« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月に作成された記事

2006.03.31

【京阪】出町柳駅の改札付近を改装

京阪出町柳駅の地下改札口とコンコース付近が改装されました。

20060330210313 まず、従来の京阪交通社の支店と定期券売り場のあったスペースがコンビニになりました。(27日開店-定期券売り場は、券売機コーナーの南側へ移動)
従来の駅事務所と有人改札部分を改装して、写真のようなオープンカウンターの改札口兼案内所に変わりました。(29日開設)
工事中は、改札口の北側に仮設の有人改札口を設けていました。
最後に、従来の売店を撤去して(30日夜間)、ほぼ工事は終わったようです。
20060330210340 写真は、新装なった改札口、女性係員の姿も見えます。
ガラス扉が半開きで見にくいですが「インフォステーション」と書かれています。
3月30日夜撮影
btn415b

2006.03.29

【叡山】定期券発売時刻の変更

叡山電車の一部の駅の定期券発売方法がかわります。
詳しくは、下のポスター参照

20060328213243

2006.03.26

躯体工事はほぼ終わりました

上棟式から2週間がたち、躯体工事と内部の木工作工事はほぼ終わりました。
先週末に「階段も仕上がったので、見に来てください。」と監督さんから電話がありました。
それで、今日の午前中にモデルハウスに出向いて営業さんに挨拶してから、
新居の内部を見てきました。

aki182_13t 1階奥の両親の部屋は、納戸スペースを設けて、収納を広くしました。今までどおり布団で寝るか、それともベッド(父は場所が広く使える折りたたみ式ベッドにこだわっています。)
ユニットバスも、なかなか広くて、今までの団地サイズの風呂桶に変わって、ゆったりと足を伸ばして入浴出来そうです。
2階のDKも、広く、いままでの食事をするだけの部屋ではなく、リビング兼用で寛げそうです。
客間にする予定の部屋も広からず、狭からずで、お客様にも喜んでもらえそうです。
奥のベランダもひろくて、ゆったりと洗濯物が干せそうです。私は、ベランダの隅にフラワーポットを置いて、家庭菜園を提案しましたが、女性陣から、土で洗濯物が汚れると抵抗を受けています(笑)。
3階は、予算や敷地の加減でやはり狭い感じです。ベッドと家具を置くと一杯になりそうです。
でも、眺望は大変良くなりました。裏は隣家のマンションが迫っているのであまり見通しは利きませんが、それでも大好きな電車の車庫が良く見えます(^^ゞ
表側は、通りの反対の家の屋根越しに、松ヶ崎山が望めます。夏にはベランダへ出るだけで、五山の送り火のひとつ、「妙法」の火が拝めます。

気になったところは、やはり隣家と接していることによるプライバシーの確保です。田舎の一軒家でもない限り付きまとう問題ですが、ちょうど当家の吹き抜け部分と隣家の外階段がバッティングしてしまいます。設計段階で、隣家との取り合いをもう少し考えて図面を引けば・・・、とも思ったのですが、やはり平面と立体、計画と実際では、考え方、感じかたは違ってきますし、敷地の有効利用を考えれば、仕方がないのでしょう。
吹き抜けとベランダの上の目隠しの方法を外構の整備とあわせて、監督さんと打ち合わすことにしましょう。

このさき、天井を張って木工事が終われば、いよいよ内装に取り掛かってより住む部屋らしくなるでしょう。竣工予定まであと一ヶ月ちょっと、トラブルなしで引越しの日を迎えたいものです。

(お詫び)
デジカメを持っていったのですが、電池切れで写真が写せませんでした(^^ゞ

やきはま丼弁当

よく行く掲示板で、駅弁フィギュアのコレクションで盛り上がっているのですが、関西ではやってないのか、探し方が悪いのか、近くのコンビ二には置いてません。

yakihama01 仕方がないので、昼食にスーパーの駅弁大会で、実物を買ってきて賞味しました。
いろいろありましたが、千葉駅の「やきはま丼」にしました。
大きな貝殻を模した弁当箱に、はまぐりの出汁で炊いたご飯が入り、
上に焼き蛤(煮はま?)がのっています。

美味しかったです。

2006.03.25

平野神社の彼岸桜

映画村の帰りに、平野神社の早咲きの桜を楽しんできました。

hirano01 この神社は、円山公園の夜桜と並ぶ京都の桜の名所だけあって、早咲きの寒桜から遅咲きの八重桜まで、いろいろな品種を育てています。

桜園の中の木は、「まだつぼみ堅し」ですが、拝殿前の緋寒桜が、5分咲きになっていました。
さくらコンサートの古代ペルシャの楽器の音色を聴きながら、桜湯とお茶菓子をいただきました。

いよいよ、春がそこまで来たようです。
hirano02

平野神社桜珍種案内図(クリックで拡大)
hirano03

btn415b

太秦映画村へ行って来ました。

早春の陽気に誘われて、太秦映画村へ行って来ました。

eigamura01 北野白梅町駅で、500円に値下げになった嵐電の一日乗車券を購入して、太秦駅へ。窓口で切符を見せると入場券が大人200円、子供100円割引になります。

まずは、スーパーヒーローランドへ行って、轟々戦隊ボウケンジャーのアトラクションを見ます。よくスーパーの客寄せでもやってますが、さすが本場の劇場は音響・照明とも派手ですね。

そのあと、歴代の東映テレビ映画のヒーローの活躍を見て回ります。
次は、昭和シネマタウンへ、昭和30年代の町並みのセットを通り抜けます。自分の年代よりはちょっと上の感覚ですが、やはり懐かしいです。
写真のような駄菓子屋さんどこの町角にも在りましたよね。いまは、みんなコンビニに変わってますけど。
eigamura02
eigamura03

続いて、メインの江戸の町へ。
銭型平次に、水戸黄門、忍者屋敷に、流行の「マツケンサンバ」のコーナーまでありました。
お腰元姿の女優さんと記念撮影をしたり、お殿様の部屋で、ポーズを取ったり、楽しかったです。
今日は土曜日で撮影はお休みが多く、撮影現場を生で見られなかったのは残念。

最後に、「男たちの大和」のコーナーに回ってみました。
巨大な特撮模型には圧倒されました。





btn415b
eigamura04

2006.03.19

【叡山】デト1001が塗りなおされています

昨日、修学院車庫をのぞくと、電動貨車のデト1001号が、塗りなおされて
きれいになっていました。

deto1001_01
検査入場の際に、塗りなおしたようです。

工場棟の扉も開いていて、オレンジきらら、デオ903+904が入場していて、ちょうど塗装作業の真っ最中でした。
近づく春の観光シーズンにはまた2編成体制で観光客輸送に当たるのでしょう。

link_01 link_03

2006.03.18

卒園式

昨日は、息子の卒園式でした。
ふだんはやんちゃな子も、スーツなどを着せてもらって、3年間通った園舎に別れを告げてきました。
入れ替わりに、机とランドラルが送られて来ました。
ピカピカの一年生の出来上がりです。

boku_no_kao

2006.03.12

京都シティハーフマラソン

今日は、京都シティハーフマラソンの応援に行きました。

marathon2006 と、言っても、すぐ近くの交差点へ歩いていくだけですが。
参加者6000人以上の大マラソン大会ですから、先頭の走者が通過してから、最後尾まで30分近くかかります。この写真を撮った頃は約半数の走者が通過した時分ですが、叡電の踏切を越えて反対側を望むと、すでに宝ヶ池の折り返し点を回って、白川通りを南下する走者も同時に見られます。つまり先頭との差は2キロ以上になります。

marathon2006_02 最後の、棄権者の救護車に京都バスが使われていました。ほかに、花背山の家の特定便専用車が、参加者輸送用で使われていました。

2006.03.11

上棟式を迎えました

本日、無事に上棟式を終えることができました。今後、新築・改築される方の参考に、当家の式次第を書いておきます。

IMG_1574
☆準備したもの。
・お札-地鎮式のときに、神社よりいただいたもの。
・お供え物-海の物と山の物を供えるため、野菜類(紅白の色取りを考えて、カブとニンジン)、高野豆腐・春雨(日持ちがするし取り扱いが便利)、果物(リンゴとバナナ)、昆布・スルメ・鯛の干物(海産物もやはり乾物で)
・おつまみもの-小袋入りのおつまみセットを2種ほど
・お茶-乾杯のお酒がわりに温冷の2種のペットポトル350ccを10本ほど
・紙コップ、紙皿、お盆(お供えものを載せる三宝替わり)、半紙、ふきんなど
・お米-ひと掴み、お塩-ひと掴み(清めの儀式で使用)
・お酒一本-工務店さんの提供

・ご祝儀-工務店さんと職人さんの人数分用意
・ご酒肴料-今は、仕事中の飲酒は、式典といえご法度なので、お金を包みます。

☆会場設営
これは、工務店の方でやっていただけました。紅白の幕をまわし、小さな祭壇にお供えをならべ、御幣を立て、お札をくくりつけてあります。

☆式次第
・定刻の5分くらい前に全員入場。出席者は、工務店関係者4名、職方さん3名、施主側5名の計12名でした。
・定刻に営業さんの挨拶で開始。
・施主をはじめ出席者が順に、二拝二拍手一拝の作法で参拝。
・略式なので祝詞奏上や玉串奉典はなし。
・四方固めの儀と言って、洗米とお塩を敷地の四方へ撒き、そのあとお酒を振りかけて清めます。

・会場へ戻って、施主の挨拶と一同(お茶で)乾杯
・工務店さんの挨拶と職人さんの紹介

・三三七拍子の手締めで散会

☆直会(なおらい)替わりの雑談
・ここで、本式では、酒肴がでて直会になるのですが、略式なのでおつまみをつまみ、お茶で談笑します。
出席者のかたへ、ご祝儀と酒肴料をお渡しします。

まだ、階段ができていないので、梯子で2階へあがって、仕上がりを確認します。まだ建具も家具も入っていない部屋は、意外と広く感じます。もちろん、住んでみるとそうではなくなるのでしょうが(笑)

このさき、いよいよ内外装の仕上げと、電気・給排水等の設備工事へ進んでいきます。
竣工予定まであと二ヶ月たらず、工事の安全と快適な住まいが出来上がることを期待しましよう。

2006.03.10

「国鉄電車のあゆみ」をゲットし・・・損ねました(笑)

 旧型国電研究の古典ともいうべき、「国鉄電車のあゆみ(30系から80系まで)」が
久しぶりに、ネットオークションに登場したので、入札してみました。

suita25

結果は、清水の舞台から飛び降りるつもりの金額で入札したのに、大玉砕(笑)
首尾よく手に入ったら、このブログで自慢しようとおもってたのに(^^ゞ

それにしても、たかが本一冊に、うん万円の値段がついては、もう趣味の世界じゃないですね。
この本の復刊をのぞむサイトがあります。
国電ファンのみなさん、ぜひ投票をお願いします。

復刊ドットコム  http://www.fukkan.com/vote.php3?no=10892

2006.03.07

【鉄ピク】国鉄客車開発記1950

鉄道ピクトリアルのアーカイブセレクション10「国鉄客車開発記 1950」を
買ってきて読んでいます。

pic_archives10 まず、表紙写真からしてすごいです。急行「彗星」号に連結された一等寝台車と二等寝台車のカラー写真です。白帯・青帯が光っています。
カラーグラフも、昭和30年代前半のカラー優等客車が並んでいます。

この時代の写真なだけでも貴重ですが、それもカラーなのはすごいです。

本文は、Ⅰ国鉄客車再生の時代、Ⅱ軽量客車の誕生、Ⅲ客車運行をめぐって、Ⅳ鉄道郵便の記録と章分けされ、それぞれ当時の鉄道ピクトリアルより貴重な記事が復刻されています。

この時代の鉄道の話題も、回顧記事や単行本でも取り上げられ、よく目にはするのですがあくまで過去の話です。この企画は、当時の雑誌の記事が復刻されることで、その当時の鉄道趣味・鉄道研究の様子がタイムスリップして、今によみがえっています。

巻末には、昭和33年10月1日の(私事ですが、管理人がこの世に生を受けたまさにその翌月の)国鉄客車配置表も、復刻されています。それを見ると当時は向日町運転所(現京都総合運転所)はまだなく、京都駅構内に京都客車区があったことが分かります。また、荷物車や事業用車には木造車や戦災復旧車、私鉄買収車なども少数ですが残っています。

戦後まだ十数年した経っておらず、日本も復興期から高度経済成長期に移るころですから、新旧入り混じって、当然ではありますが。それにしても、この激動の時代に記録を残された諸先輩方には頭が下がります。

このブログでも10年先、20年先に記録として残せるような記事を年に数本でもUPしたいですね(笑)

2006.03.06

躯体はかなり出来上がってきました。

上棟以来の三週間ほどで、躯体工事はかなり仕上がってきました。

IMG_1567
        屋根部分の様子
  
IMG_1570
         内部の状況

IMG_1569_thumb
外観

柱と梁の骨組みだけだったのが、大工さんのがんばりで、防音・防湿のパネルが張られ、その上から羽目板も張られ、外壁は仕上げ材も張られました。
サッシや扉といった、金属建具も収まっています。天井もちゃんと張られ、隣家との水はけ用の溝も切られ、もう雨でも作業の心配はなくなりました。

監督さんと職人さんの労をねぎらう意味も込めて、今週末にささやかな上棟の儀式を行なうことにしました。
工務店の営業さんによると、上棟式をちゃんとやる家は京都でも、10軒中3軒ほどだそうですが、洛北修学院の地に永住を決めた京都人として、やはり、昔ながらのしきたりを大事にする風潮は残して行きたいと思っています。

もちろん、屋根から餠やお菓子を撒いたり、振舞い酒をしたりの、どんちゃん騒ぎはやりませんし、ご見物に来ていただいても何も出せませんので念のため(^^ゞ

OMM05_C0730

2006.03.05

カードコレクション(2月分の2)

2006年2月収集品の続きです。

図柄  名称、発行日
発行箇所、金額
kyoto_060127 スルッとKANSAI
都カード
きょうと・小旅行
錦市場
2006/01/27
山科駅
3000円
kyoto_060130 トラフィカ京カード
市バス・地下鉄
乗継割引適用
06/01/30
石田駅
3000円
kyoto_060223 スルッとKANSAI
都カード
京の庭園シリーズ5
南禅寺大寧軒
2006/02/23
丸太町駅
3000円
senboku_060209   スルッとKANSAI
ブルーライナーカード
2006/01/19
光明池駅
1000円
 nose_060101  スルッとKANSAI
パストラルカード
2006年新春記念
2006/01/01
川西能勢口駅
1000円
 kippu02    オレンジカード
ありがとう富山港線
2006/02/01
富山駅
1000円

******

富山港線の想い出は
国鉄館でUPの
予定です。


line_10

link_01 link_04

2006.03.04

カードコレクション(2月分)

最新収集した、カード・チケット類の中からいくつか紹介していきます。ある程度まとまったら、HPの「切符館」で分類→公開する予定ですが、いつになることやら(^^ゞ

2006年2月収集品 (カード)

図柄  名称、発行日
発行箇所、金額
hankyu_060203 スルッとKANSAI
ラガールカード
鳥シリーズ
ルリビタキ
2006/02/03
山田駅
1000円
hankyu_060208 スルッとKANSAI
ラガールカード
犬シリーズ
パピヨン
2006/02/08
梅田駅
1000円
hankyu_060212 スルッとKANSAI
ラガールカード
神戸線特急8000系
2006/02/12
蛍池駅
1000円
hansin_060228   スルッとKANSAI
ラクヤンカード
ナポレオンと
ヴェルサイユ展
2006/02/28
梅田駅
1000円
 osaka_060207 スルッとKANSAI
レインボーカード
平成17年度
大阪市交通局
児童絵画コンクール
大阪市交通局賞
2006/02/07
駒川駅
1000円
keihan_060203   スルッとKANSAI
Kカード
ぼくもわたしも京阪の
駅と電車のデザイナー
2006/02/03
郡津駅
1000円
  keihan_060116 スルッとKANSAI
Kカード
洋風建築の粋を見る
京都文化博物館
2006/02/03
淀屋橋駅
1000円


line_10

link_01 link_04

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ