« 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) | トップページ | 今日はお祭り »

2005.05.03

加悦鉄道訪問記

加悦鉄道は、国鉄宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)の丹後山田駅(現野田川駅)から山間の加悦駅を結んでいたローカル私鉄です。昭和60年4月末で廃線となりました。
管理人がこの私鉄を訪問したのは、昭和54年の暮れのことです。

kaya008 写真のディーゼルカーはキハ51という番号の車で、車体の前後に荷物置き場をつけた、通称バスケットカーと呼ばれる車両です。バックの疑洋風の加悦駅舎とマッチしています






kaya012

このSLは、2号機関車の名で呼ばれるイギリス製の古典機関車です。明治7年の大阪-神戸間の鉄道開業に際して輸入された機関車で、その来歴から重要文化財に指定されることになりました。

kaya015 kaya011

他にも、古典機関車や客車、気動車もたくさん展示されていました。

この私鉄は惜しくも、昭和60年の春に廃止され、このSL広場も移転しましたが、現在も、大江山のふもとで大切に保存されています。kaya006

ホームページ版「線路際のピンぼけ写真館」 の私鉄館の「加悦鉄道」のページでは、このほかの写真や当時の切符等を公開しておりますので、よろしければお立ち寄り下さい。

« 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) | トップページ | 今日はお祭り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加悦鉄道訪問記:

« 国鉄旧型電機機関車を追った頃(3) | トップページ | 今日はお祭り »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ