« 京都市電の思い出(1) | トップページ | HP版「ピンぼけ写真館」を始めました »

2005.01.08

京都市電の思い出(2)

京都市電が廃止されて早いものでもう四半世紀の時が経ちました。思い出すままに、市電のことをもうすこし書いてみます。

20050103052番と錦林車庫
末尾2は錦林車庫の所属でした。加茂大橋の電停で待っていると1番はなかなか来ないのに2番は何台もやって来ました。この電車の走る河原町線の今出川-丸太町間は軌道の状態が良くなかったのかよく揺れました。いちばん後ろにのって運転台を見ていると運転手さんはさながら急流下りの船を操るように運転していました(^^) 錦林車庫は白川通に沿って長く伸びていたので、留置されている電車がよく見物できました。市電廃止後はバスの車庫に転用されましたが、今では敷地の半分が高齢者向けの施設になっています。市電の系統番号番は営業所毎に色分けされていましたが、この車庫は白地に黒と水色字に白の2種類がありました。同じ系統が交差したり、重複して走る区間があったりしたため、色分けで区別したのでしょう。写真、2系統(1833,1828)、12系(1649)ともに錦林車庫前にて、22系統加茂大橋にて、バックの銀行も金融再編で消え去ったが、左端の架線柱はまだ残って市電の遺構となっている。(S51.3.31)
2005010306 2005010308 20050103376番と烏丸車庫
末尾3,4,5,6を抱えるのが烏丸車庫でした。ここの系統番はです。なかでも6番は自宅から一番近いところを走る市電で高校・大学時代は通学にも利用しました。最後まで残った系統番号でもあります。やっとカメラを持つようになって廃止までの3年程の間に何枚か写真を写しています。車庫前とその前後の停留所には「操車表示機?」が設置してありました。車庫へ戻ってくる電車に次の行程や入庫の指示をするもので、系統番号や行き先が並んだ表示板が点灯します。臨時系統で変わった表示が出るとなぜかうれしかったです(^^) 写真、4系統(2003)七条壬生川の国鉄ガードにてバックは高架工事中の山陰線(昭和52年7月3日撮影)、5系統(1842)北大路橋にて加茂川を渡る(S52.7.3)、6系統(1839)ポール電車との顔合わせも明日まで、ポール電車(デナ508)もこの半月後にはパンタ化されともに消え去った・・・・・(S53.9.29)、13系統(2618)下鴨神社前の高級住宅地を静かに走る(S52.7.3)、臨時百万遍行き(1803)ほかに高野、熊野神社前、千本北大路、西大路四条行きなどの臨時系統があった。(S53.9.29) 2005010312 2005010324 2005010313 2005010326

2005010329急行運転

朝のラッシュ時は急行運転がありました。全便・全系統で実施され停留所をひとつかふたつ分通過運転、いわば停留所の間引きです。これは速くて便利でしたが、止まらない停留所の近くに住む人間には(-_-メ)・・・・・
写真、22系統(1931)洛北高校前、通学で3年間お世話になった母校前を走るのも今日が最後。(S53.9.30)
20050103178番と九条車庫

九条車庫は末尾7,8,9を受け持っていました。系統番は紺色です。路線の廃止が進むと16系統や22系統を受け持った時期もあります。自宅から遠いところを走る系統のためふだんはあまりなじみがありませんでしたが、廃止直前はよく通いました(^^)
 写真、8系統(1809)博物館三十三間堂前を走る七条線さよなら電車(S52.9.30)16系統(1849)8系統(1809)ほか、九条車庫前にて(S52.9.30)
2005010321

2005010334さ よ な ら
←京都駅前に進入する最終日の6系統廃止まであと数時間(S53.9.30)
烏丸車庫前を発車する終電車。運転手さんが帽子を取って乗客に挨拶したのが忘れられない・・・・・このあと日付が変わってからも数台の回送車が九条車庫に向かって走っていった。午前2時過ぎ架線の電源が切られ市電は83年の歴史を終えた。(S53.9.30)↓
2005010335

« 京都市電の思い出(1) | トップページ | HP版「ピンぼけ写真館」を始めました »

コメント

 なかっちょさん、こんにちわ。京都市電、懐かしいですね。
 系統番号表示板の色で営業所を識別していたのは知っていましたが、系統番号の末尾でも識別していたのは知りませんでした、35へぇかな。よく考えたら、連動してますね。
 臨時系統なら、小学校低学年の時に壬生車庫から遠足に出かけたことあります。道路じゃなくて、車庫の構内から乗った記憶があります。行き先は忘れてしまいました。
 広島電鉄にはまだ1900形が走っていますので、広島を訪れた時にはわざわざ乗ることもあります。

silver klisさん、こんにちは。
いつも読んでいただいてありがとうこざいます。

壬生車庫構内発の貸切電車で遠足ですか。楽しかったでしょうね。行き先は、動物園か植物園か、はたまた京都駅でしょうか?
 私はついに市電の貸切には乗れませんでした。遠足はいつも観光バスでした。阪堺電車の貸切はニフティのフォーラムのオフで何度かありますが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市電の思い出(2):

« 京都市電の思い出(1) | トップページ | HP版「ピンぼけ写真館」を始めました »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ