殿をわたると庭園は終わり。楽しめました(^^♪
*
201806kyoto41
可愛いイラストの岡崎ループバスで移動しましょうbus

バスが走る間、お散歩は休憩cafeして、次回は、大阪と京都のギャラリーart巡りを入れます。
*
(続く) その後で、お散歩dashdash再開です。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.14

京の初夏の散歩 平安神宮の花しょうぶ

6月9日に、哲学の道から平安神宮へアジサイと花しょうぶを写してきました。 銀閣寺から歩きだして、平安神宮までやってきました。
*
201806kyoto26
参道では、バザールが開かれてます。

応天門をくぐり、本殿にお参りして神苑にはいります。
*
201806kyoto27
西神苑では、一番の盛りは過ぎた感じですが、花しょうぶが見ごろです。
*
201806kyoto28
今年は、お花のアップと水鏡を意識して撮ってみました(^^)
*
201806kyoto29
快晴なので、よく写り込んでくれます。ただスイレンがたくさん浮いているので、水面の広いところを探して池のまわりをぐるぐるhappy01
*
201806kyoto30
これは狙ったなかでは、割とマシに撮れたかと(^^♪
*
201806kyoto31
これも狙いましたが、もうすこし手前の水草が少なければ(^^;
*
201806kyoto32
もう一度アップで撮って、メインの被写体を花しょうぶがからスイレンに切り替え(^.^)
*
201806kyoto33
赤いスイレンと青いハナショウブのコラボ
*
201806kyoto34
こちらは、白いスイレンと
*
(続く) (次回は、中神苑、東神苑、南神苑のお花です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.13

京の初夏の散歩 真如堂のアジサイ

6月9日に、哲学の道から平安神宮へアジサイと花しょうぶを写してきました。 銀閣寺から歩きだして、大豊神社に参り、真如堂まできました。
*
201806kyoto18
本堂前の木は菩提樹です。小さな花を咲かせています。

印度でお釈迦様が悟りを開かれたとされる菩提樹(インドボダイジュ)とはちがう種類の木ですが、寒冷な中国や日本の寺院には良く植えられているそうです。
*
201806kyoto42
ちなみに本堂の向かって左側には、沙羅の木(夏椿)も植えられていますが、これもお釈迦の涅槃のときに枯れたとされる沙羅双樹(サラソウジュ)の名前だけ借りた樹です(^^♪
*
201806kyoto19
そして「インスタ映えするshine」と、SNSで人気急上昇のアジサイ手水鉢がこのお寺にもありましたhappy01

老若男女・国籍も問わずcoldsweats01 スマホを持つ人は、かならずパチリcamera
水面に青もみじも写り込んでます。
*
201806kyoto20
で、肝心のアジサイ園ですが、個人的な好みでは大きな花を咲かす品種はまだ真っ盛りにはいま少しの感じです。

ガクアジサイは見ごろなので、気に入った花を数カット撮影。
*
201806kyoto21
紫の星型がいいですね。奥のブルーも好みです。
*
201806kyoto22
薄むらさきも清楚な感じでいいです。
*
201806kyoto23
近いので、また来週末に来てみましょう(^^)/
*
201806kyoto24
真如堂をあとに黒谷さんを通って、平安神宮に向かいます。

黒谷さんの塔頭の栄摂院さん。ここのお庭は四季それぞれに風情がありますね。サツキが終わり、梅雨に入って苔の緑に艶がでてきました。
*
201806kyoto25
門前のお花屋の店先。

お隣のベンガラ格子にシンビジュームは意外とマッチ(^^♪
*
(続く) (次回は、平安神宮の花しょうぶです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

2018.06.11

京の初夏の散歩 大豊神社のアジサイ

6月9日に、哲学の道から平安神宮へアジサイと花しょうぶを写してきました。

銀閣寺から歩きだして、大豊神社の参道まできました。
*
201806kyoto10
阿吽の呼吸で(笑)、狛犬さんがアジサイを従えて迎えてくれます。
*
201806kyoto11
大きな手まりあじさいも頭を下げてお出迎えm(..)m
*
201806kyoto12
万博公園のアジサイ園でみて、いいなぁ(^.^) って思った葉が斑入りの品種も植えてありました。
*
201806kyoto13
拝殿が見えてきました。
*
201806kyoto14
かたわらで、真っ白いアジサイが木洩れ日を浴びて光ってますshine
*
201806kyoto15
本堂脇に咲く清楚なガクアジサイ。
*
201806kyoto16
これは須磨紫陽花という品種で、桂高校草花班の記念植栽です。
*
201806kyoto17
蝶々さんのお見送りを受けて(^^)、つぎは真如堂に向かいます。
*
(続く) (次回は真如堂です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

«京の初夏の散歩 哲学の道のアジサイ

フォト

アジサイ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ