« 春闘って死語? | トップページ | 東福寺駅前の商店がマンションに »

2007.02.24

東山散策に行ってきました。

家を建ててもらった建設会社「デザオ建設」さんのお施主様のつどいに招待されて、都ホテルへ行く機会がありまして、その行き帰りに、東山を散策してきました。
バスを永観堂前でおりて、哲学の道の方へ歩いていきます。さすがにオフシーズンなので、人出はすくないです。茶道具で有名な「野村美術館」も休館中、途中のお寺も改築中、名物の湯豆腐の店も冬季休業中で、張り紙を見て残念そうに引き返す観光客のすがたもありました。

さすがに、南禅寺は参拝者が多いです。山門ではモデルさんを使っての撮影会をやっているアマチュアカメラマンのグループもありました。さすがに、みなさん良い機材をお持ちです。うらやましい(笑)

蹴上げの発電所の建物を写すとホテルは目の前です。
Dezao01

ホテルの宴会場で食事をして、ショータイムでは狩人のふたりの舞台をみました。今年でデビュー30周年だそうで、お兄さんは50歳、弟さんも47歳になられたそうです。(ちなみに管理人もことしで49歳です(^^ゞ )
あずさ2号やコスモス街道などの名曲をたっぷり聞かせてもらいました。客席も40代以上のひとがほとんどなので、みなさん学生や独身サラリーマンやOL時代に戻ったようにはしゃいでました(^v^)
ちなみに新曲は「磐越西線」だそうです。

(写真は撮影禁止の建前なので公開できません。あしからず)

 Dezao02

宴会が終わってから、三条通をぶらぶら歩いて帰りました。途中で粟田神社に寄りました。このお宮さまは東海道の京都の出入り口である粟田口(神社の前の道は旧東海道です)を守る神様で、素戔嗚尊(スサノオノミコト)と大己貴命(オオナムチノミコト)をお祭りしています。 街道を旅する人々の道中の安全をお守りしてくださるご利益があります。
私も旅人の端くれを自認しておりますので、いつになるかは分かりませんが(笑)、次の旅行の安全を前もって祈願してきました。

写真の鳥居は明治40年建立の彫込みがありますので、今年で百歳の長命ということになります。

pinboke_entry

« 春闘って死語? | トップページ | 東福寺駅前の商店がマンションに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山散策に行ってきました。:

« 春闘って死語? | トップページ | 東福寺駅前の商店がマンションに »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ