« 関西にもゲタ電があった頃(1) | トップページ | 謹賀新年 »

2004.12.29

関西にもゲタ電があった頃(2)

阪和線と前後して、東海道山陽緩行線や片町線も訪れています。


2004122901 7連で快走する、72・73系チョコ電、京阪神間名物の張りだし式の信号塔が写っています。この日はダイヤが乱れていたのか、この直後に上り「さくら号」も写しています。
西宮-芦屋、夙川鉄橋にて 昭和49年5月5日


2004122908


2004122902終着駅に到着したクモハ31002 昭和49年3月10日四條畷駅にて(以下同じ)
もと2扉車クロスシートのモハ43を戦時中4扉に改造した車両。小窓や正面の貫通扉、立派なパンタグラフに面影が残っています。


2004122905
同車車内 スタンションポールが印象的です。最近の車両には見かけませんが有ったほうが便利な場合もあるのでは?


200412290405クハ79049とクハ79?
もとクハ58を4扉化した車両、72・73系に編入されています。阪和線とはちがうデザインのサボ(ちょっと近鉄タイプ?)をぶら下げています。


2004122906クモハ73189

食パン電車のなれの果て!!もうすこし別な手の加え方はなかったのでしょうか?バックにオート三輪が写っています。これも貴重ですね(^^)




2004122907クハ79920番台全金属車 雰囲気は101系と変わりませんでした。


« 関西にもゲタ電があった頃(1) | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

クモハ73、やはりHゴムが独特な風貌を作り出していますね。

全金属車は、側面もつるっ、としていて旧型国電の大成美、という感じがしますね。

Primera

石川優子が「日本一揺れる片町線」とか言っておりましたが納得です。阪和線が博物館状態かと思っておりましたが、どっこい片町線も博物館ですね。関東にはない改造クハ79などがいたのは羨ましいです。関東ですと御殿場線に改造サハ78がいたと聞きます。

 satoさん、コメントありがとうございます。
「石川優子」さんは大阪の出身ですが、片町線沿線の河内っ子なんでしょうかね。
この頃は本線・支線を問わず「博物館」状態(笑)で編成中に車長も車幅も扉数もちがう車両を何両もつなげてラッシュを乗り切っていたものです。
夏などは、冷房車をいかに早く見分けてそこに並ぶかで天国と地獄になっていたものです。
御殿場線のサハ78は写真でのみ知っています。関東の旧国で実際に見たのは、鶴見線のクモハ12位です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西にもゲタ電があった頃(2):

« 関西にもゲタ電があった頃(1) | トップページ | 謹賀新年 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ