« 叡電全車ワンマン化2周年 | トップページ | 掘削開始 »

2006.01.22

さくらカラーフィルムが無くなる!

コニカミノルタホールディングスが、「カメラ事業、フォト事業の終了」について発表しました。簡単にいえば、コニカのフィルムやミノルタのカメラが、無くなっちゃうということです。

個人的には、フィルムは富士やコダック、カメラはキャノンやペンタックスを愛用していたので、コニカ・ミノルタの製品はあまり使って来ませんでした。でも、無くなるとなるとさみしいものです。

『光あざやか サクラカラー』といったCMのフレーズや
『四枚増えて、値段は同じ! どっちが得か?こっちがポロッと落ちる。』といった、
鈞ちゃん(タレントの萩本欽一さん)のCMのセリフが思い出されます。
だいぶ古いですね(笑)

少し前に、お世話になっている写真屋さんと、「今後は銀塩写真はなくなってしまうのでしょうか?」と話したことがあるのですが、(そのときの結論はNo!! でしたが、) こんなに早くみじかな銘柄がなくなるとは思いもよりませんでした。

今後は、フィルムカメラを使ってフィルムの消費を少しでも増やす努力をしなければいけませんね。

20060122

このフィルムの焼付け写真は、ここ

« 叡電全車ワンマン化2周年 | トップページ | 掘削開始 »

コメント

コニカカメラとサクラフィルム愛用者としては大変残念です。
初めてスライドフィルムで撮影したのも、さくらカラーR100なんです。
コニカFS-1が屋根裏で眠っていますが、社宝扱いとして保存します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらカラーフィルムが無くなる!:

« 叡電全車ワンマン化2周年 | トップページ | 掘削開始 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ