« 【嵐電】今日の一枚(白梅町) | トップページ | 【京阪】今日の一枚(中書島) »

2006.09.10

【阪急】上桂付近の今昔

長らく夏休みをいただいておりました「京都の鉄道今昔」のシリーズですが、今日から秋・冬ダイヤで運転を再開いたします。すでに共同企画者のやぶおさんのHP「寝台券は売り切れ満席」の掲示板では9月1日より再開しております。こちらも合わせてご覧ください。

さて、再開第一便は、阪急嵐山線よりお送りします。
01_kami_katura_old画像管理者の掲載許可済、無断転載を禁ず、(C)奥野利夫

元発言は、管理人様の再開のご挨拶に続いて、
そうこうしているうちに、雑木林と農家が点在する京都にしては田舎びた畑の真ん中を4両連結の電車がやって来ました。電車は1304とあり、サボには「桂 嵐山」とありますからまぎれもなく京都の電車と思われます。
写真の奥には、線路が分岐しているようですが、そちらも電化されているようです。


との、コメントが入っています。

これに対して、
この写真は、嵐山線の桂-上桂間です。桂駅を発車した嵐山行き電車は、急勾配を登って高架線を走り、国道9号線を越えたところで下り勾配になり、上桂駅の構内で地上にもどります。新旧の写真は、上桂駅に到着しようとする電車を写しています。
奥野氏の写真の電車は、1304号を名乗っていますが、私の知っている1300型と、ちょっと違います。調べてみると、新京阪300型として、昭和18年に生まれ、阪急統合後に、1300番台に改番、さらに、昭和32年に新1300型に、番号を譲って、750番台に改番された車両でした。
今の写真では、当時の最新型の2300型(S35登場)がいまや最古参になり、余生を送っているといった雰囲気です。』


と、書いたのですが、他の読者の方から、『もうすこし桂寄りの地点ではないか?
との、コメントがあり調べたところ、やはりそのようでした。以下、その御つもりでお読みください(笑)

01_kami_katura_new01

最初、古い写真を見たとき、上桂付近であることは、単線であること、バックに高架線が写っていることからわかったのですが、逆に、困ったなぁとも思いました。
と、いうのは、この付近は家が建て込んでいて、線路脇から電車を写すスペースが無いのでは?という気がしたからです。
事前にロケハンする手もありますが、地図で当りをつけて桂駅から歩くことにしました。現地に行ってみると、まわりはやはり家で囲まれていますが、奥野氏の撮影地とおぼしき場所は、側道があってうまく高架線に登って行くところを写せました。

変わらないのは、線形と架線柱ですね。立派なトラス柱は、昭和初期の開業当時のものでしょう。線形も、開業当時は複線であったため、(戦時中に一線撤去)複線分の路盤が続いています。
新京阪は、将来の発展を期待して、開業にあたり過分ともいえる投資をしたことは有名です。桂駅での京都線の乗り換えの便を考えてか、上下本線の真ん中に嵐山線のホームを作り、上り線を立体交差で越して、そのまま国道9号線の交点まで立体交差にしました。奥野氏の当時でも、まったくの田舎電車ですが、一面たんぼの中を走る高架線と鋼製の大型電車は、それまで省線と嵐電しかなかった京都の西部地区のひとびとの度肝を抜いたことでしょうね。
今でも、まわりの住宅地にくらべて高架線路の構造が古めかしいのが逆に目立っています(笑)


やはり、ロケハンは大事ですね。

01_kami_katura_new02
現地を訪問したのは、午前9時まえでしたが、すでに茹だるような暑さでした。線路脇の百日紅の花が暑さを物ともせずに咲き誇っていたのが印象的でした。
(06/08/03 訪問)
次回は松尾駅の今昔です。

link_01 link_02 link_03 link_04

« 【嵐電】今日の一枚(白梅町) | トップページ | 【京阪】今日の一枚(中書島) »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/11830075

この記事へのトラックバック一覧です: 【阪急】上桂付近の今昔:

« 【嵐電】今日の一枚(白梅町) | トップページ | 【京阪】今日の一枚(中書島) »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ