« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月に作成された記事

2007.03.31

高瀬川のさくら

暖かい日が続いたり、寒くなったりして、開花予想の立てにくかった今年のさくらですが、結局ほぼ平年並みで開花しはじめました。
子供の春休みの映画見物に付き合って、高瀬川のさくらを写して来ました。
Takase01_1
叡電の沿線はチラホラ咲きですが、市内中心部は5分から7分咲きです。木によっては、満開状態のところもあります。
Takase02
ピンクのソメイヨシノが多いですが、白いリンゴのような花を咲かせている木もあります。
Takase03
ちょうど、イベントの準備をやっているところに出会いました。試験運行だそうです。喫水の浅い運河なので、10人も乗ると、重さで船底を擦りそうです(笑)
Takase04
いざ、伏見めざして出港!!
と、行きたいところですが、橋の下がくぐれなくて次の橋までの百数十メートルほどの体験乗船でした(^^ゞ
pinboke_entry

2007.03.29

【京阪】今週の銘板コレクション

今週撮影した、京阪の製造銘板のコレクションです。
年代の古い順に並べています。
2209_01
2209の川崎車輌製の銘板
2455_01
2455の銘板 この系列から冷房車になりました。
川崎車輌も昭和44年に川崎重工業の車両事業部になります。
5601_01
5601の銘板 日本初の5扉車の一号編成です。
3105_01
3105の銘板 一編成だけ残った3000系特急車
1505_01
1505の銘板 デザインは同じですが、字体が微妙に変わっています。
9604_01
9604の銘板 1995年の7200では、このデザインに変わっています。
pinboke_entry

2007.03.25

【嵐電】今日の一枚(白梅町)

朝方は、雨が降っていましたが、止んできたので、嵐電の「駅名改称記念イベント」のさわりだけ見てきました。
イベントの本番は、改称された七駅を巡るスタンプラリーと嵐山駅でのグッズ発売などですが、買い物ついでに、北野白梅町駅に寄っただけです(笑)
ちょうど、駅員さんが「本日のイベントは開催します。」の張り紙を出しているところでした。窓口でも、問い合わせている参加者らしき人がいました。
**
私も「鳴滝-宇多野(旧:高雄口) 間」の桜のトンネルのことを聞いてみましたが、「まだ咲いていないので、今週末頃から予定している。」とのことでした。
**
Hirano01 とはいえ、桜の名所の平野神社では、早くも花見を屋台の準備が始まっており、観光バスが早咲きのさくら見物の観光客を下ろしていますし、お昼のニュースでも「京都市内のさくらが関西の一番手で咲き出した。」との気象台の開花宣言をやってました。
写真は去年の3月25日の平野神社の早咲きのさくら
**
嵐電でも、北野白梅町を発車して、嵐山へ向かう直通電車も走り出しました。
いよいよ春の観光シーズン本番です。
Hakubaicho04
広いオデコに、短い足元、ずんぐりむっくり(失礼) のモボ301型。
pinboke_entry

2007.03.24

スーパーの駅弁・空弁大会

雨で行くところがないので、スーパーの駅弁・空弁大会をのぞいて来ました。
最初のころはワゴンセールのような感じで、すこしおそく行くともうなにも残っていなかったり(笑)していましたが、最近は売り場も商品も増えて面白くなってきています。

神戸つながりで、明石の「たこめし」とネーミングにひかれて中部空港の「八丁みそ海老ふりゃーサンド」と鳥取空港の「梨の甘みのカツサンド」を買い込んできました。
Takomeshi
神戸でも買おうかと思ったのですが、蛸壺型の容器が重そうだったので止めました(笑)。 たこの出汁? で炊いたごはんに煮ダコとアナゴ、季節の野菜がのっています。 淡路屋 ¥980
Sandwich01

ネーミングやパッケージのデザインも面白いですが、地元の名産をサンドイッチにしてしまうところがすごいです。 名古屋だるま ¥580 アベ鳥取堂 ¥680

p.s.

明日も雨みたいです。晴れたら嵐電の駅名改称記念のスタンプラリーに行きたいのですが(^^ゞ
**

pinboke_entry

2007.03.23

【京阪】今日の一枚(淀屋橋)

帰宅時は、また1900系の特急塗装車を見ることが出来ました。
でも、1月27日のダイヤ改正で、5連車の時刻が少し変わり、しかも2番線に到着することが多くなりました。
そのため、4番線から発着する特急の発車待ちの間に写したり、特急との並びを写したりし難くなっています(~_~)
この日も一枚写しているうちに特急が発車しちゃいました(^^ゞ
**
1900_06
2番線に到着寸前の1900系
1900_07
普通の到着と入れ替りに特急が発車
pinboke_entry

2007.03.22

【京阪】今日の一枚(出町柳)

今日は、淀行きは、2602Fが入っていました。
女の子車掌さんが乗務されてました。
**
2602_01
**
pinboke_entry

2007.03.21

つくし見つけた

今日は春のお彼岸。
お墓参りの途中の草原で、つくしがはえているのを見つけました。

いっときは、ぜんぜん見ないこともありましたが、無農薬栽培
なんかの加減なんでしょうか?

タンポポやイヌノフグリも可憐な花を咲かせていました。

Img_4655

2007.03.19

メガネが見つかりました(^o^)

落としたメガネですが、今朝がた通勤途中の道端で無事回収しました。
ほとんど傷やよごれもなく、クリーニングすればまた使えそうです。

どなたか存じ上げませんが、拾っていただいた方にお礼申し上げます。

それにしても、良かった、良かった。

2007.03.17

【京福】叡山ケーブル今年の運転再開

京福叡山鋼索線が冬季休業を終えて、今年の営業を再開しました。さっそく散歩を兼ねて八瀬まで出向いてみました。
Cable01_1
アーチ型に装飾が取り付けられている以外、普段と変わりません。施設も特に修繕された様子もないようです。
山上駅の広場ではイベントが予定されているので、家族づれの姿が多く見られました。
Cable02
改札付近の様子。10時15分の便の改札です。土日祝の午前中は15分ごとの運転です。改札係員は女性アテンダントさんになっています。
改札の上に掲げられたポスターの車両は、京福カラーの旧塗装のままです。
Cable03 写真をクリックすると拡大します
1号車が下ってきました。まだ10時すぎというのにもう乗客の姿があるのにおどろきました(笑)
見たところ、清掃はされていますが、塗装替えや機器の整備は特にされていないようです。冬季休業の名目は、「施設の整備・更新のため」となっていますが、どこを直したんでしょう?
やっぱり経費節減が本当の目的(笑)
Cable04 写真をクリックすると拡大します

到着しました。乗客には、取材と思われるカメラマンの姿もありました。夕刊のネタになるのでしょうか?
(ここまで書いて京都新聞をみるとすでに記事になってました。)
ところで、ホームの外れに石碑が写っていますね。(↓拡大写真)

Cable06

今まで、なんどもここで写しているのに気が付きませんでした。
「二面大黒天」とは何でしょう? なぜここにあるのでしょう?
私なりの答えですが、

大黒さまは「福の神」の印象が強いですが、調べると、もとはインドのヒンドゥー教の神様で「憤怒の相を持った破壊の神様」だったそうです。大黒天は「破壊と豊穣」の二面性をもっているとされています。

ケーブルができる前から八瀬は比叡山の登山口のひとつでした。(今でもハイキングコースがあります) おそらく、昔この付近にあったお寺か延暦寺への道しるべとして立てられたものでしょう。

Cable05_1 写真をクリックすると拡大します
最後に、留置中の貨車? の写真。
どうみてもトロッコですが、これでも「ケト101」という番号をもち、立派な京福電鉄の一員です(笑)
pinboke_entry

2007.03.16

メガネを落としました(>_<)

今朝がた、出勤途中に、メガネを落としました。
外出用と仕事用のメガネを交換しようと思って、手を滑らしたのが運の尽き。
ケースから転がり出たのを気づかずに、ケースだけ拾って、カバンの中へ。
帰宅時に取り出したら空っぽ。

ボーナスをあてに買い換えたブランド物だったのに、くそー高かったんだぞ!!!!!

週末は、久しぶりに「鉄」で気分転換しようと思ったのに、電車賃も
グッズ購入資金も、吹っ飛んだぁ~~~

とりあえず、明日は眼鏡屋さんで事情を話して安くしてもらおう(笑)

2007.03.15

【京阪】今日の一枚(製造銘板3)

今日の帰りの急行は2633号車でした。この車は、2600系の一員ですが、一般の2600系が2000系の改造車なのに対して、まったくの新製車で2630番代として区別されています。
*
銘板だけでは飽きるので(笑)、車内のアイテムも少し写してみました。携帯電話の電源Offを呼びかけるつり革広告、成田山のお札、よく目立つ優先座席のシートなど。
*
香里の不動さんで親しまれる成田山大阪別院明王院は交通安全のご祈祷でも有名です。大阪ナンバーの車にはよく成田山のお札やステッカーが貼ってあります。京阪線の電車にはすべてこのお寺のお札が奉ってあります。ただしケーブル線はさすがに岩清水八幡宮のお札だったように思いましたが。
*
ちなみに私の愛車には狸谷不動尊、叡電には鞍馬寺のお札を奉っています。
2633_01
2633_02
pinboke_entry

2007.03.14

【京阪】今日の一枚(製造銘板2)

上は、朝の準急天満橋行きの5253号。枚方市以南くらいでは威力を発揮するのでしょうけど、三条でK特急に抜かれる準急では、5扉も機能を持て余し気味です。最近、更新修繕されて座席のモケットがブルー系に変わりました。
銘板は昭和44年の川崎車両の川崎重工業への合併にともない新デザインに変更されています。(出町柳)
*
下は、帰りの急行出町柳行きの6002号。こちらも特急にお客をとられて空気輸送のことが多いです。
この車両が、1500V昇圧時に改造工事による旧型車の置換用として登場したときは、従来の京阪スタイルとかけ離れた斬新なデザインにびっくりしたものです。当然のように、ローレル賞を受賞しています。
銘板は、車体に関係なく従来のデザインを引き継いでいます。(丸太町)
*
5253
6002
pinboke_entry

2007.03.13

【京阪】今日の一枚(製造銘板)

会社の帰りに「鉄」をしようと思っても、やはり暗くて車両の外観の写真撮影はむつかしいので、車内で手軽に撮れる「製造銘版」をコレクションしてみることにします。
上は、2221号、下は、7201号です。

プラ板のデザインひとつにも、27年の歳月の流れを感じます。
*
22217201
pinboke_entry

2007.03.11

京都シティハーフマラソン2007

去年のマラソンの記事を書いてからはや一年が過ぎ、またランナーが洛北を駆け抜けていきました。
参加者6300名あまり、先頭集団が通過してから、最後尾のランナーが走り去るまで30分以上かかります。
Marathon01_1
先頭集団が見えてきました。 9:38 a.m.
Marathon02
先頭集団が松ヶ崎橋を通過 9:39 a.m.
Marathon03
大学生や実業団の選手が続きます。 9:45 a.m.
.Marathon04
先頭が通過してはや30分、トップはゴールまぢかのアナウンスがラジオから流れます。この付近はほぼコースの半ば、頑張れ!!!
10:07 a.m.
Marathon05
ひとの壁で、向こう側も見えないくらいです。今日は肌寒く、比叡おろしが吹き付けます。この先左へ曲がって、川端通へ入れば宝ヶ池の折り返しはすぐ。いそがないと、関門を通貨できないぞ!!  
10:08 a.m.
Marathon06
10:15 に最後のランナーが通過し、
お約束の救護車に駆りだされた京都バスがしんがりを勤めました。
pinboke_entry

2007.03.10

【京都市バス】ダイヤ改正

京都市バスも今日からダイヤ改正されました。

最寄の修学院道停留所では、

・5系統が大幅増便、昼間は15分→10分毎に
 57系統 京都駅-錦林車庫の廃止と岩倉延長によるものですが、白川通り沿線の各停留所の利便性が高まります。

・31,65系統は、時刻の微調整だけで、本数はほぼ変わらず
 ラッシュ時以外は、ほぼ、一時間おきなので利用しづらいです。

・北8系統は、時刻・本数ともほぼ変わらずですが、内周りは環状運転から、北大路BT止めになる便が大幅増。
 紫野や千本北大路付近から、高野方面への直通利用客には、やや不便になりそうです。

*
詳しい改正内容は、京都交通局のHP
*
pinboke_entry

2007.03.04

植物園に行ってきました。

今日は暖かいですねぇ。
多分、4月半ばくらいの陽気ではないでしょうか?

春風に誘われて、植物園に「早春の園芸展」を見に行ってきました。
温室の中は、春を通り越して初夏(チョット大げさ)の陽気です。

さすがに、桜並木はまだ「つぼみ堅し」ですし、芝生広場も枯草色のまま
ですが、明日にも「桜まつり」のポスターが貼られそうな(笑) 植物園でした。
*

Syokubituen
pinboke_entry

2007.03.03

マンガミュージアムへ行ってきました

昨年秋に開館した、国際マンガミュージアムへ行ってきました。この博物館の館長は「バカの壁」などで有名な養老孟司教授です。
建物は、元小学校のものを改修して使っているので、随所に学校時代の面影が残っていて、大人には懐かしく、子供には普段の生活と変わらないところも受けています。
中に入ると、一面の書庫にマンガばかり、蔵書は20万点を超えるそうです。
Manga01
まずは、館内を一周します。職員室はそのまま事務室になり、教室や講堂が展示室やホールになっています。廊下にもロビーにもテラスにも運動場を転用した屋外広場にもマンガや絵本を抱えた人が思い思いに読書を楽しんでいます。
ちょうど、紙芝居が始まるところだったので見てみました。出し物は「黄金バット」のような名作と、創作紙芝居の2本立てで、交互に上演されます。私たちの見たのは創作物ですが、4コママンガのノリで作られた絵の無い芝居など、子供が作ったとは思えないできばえで、ちゃんとオチも付いています。
水あめを舐めながら笑い転げてきました。
Manga02
いよいよ読書の時間です。水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」や赤塚不二夫の「天才バカボン」といったなつかしところを読んできました。いま実写版での映画化で話題の鬼太郎の第一話「墓場鬼太郎の誕生」などは何年ぶりで読んだでしょうか?テレビには無いおどろおどろした劇画タッチが貸本時代の鬼太郎を思い出させてくれました。赤塚ギャグまんがは、理屈ぬきで笑わせてくれます。出てくるギャグやパロディーに昭和40年代に引き戻されました。
Manga03
いつの間にか3時間近く、マンガを読んでいたようで駐車料金を精算すると1500円も取られました。親子3人のバス代より高いです(~_~) 今度は、バスで来ましょう。
帰りにスーパーへ寄るとNTTのフレッツ光の客寄せにポケモンが来ていました。
ここでも、景品にキャラクターノートやティッシュをもらって、こどもも大喜びの半日でした。
*
pinboke_entry

2007.03.01

【叡電&嵐電】切符の小ネタ2題

(その1)
叡山電鉄の回数券の様式および取り扱いが4月1日より変更になります。
1.デザインが現行よりやや小ぶりになります。
→市バスの回数券程度の大きさになるのでしょうか?
2.学割回数券の枚数が13枚から15枚つづりに増えます。(割引率10%UP) 
→通学輸送の取り込みを図る京都バスへの対抗策?
3.有効期間が発売日より3ヶ月から購入月の3ヶ月目の月末まで
→4月中に購入すると、7月31日まで使える。現行より最大一ヶ月長く使える。
4.現行の券は3月いっぱいで発売中止になり、6月30日で使用停止に
→コレクションされる方はお早めに(笑)

参考:各駅の掲示および叡山電鉄のHP
Okeihan_kcard01
(その2)
3月19日より嵐電の7駅の名称が改称されるのを記念して、17日より記念の硬券乗車券とグッズ類が発売されます。
まだ、京福電鉄の公式HPには案内がないようですが、京阪の駅で配布しているKプレスの3月号に写真入で載っています。値段や内容は未定です。
発売箇所は四条大宮・帷子ノ辻・嵐山・北野白梅町です。
難読駅のひとつ「帷子ノ辻」は変わらないようですね(^^ゞ
pinboke_entry

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ