« 新居の仕様書決定(その2) | トップページ | 新居の仕様書の決定(その3) »

2005.09.17

No.14 DD54 in 1978

 播但線の和田山付近を走るDD54です。

dd54_bantan01dd54_bantan02









「54」番台の形式を名乗る機関車は、薄幸だ。とのジンクスがあるように、悲運の機関車の代表格に上げられています。
この写真は、運用停止の一ヶ月ほど前に写したものです。4両の貨車のうち、前後は車掌車のようなので、実質2両のさびしい列車です。本線運用は播但線の貨物列車数往復に限られていましたが、この場所はおろか、駅や機関区でもほかに撮影しているひとも見かけませんでした。「さよなら運転」のようなイベントもなく、さびしく消えていったのでしょうか?
故障が多く、現場でも「やっかい払いが出来てよかった。」という感じだったのかも知れません。(昭和53年5月4日、竹田-和田山間)

dd54_bantan03
dd54_hanazono モノクロ写真の方は、昭和49年頃に山陰線の花園駅西方の陸橋から写したものです。今は高架線になって雰囲気が変わっています。この頃は山陰線や福知山線でも活躍していて、箱型の車体がDD51などの凸型車よりかっこよく感じていました。

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

pinboke_entry

« 新居の仕様書決定(その2) | トップページ | 新居の仕様書の決定(その3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.14 DD54 in 1978:

« 新居の仕様書決定(その2) | トップページ | 新居の仕様書の決定(その3) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ