« 【京阪】京都地下線20周年記念カード発売延期 | トップページ | 一眼レフデジカメを購入しました。 »

2007.05.20

相国寺の「若冲展」に行ってきました。

相国寺の承天閣美術館で開催中の「若冲展」を見に行ってきました。
(詳しくは相国寺の公式ページへ)
Shokokuji06
普段は、比較的静かな禅寺も、今日は地下鉄の駅からとぎれなく参拝者が続いています。待ち時間は30分程度ということですが、案内係のひとの対応や待合場所も行き届いていて、みなさん静かに並んでいます。

会場へは、前のグループが移動してから入るので、展示室で押し合いになることもなく、ゆっくりと鑑賞できます。

第一展示室では、鹿苑寺(金閣寺)のふすま絵を中心に、水墨画の落ち着いた禅の世界をみることができます。

絵だけを外して見せるのではなく、会場に木枠で柱を立て、そこにふすまをはめ込んであり、またお寺の広間を模した展示もあり、なかなか気配りがされています。

第二展示室は一転して、極彩色の動植物綵絵と釈迦三尊像が並んでいます。250年も前に描かれたとは思えない、あざやかな色彩と精確なデッサンにおどろかされます。

上の写真は、ポスターをコピーしたものですが、実物はもっと素敵です。ぜひ足を運ばれることをお勧めします。
*
Shokokuji01
美術館を出てから境内を一周してみました。まずは、山門。地下鉄今出川駅から同志社大学の構内(赤レンガの校舎がみごとです。)を抜けて5分ほどです。
Shokokuji02
本堂です。春秋の特別拝観のとき以外は、立ち入れないようです。京都五山の第二位の格式を持つだけにりっぱな建造物(重文)です。
Shokokuji03鬼瓦と木組みのアップ。こんなときは望遠レンズが欲しくなります(笑)
Shokokuji04_1欄間の唐獅子のアップ
いい表情をしています。いまにも飛出してきそうです。
Shokokuji05 時代劇のセットのような、塔中寺院のならぶ一角。りっぱなお庭を持つお寺もありますが、ほとんど拝観不可のようでした。
Shokokuji07 水上勉氏の代表作品のひとつ「雁の寺」のモデルになった瑞春院。ここも拝観謝絶でした。
「お寺は修行の場で見世物ではない。」あるいは「万人に公開してこそ仏の教えが伝えられる。」 どちらの言い分も正しいとは思いますが、今回は見られなかったところが多かったのが、ちょっと残念でした(^^ゞ
電車で10分の近場なので、また折をみて仏様やお庭を拝みにいくつもりです。
*
pinboke_entry

« 【京阪】京都地下線20周年記念カード発売延期 | トップページ | 一眼レフデジカメを購入しました。 »

コメント

なかっちょさん,こんにちは。
万年山相国承天禅寺の様子,見させて頂きました。
自分が思っていたより,静かで清楚な印象を受けました。
そう言えば,このお寺は何故か昔から拝観の規制が厳しくて
残念な思いをされる方が多いとか聞きました。
過去に何か有ったんですかねぇ・・・(^_^)ゞ

私も先日,大阪市立美術館のギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展に
行って参りました。
写楽や北斎の本物の浮世絵は絶品でした。

YANチョさん、こんにちは。
ご覧いただいてありがとうございます。

拝観謝絶の理由は、表向きは「修行の邪魔」のひと言になって
おりますが、本当のところは京都でこの方面に興味のある人の
間ではいろいろと囁かれているそうですが・・・・

ともあれ、境内を一周するだけでも臨済禅の教えの一端に触れる
ことができます。展覧会の期間中でなくとも、回りには、
出町商店街や冷泉家・薩摩藩邸跡など歴史好きには見逃せない
ポイントが揃っています。
京都御所の一般公開の折にでもあわせていちど参拝されることを
お奨めします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相国寺の「若冲展」に行ってきました。:

« 【京阪】京都地下線20周年記念カード発売延期 | トップページ | 一眼レフデジカメを購入しました。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ