« 国鉄旧型電気機関車を追った頃 | トップページ | 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) »

2005.04.03

国鉄旧型電機機関車を追った頃(2)

ef15_04
この2枚の写真は、紀勢線の新宮までの電化が完成し、EF15・58が投入された頃の写真です。熊野灘の荒波をまともにカブって、列車が走っていました。電化前はDF50の引く、特急「那智」やブルドッグ「キハ81」の特急「くろしお」の撮影名所だったところです。まわりは釣りをする人や海水浴を楽しむひとばかりで、列車本数が少ないこともあって、裸で磯遊びをしながら写していました。おかげて帰りの電車の中では、背中がヒリヒリして困りました(笑)
ef58_03

紀勢線 紀伊田原-古座


ef18_05
この組写真は、東海道線金谷駅構内で発車を待つ、EF18-34号機です。EF58として製造されながら途中で貨物機に設計変更され、EF13と旧EF58の車体交換でEF58へ戻る夢も絶たれ、晩年は静岡・浜松地区の小運転・入換で余生を送っていました。ある雑誌に「パンタグラフのついたDD13」と紹介されていたのが思い出されます。


ef16_05
この写真は、上越線水上駅を発車する貨物列車の先頭に立つEF16です。機関区にも数量のEF16が出番を待っています。EF12を写した渋川付近では、もう春の雰囲気でしたが、ここ水上では粉雪も舞って寒く、清水トンネルを抜けた越後側では、一面の銀世界で、わずか数時間でこれほど車窓が変化するのも珍しかったです。

HP版「線路際のピンぼけ写真館」http://nakkacho.fc2web.com/「国鉄・JR写真館」「旧型EL」のページでは、EF16,18,58,59,EH10の晩年の活躍の姿を公開しています。また他の形式の写真も公開中です。ぜひご覧ください。

« 国鉄旧型電気機関車を追った頃 | トップページ | 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄旧型電機機関車を追った頃(2):

« 国鉄旧型電気機関車を追った頃 | トップページ | 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ