« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月に作成された記事

2005.10.30

第1回えいでんまつり(その2)

叡電まつりのイベントトレインで、デオ600が走りました。

maturi04 修学院車庫の出発線で待機する、
デオ600
maturi05渡り線を渡って、下り線へ転線し二軒茶屋を目指す。
この渡り線を団体専用とはいえ、営業列車が走るのははじめて?

maturi11修学院へ戻ってきた、デオ600
二軒茶屋の引上線で営業列車が折り返すのもはじめてか?

maturi12
構内の洗浄線へ入って終点。
この後、洗浄作業を体験します。
maturi13 イベントトレインのHM
出町柳行きのサボを掲示しています。
btn415b

第1回えいでんまつり

第1回えいでんまつりが修学院車庫を会場に開かれました。

maturi01

このイベントは、昨年まで「鉄道模型in鞍馬」の名前で開かれていた、叡山電車の鉄道の日協賛の催しを、開催場所を修学院駅構内に限定して開かれたものです。

maturi02 午前中は、生憎の天気でしたが、10時の開門とともに、デオ600型のイベントトレインの乗車整理券をもとめてファンや家族連れが詰め掛けました。
午後からは、天気も回復してきて、デオ600が走り出す頃には、薄日もさしてきました。

←「こもれび」、「やま塗装」、「きらら」と今日の主役の揃い踏み
やま塗装のデオ711もじっくり見られました。 maturi03
maturi06 maturi07 工場棟の内部も開放され、物品販売コーナーになっていました。叡電・京阪グループだけでなく、全国の私鉄18社のグッズやパンフレット類が並べられています。

工場の内部が開放されるのは、はじめてではないでしょうか?
検修棟の中は、プラレール(手前)と鉄道模型(奥)のコーナーです。
ちょっと狭い感じがします。

検修線には、出番の無いデオ700型4両が収まっています。
こちらも引きが無くて、写真が撮りづらいです(^^ゞ
maturi08
maturi10 maturi09
こもれびの車内では、「君も未来の運転士」のコーナーがあり、制服・制帽すがたで、運転台にすわって写真をとれるようになっています。希望するとデジカメで撮影して、その場でプリントしてくれるサービスもやってました。

おとうさんも座りたいなぁ(笑)
maturi14 手書きの用紙で作成された、記念(?)定期券
デオ600のイベントトレイン編へ続く....... btn415b

2005.10.29

叡山電鉄が秋ダイヤで運行

叡山電車は11月中は秋ダイヤで運行されます。

ninose01   

駅や車内の掲示によれば、
line014
11月 1日から30日の平日は「11月平日ダイヤ」で運転
☆初発から朝ラッシュ時と夕ラッシュ時から終発までの間は、通常の平日ダイヤ
☆昼間時、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~鞍馬間の列車を15分間隔で運転
☆大学の通学時間帯に出町柳~二軒茶屋間の列車を運転

line014
11月5日から23日の土日祝日は「休日特別ダイヤ」で運転
◎早朝、夜間は、通常の土曜・休日ダイヤ
◎昼間時、出町柳~八瀬比叡山口間の列車を6分~12分間隔、出町柳~鞍馬間の列車を  12分間隔で運転
◎貴船もみじ灯篭の時間帯(夕方から夜間)の出町柳~市原間の列車を鞍馬まで延長運転

line014
11月3日、26日、27日は通常の「土曜・休日ダイヤ」で運転
▲時刻変更はありません

となっています。詳しくは叡電のHPへ
line_06
link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

2005.10.26

交通調査

昨日、叡山電鉄の交通調査がありました。

kotuchosa
行き帰りに、駅でこのような調査カードをくれました。切符の種類によって、右端の半丸の部分を折り取るようになっています。

券種によって、何枚もカードを用意しなくいい利点はありますが、折り取ったクズが駅や車内に散らかって、美観を損ねていました(^^ゞ

同時に、「大都市交通センサス調査」も行われていて、どの駅から何時何分の電車に乗って、どこで乗り換えて、どこまで行ったか?帰りはどうしたか? 詳しく書かされました。(これは調査表を郵送して回答します。)
 
link_01 link_03

2005.10.25

GoGoポッピン

子供の行っている幼稚園で、KBS京都の子供番組に集団出演することになった
ので、付き添いに行ってきました。

poppin01 番組は「GoGoポッピン」というタイトルです。
ティンパ(着ぐるみ)、シンバルバ(お兄さん、フルーミン(お姉さん)と子供たちが飛んだり跳ねたり、歌ったりする、子供番組です。

子供たちの熱気を感じてこっち(保護者)が圧倒されそうでした。
11月16日(水)の朝7時15分から放送です。 poppin02
btn415b

2005.10.24

鞍馬の火祭り(鉄道編)

お約束の(笑)、鞍馬の火祭り輸送の写真です。

himaturi06 デオ700型2連、修学院駅 (721+722)

デオ700型は、デオ800型(きらら)の代わりに、2連2本が火祭り輸送に当たっていました。ことしも、デオ600型の出番はありませんでした。
ラッシュなみの混雑の出町柳行き列車(右)
鞍馬駅にて

連結部分(下)
himaturi05
himaturi04 link_01 link_03

2005.10.23

鞍馬の火祭り

10月22日は、鞍馬の火祭りの日でもあります。

ことしは、久しぶりに土曜日の晩に当たり、日が暮れてから見物に出掛けました。

狭い、鞍馬の町を一方通行でひとが流れるように工夫してました。

鞍馬街道では、何本もの大松明、小松明を担いだり、手にした人々が、「サイレェー、サイリョウ」の掛け声とともに行き来してました。

大松明が近くを通ると、熱気が伝わってきます。
himaturi02
himaturi01  himaturi03 
この写真を撮ったのは、午後7時半頃で、地元のひとからすると、「やっと盛り上がって来たかな?」といった、ところです。よく新聞やポスターで見かける松明が勢ぞろいするのはもっとあと、午後11時頃です。
その頃までいると帰りの電車がなくなってしまう恐れもあるので、一時間ほどで見物を切り上げて帰ってきました。
btn415b

時代祭りの準備

10月22日は、京都三大祭のひとつ「時代祭」の日です。

jidai01 御所の近くへ差し掛かったところ、バスの中から変わった行列を見ることができました。
なんと、平安神宮から御所へ向かう行列の移動風景だったのです。
ひとの乗ってないカラ馬、空駕籠、空馬車、空牛車?
ヅラを付けて、トレーナーにジーパン姿で歩くアルバイトの学生さん。
お供ばかりで、肝心のお殿様の居ない武者行列。
その横を、普通の京阪バスの貸切に、お公家さんや、お侍さんや、お姫様の格好をしたひとがいっぱい乗って、追い越していく。
最後には、馬や牛の落し物(笑)、をきれいにしてひと←ご苦労様です。

整った祭り行列とは、ちょっと違った準備風景。関係者のみなさん、お疲れ様でした。よい天気でよかったですね。
jidai02
btn415b

2005.10.19

叡電のデオ700型に新塗装車登場

叡電の単行ワンマン車、デオ700型に新塗装車が登場しました。

dona711_01

新塗装になったのは、デオ711号車です。写真のように、車体全体が明るいクリームに、塗られ、グリーンのラインが引かれています。「山」をイメージしたマークもえがかれています。
足回りも検査上がりでグレーに塗りなおされ、夜目にもあざやかです。

今後も、検査時期にあわせて(川)青、(もみじ)赤、などをイメージした電車が登場するそうです。2連車のカラフルなラインとあわせて、乗客の目を楽しませてくれそうです。
10月14日頃から、試運転を始め、17日より、営業運転に入りました。きょうやっと携帯のカメラに収めることができました。(修学院駅、20:38発鞍馬行き)

line_05 link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

2005.10.17

カードコレクション(その3)

最新収集した、カード・チケット類の中からいくつか紹介していきます。ある程度、まとまったら、HPの「切符館」で分類→公開する予定ですが、いつになることやら(^^ゞ

2005年9月までの収集品 (近鉄・京福嵐電)

図柄
発行者名、名称、発行日、発行箇所、金額、ひとこと
050505

↑画像をクリックすると原寸大の画像が出ます ↑
近鉄、2005.5.5記念乗車券、京都、05/05/05、550円
マウスパットになっています。実際に机上で使っています。
050827

近鉄、特別急行券・サロン券、生駒、05/08/27、1000円
関連の記事はこちら
   

050409
京福(嵐電)、足湯利用券、嵐山駅、05/04/09、150円
花見を兼ねて行きました。なかなか良かったです(笑)
      

line_03

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

2005.10.15

鉄道ピクトリアルの100冊

仮住まいへの引越しが近づいてきて、実家の整理に追われる毎日です(^^ゞ

pic100
本棚や納戸から大量の鉄道ピクトリアルのバックナンバーが出てきました。その数、約100冊、一番古いものは、1984年1月増刊号の「京阪電鉄」特集でした。
他にも、戦前の鉄道書籍の復刻版が何冊かあります。

私にも愛着がありますが、可愛がっていただける方が方がありましたら、それなりの金額でお譲りいたします。

(追記)
今朝、メールを確認しましたら、それなりのお値段で譲り受けていただける方と連絡がつきました。メールいただきましたみなさまありがとうございました。
この場をお借りして感謝いたします。 10月16日 6:28 a.m
line_10 link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

No.17 岳南鉄道 in 1980

昭和55年秋の岳南鉄道富士岡車庫でのスナップです。

11920018
この日は、午前中、身延線を撮影してからやってきました。まず江尾まで行き、車庫のある駅で途中下車して、2,3枚撮影し、それから清水港線の一日一往復の列車に乗るべく清水へ向かっています。
ステンレスカー「モハ1105号」が検修庫から顔を出しています。この車は、この翌年の昭和56年7月には、大井川鉄道へ譲渡されました。
  
11920017
上の写真では影になっていますが、うしろに「ED28」も留置してありました。この車はもと小田急の機関車で、丸窓が特徴でした。昭和63年に廃車になっています。

せっかく訪問したのに、写している写真はこの2枚だけのようで残念です。

kippu01 


(昭和55年11月22日撮影)
  
line_04 link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

2005.10.13

カードコレクション(その2)

最新収集した、カード・チケット類の中からいくつか紹介していきます。ある程度、まとまったら、HPの「切符館」で分類→公開する予定ですが、いつになることやら(^^ゞ

2005年9月までの収集品 (京都市交・大阪市交・阪神)

図柄  名称、発行日
発行箇所、金額
050513 スルッとKANSAI
レインボーカード
なつかしちかてつ
50系
2005/05/13
淀屋橋
2000円
050701 スルッとKANSAI
レインボーカード
OTS・地下鉄統合
2005/07/01
南方
1000円
050816 スルッとKANSAI
都カード
きょうと・小旅行
高瀬川
2005/08/16
三条京阪
1000円
050819  スルッとKANSAI
らくやんカード
シルクロード展
2005/08/19
梅田
1000円

line_02

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

2005.10.12

コードレスフォンを買った

電話機の留守録機能が壊れたので、新居が3階建てになることもあり、コードレスフォンを買いました。

tel3 サンヨーコードレス留守番電話機「TEL-E3」という機種です。上新電機の楽天ショッピングモールで、税込み・送料込みで¥7,430 でした。昨日から使ってますが、電話がかかってきてもいちいち走って行かなくてすむので(笑)便利です。
btn415b

2005.10.11

清明神社

三連休三日目は西陣の清明神社にお参りしてきました。

F1080002 安倍清明のブームで、この神社も参拝者が増え、境内も堀川通まで拡張されて広くなりました。この日も、若い人で賑わっていました。
京都人の間では、清明さんは、赤ちゃんの名付け親になってくれるお宮さんで知られています。うちの子もここの宮司さんの見立ての名前の候補の中から選んで名づけました。子供の6歳の誕生日を前に、この先の成長を祈願してきました。
右の写真は社務所の壁に掛かっていた、西陣織りの「清明祈祷の図」です。清明が、式神を呼び出している有名な場面です。清浄華院所蔵の「泣不動縁起絵巻」を織物で作り上げたものです。なかなかみごとなものです。 F1080001
btn415b       

2005.10.10

宝ヶ池公園

10月9日(晴)、今日は宝ヶ池公園へ行ってきました。

IMG_0712 まずは、子供の楽園でお遊び。すべり台と迷路で子供と汗を流しました。
次に、平安騎馬隊の厩舎を訪ねます。ちょうど馬を洗ってあげているところが見られました。馬もシャワーをかけて、ブラッシングしてもらうと、気持ちいいのか目を細めてうっとりとした表情をしてました。さらに進んで、池でボートに乗りました。池の端の国際会議場に面したところでは、打ち上げ花火の準備をしてました。
聞くと学会があって、外国のお医者さんがたくさん来られるので、その余興に花火を打ち上げるようです。学会の頭文字をイメージした仕掛け花火もありました。
もう10月ですこし肌寒さも感じる季節ですが、外国からこられる方には、よい京都土産になるのでしょうね。
鯉にえさをやっていると4時半の閉門時間に近づいてきたので、あわてて帰ってきました。
IMG_0722

夜、マンションの屋上からきれいな花火がみられました。
IMG_0732 btn415b

2005.10.09

カードコレクション(その1)

最新収集した、カード・チケット類の中からいくつか紹介していきます。ある程度、まとまったら、HPの「切符館」で分類→公開する予定ですが、いつになることやら(^^ゞ

2005年9月までの収集品 (京阪・阪急)

図柄  名称、発行日
発行箇所、金額
050527 スルッとKANSAI
Kカード
ゴッホ展
2005/05/27
淀屋橋
小500円
050829 スルッとKANSAI
Kカード
台車のアップ
2005/08/29
淀屋橋
1000円
041006 阪急電鉄
株主優待回数乗車証
(鴛鴦図)
2004/10/06
本社
050520 スルッとKANSAI
ラガールカード
沿線シリーズ
あいあいパーク
2005/05/20
河原町
1000円

line_01

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

仮住まい決定

 新居は、今住んでる家を取り壊して、そのあとに立てるので当然、工事期間中の仮住まいが必要になってきます。
工務店さんからは、仮住まい用の部屋を斡旋してもらいましたが、場所が少し遠くて、結局、実家の真向かいのワンルームマンションを借りることにして、きのう仮契約してきました。
現場監督さんにすれば、施主が真向かいに住んでいるので、なにかとやり難いのではと、心配してしまいます(笑)

部屋を見せてもらうと、学生・単身者向けなので台所にガスの栓がない。やはり狭い(^^ゞ
で、急遽、電気炊飯器と小ぶりの電気こたつとを買う羽目に。けっこう物入りだわ(-_-;)

aki122_03

                                                            

                                                        btn415b

(イラストは【みてみ亭】秋内音絵さんの作品をお借りしています) 

2005.10.03

区民運動会

昨日は、地区の区民運動会でした。我が母校は、「京都市立修学院小学校」です。あの前原民主党党首の出身校として少しだけ有名になった学校です。

undokai01
写真に写っているお化けのようなものは、卒業記念の「トーテムポール」です。学校に行くと記念物の前が自転車置き場にされて、あわれなありさまでした(~_~)
競技では、年甲斐もなく全力疾走して、一夜あけた今も体の節々が痛いです(笑)

undokai02 line014

link_01

2005.10.02

彦根のボンネットバス

 江若に続いてボンネットバスの話題です。コメントいただいた、nobさん、Primeraさん、ありがとうございます。JAFの雑誌読みました。
江若バスで廃車になったバスの一台は解体をまぬがれて、琵琶湖の反対側、長浜のショッピングセンターの送迎バスに転進しました。そのあと三度目のお勤めで、彦根にやってきました。
(この間の経緯は、グランドこだまさんのサイト「一都物語」の「近江鉄道湖国バス写真館」より教えていただきました。)

写真は、一昨年の夏に彦根へ泳ぎにいったとき写したものです。

ohomi_bus01 ohomi_bus02
ohomi_bus03
この写真を写した時は、20数年ぶりに再開(おおげさか(^^ゞ.....に気づかなくて、もともと近江鉄道にいて、鈴鹿山地の山奥へでも走っていってたのかな?などと思ってました。
乗り心地は、クーラーもなく、スプリングは硬くて、お世辞にも良好とは言えませんでした。トロッコ列車もそうですが、たまのお遊びに乗るのはいいけど、毎日の通勤・通学にこんな車が来たら.....
昔の人はがまん強かったのですね(笑)

line_01

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

pinboke_entry

2005.10.01

No.16 江若のボンネットバスin1979

 江若交通のボンネットバスです。

kojyaku01 堅田駅前を発車するところです。珍しく「試運転」の表示を出しています。運転席や車掌席に座っているひとも、作業服姿です。
この日は、葛川線の到着にあわせて出向いたのですが、偶然に試運転車に遭遇しました。実は、今日写真を引き伸ばしてみて、試運転だったこと気づいたのです。
定期バスの写真は、こちらにありますが、比べてみるとわかるように、試運転車は種別表示が無く、定期車は「各停」の表示窓があります。
バス停の案内板をみてみると「京阪バス」の表示があります。今は、坂本以北の路線はありませんが、この頃は、堅田まで京阪バスが乗り入れていたことがわかります。

kojyaku02
この写真は、駅前から営業所へ向けて去っていく試運転車です。一画面に3台も江若バスが写っています。まだ、バスが地域交通の主役として活躍していたことがしのばれます。このあと近くの車庫へ歩いていきましたが、たくさんのバスが休んでいました。

この3年後には、ボンネットバスは引退となりました。(さよなら乗車券はここ

(昭和54年10月)堅田駅前にて

line_10

link_01 link_02 link_03 link_04 link_05

pinboke_entry

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ