« カウンターが「22222」になりました。 | トップページ | 【叡山】いよいよ火祭り »

2006.10.17

【近鉄(奈良電)】丹波橋の今昔(2)

「京都の鉄道今昔」秋冬ダイヤ第6便は、第5便でお伝えした内容と合わせて、「近鉄(奈良電)と京阪の丹波橋駅での相互乗り入れの遺構を探る」のテーマでホームページのコンテンツとしてお伝えします。
下の「HOMEアイコン」から「我楽多館」「丹波橋相互乗り入れ」とお進みください。

このシリーズは、やぶおさんのHP「売り切れ満席」の掲示板」との共同企画でお送りしております。こちらも合わせてご覧ください。
Tanbabashi01 Tanbabashi02
丹波橋駅に向けて連絡線を走る奈良電の1300型京都行き 丹波橋駅に到着する京阪の1300型他の4連. 偶然同じ時期に、同じ駅でまったく形の違う同名の電車がみられました。

関係有りませんが、阪急にも同じ頃1300型がありました。写真はここ
次回は京阪浜大津駅付近の今昔をお送りします。
btn415b

« カウンターが「22222」になりました。 | トップページ | 【叡山】いよいよ火祭り »

コメント

先日は当サイトに訪問いただき有り難うございました。

こちらのブログとホームページ、鉄ちゃんでもない私には別世界ですが、懐かしい写真や当時の様子を書いた記事などが楽しそうですね。
HPの京都裏観光案内(?)も楽しかったです。
私は梅小路蒸気機関車館の近くで生まれ育ち機関車の汽笛をいつも聞きながら育ちましたので、鉄道とは結構縁があるほうです。長い間東海道線で通勤もしてたし・・・
所で丹波橋は昔乗り入れしていた時代があったのですね。なんとなくそんな気がしていたのですが記憶が曖昧だったのでやっと確認できました。

京あられさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。

梅小路SL館の近くにお住まいだったのですか。梅小路の貨物駅も
公園になったりしてだいぶん変わりましたね。
今でも、この付近は手軽に電車の撮影が出来るので、ときどき
出かけています。明日は、東山トンネルを見に、今熊野へ行く
予定です。

曼殊員の洋館は、実はこの近所に長いこと居ながら最近まで全然知りませんでした。子供が社会見学で行って、一般の人でも中には入れないが写真なら撮れそうなので行ってみました。回りは薬草の香りが漂っています。「武田漢方胃腸薬」などに調合されるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【近鉄(奈良電)】丹波橋の今昔(2):

« カウンターが「22222」になりました。 | トップページ | 【叡山】いよいよ火祭り »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ