« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007.07.31

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

2007年盛夏


日頃は、幣サイトをご愛読いただきましてありがとうございます。
*

さて、ここから挨拶文とは何の関係もないのですが、ちかごろ思うことです。うるさく思われる方は、どこで途中下車されてもいっこうにかまいませんので、しばらくお付き合い願います。

Asagao04 多くのサイトの管理人さまは、ログのカウンターリストを見て、一喜一憂されていることと思います。

精力的にコンテンツを集めて、デザインにも凝って、宣伝も幅広く流したページがあまり受けなくて、逆にブログにさらりと書き流した文章が意外に受けて、コメントやトラバが続くことは、よくあります。

しろうと作者の悲しさで、こちらは、自分の感性でページを作ってしまうので、あまりにローカルだったり、マイナーだったりすると、いくら狭く・深く掘り下げて作っても、読者には何のことかも理解できなくて、場合によってはタイトルを見ただけで、「これは判らん(^^ゞ」とパスされてしまうようです。

今度は、広く浅く作ると、個人サイトにまで来るひとはそれなりの知識と技量とこだわりを持ってますから、「なぁ~んだ(^^)」とすぐ帰ってしまわれます。

また、しろうと作者は週末にまとめてコンテンツを作るのでどうしても発表も週末に片寄りがちです。自分が作っているときは、ひとも作っています。自分が公開したときはひとも公開します。でもみんな作るのにやっとで、出来たらほかの用事を思い出してパソコンを切ってしまいます。ひとの新作を見られませんが、自分の新作も実は見られてないのです。

Himawari04_2  ただ、ここでメゲてはサイトの発展はありません。コンテンツの良し悪しはもちろんですが、読者は情報(≒刺激)を求めています。継続は力です。同じテーマでも毎日、毎週、毎月と定時報告的に出していくと、次は何が出てくるのか気になって、その日・その時が近づくと、テレビの連ドラにチャンネルを合わすように、アドレスをクリックしてくれるようになります。そしてその場で、さりげなくあるいは大々的に新作を発表するのです。そうすれば、見てもらえる確率はグット上がるようです。散発的に場当たりなテーマでいろいろ公開するのは、一番良くないようです。

新作の発表は、週末を避けて、平日にするのも手かもしれません。水曜・木曜あたりは、ブログのネタも尽きてきて、ネットサーフィンをしだします。そこで目に付いたサイトは見てくれる確率大かもしれません。

Suika02 あと、大事なのは、批判的なコメントをもらった時に熱くなったり、逆に落ち込んだりしないこと。突っ込むとサイトが泥沼に落ち込んだり、炎上したりします。引きこもるともうサイトの更新が手に付かなくなるかもしれません。管理人自身も、とある有名サイトに自作を売り込んだ時、徹底的に批評されて「もうダメだ。」と、しばらく自信をなくしたことがあります。それ以来、老舗サイトには出入りしないことにしています(笑)

自分は自分、ひとはひとと割り切るのが一番よいですが、あまり無視するのも失礼なので、適当に相槌を打つのが肝要と思います。「最初は自分の好みぢゃないなぁ。」と思っても、しばらく会話を続けているうちに、そのひとの良さが分かって来て、実態の趣味活動までご一緒させてもらうなんて仲になることもよくあります。ネットでは相手の顔が見えないだけに、ネチケットに則して、お互いに大人の対応が必要なのでしょう。

と、色々偉そうなことを書き散らしましたが、ワープロでは書けても、なかなか実行できないダメな管理人なのです(^^♪

ここまで、駄文にお付き合いいただきましてありがとうございます。この先もますますの暑さが予想されます。読者の皆様にはご自愛のほどお祈り申し上げます。

222222 最後にさりげなくPRを 「本館の我楽多写真館では、『今日の叡電:鞍馬線編』を7月28日よりアップしております。下のバナーよりトップページへ飛び、新作案内よりご覧下さい<m(__)m>
***

pinboke_entry

2007.07.30

みたらし祭&夏まつり

昨日も、夏休み本番を迎えて、行事が続きました。
前日のハイキングの疲れもとれないのに(年ですねぇ(^^) また、早朝からお墓そうじ、そして公園の夏祭りの準備に駆り出されます。

ひと休みしてから、下鴨神社の「御手洗祭」に行きました。
Img_5827
土用の期間中に、この神社の湧き水に足をつけると無病息災と足腰の壮健のご利益があるとして、善男善女でにぎわいます。
それにしてもこの湧き水の池は冷たいです。最初に足を浸したときは、体が凍る感じです。しばらく歩いていると気分爽快になってきます。
子供たちはプール感覚で水あそびしています。

最後に、ご神水をいただいて体の中まできれいにしてこの夏も無事に乗り切れそうです。
Img_5824
昼食後、昼寝して、夕方はまた町内の夏祭りの応援です。
交通整理の役が当りました。一時間交代ですが、自転車でやってくるひとに、駐輪場へ回ってもらうように頼みます。
駐輪場の自転車の整理よりは楽ですが、立ちんぼうは疲れます。ことしは風があって涼しかったので助かりました。
Img_5829_2
イベントの最後は、恒例のビンゴ大会です。一等は「ニンテンドーのWii」です。子供たちの目の色が変わります。
しばらくしてビンゴが出て一等をどこかの子が貰うと、いっせいに落胆のため息が上がりました。

結局、ことしは何も当らず、ガッカリした子供たちをなだめて帰ってきました。
みなさん、お疲れ様でした。
pinboke_entry

2007.07.29

鞍馬街道の情景(夏休み編)

昨日のハイキングの集合前に、早朝の鞍馬街道を足慣らしで歩いてきました。6時台の鞍馬行きの乗客はわずか3人、それも途中で二人降りて貸切状態。
市原で下車して、先週のリベンジを開始します。

Img_5758 
まずは、ホームの横にあるお地蔵さまと絡めて一枚。駅舎が改修される前はホームの外れ立って居られましたが、今は、敷地とお堂が整備されて電車を背にして鎮座されています。
Img_5755
横の説明板のアップ。こんな由緒のあるものとは知りませんでした(笑)
Img_5761
Img_5762
Img_5764
続いて、街道沿いの厳島神社の拝殿にある絵馬です。なぜ洛北の地に厳島神社があるのかも不思議ですが、いつも通り過ぎるだけで今回初めて拝ませていただきました。
上は「神宮皇后」、中は「壇ノ浦の合戦」、下は良くわかりませんが、「宮中」のようです。
すべて明治時代のものですが色鮮やかに残っています。左隅に奉納者の連名がありますが、当時の静市野村の財力の豊かさを偲ばせてくれます。
Ichihara01
街道脇にたっている道しるべ「観音道 三丁」と彫られています。すぐそこかと思って歩いていって見たのですが一キロ近歩いてもお寺らしきものは見つけられず引き返してきました。
Ichihara02
これも道端の民家前にたっている石碑です。「(藤原)惺窩先生幽栖跡 従是西二丁」と彫られてます。前の観音道で懲りたので写真だけ撮って帰って調べてみると、当時とは道が変わって、この道しるべ通りでは行けないようです。
Img_5767
小町峠を越える京都バス、前は「川島セルコン」の工場への送迎バス、後は路線バスです。
いまは切り下げられていますが、昔は歩道の位置が峠道で前後は急坂になり通行に苦労したそうです。
Img_5768
この峠には小野小町終焉の地と伝えられる「小町寺」があります。早朝で拝めませんでしたが、「小野小町百歳の像」や小町の供養等があります。

「花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに」
(古今集 春下)

Line_07

急速に都市化する市原地区ですが、旧街道沿いにはまだ、昔の面影がたくさん残っています。鞍馬・貴船方面の通過駅になりがちですが、一度途中下車して、散策されることをお勧めします。
*
pinboke_entry

2007.07.28

鞍馬山へハイキングに行ってきました。

今日は、朝早くから子供会の幹事で、鞍馬方面へハイキングに行ってきました。
バスで岩倉まで行き、山道をまず静原へ向かいます。

岩倉と八瀬・大原を隔てる山を「瓢箪崩山(ひょうたんくずれやま)」と呼びます。子供たちも変わった名前なので、いっぺんで覚えてしまいます。
地図でみるとヒョウタンの形をしているとも、崖くずれした箇所がヒョウタン型だともいいますが、由来はわかりません。
*
02hachimanmae01 一番奥が比叡山、真ん中左が瓢箪崩山、手前が八幡宮の鎮守の森
この里山は、昆虫の宝庫といわれています。今回は、地元の方の協力で、甲虫のいそうなクヌギ林へ案内してもらいました。

子供も大人も汗みずくになって、落ち葉を蹴散らし、薮を漕いで補虫網を振り回して駆け回ってきました。

日が高くなってきたので、江文峠へ移動します。車道に並行する旧道を通って、静原の集落にでました。キャンプ場の近くで昼食にしました。

休憩後、「ここからバスで帰ろう(T_T)/~~~」 の声も出ましたが、もうひと踏ん張りして、薬王坂を越えて鞍馬へ出て、叡電で帰ってきました。

参加のみなさんお疲れ様でした。取った虫たちはだいじに育ててね。
*
Kuwagata01
Kuwagata 上の写真のクワガタは、今日の獲物ではなく、懇意にしていただいている、辛子真緑さまより譲っていただいたものです。

辛子真緑さまのブログには、「甲虫の販売」の案内も載っています。ご自身のペットに、お子様のお友達に一匹いかがでしょうか(笑)
pinboke_entry

2007.07.27

トラベルミステリーの謎?

西村京太郎氏のトラベルミステリーが、好きで「寝台特急殺人事件」から何冊も読んでいます。

読んでいて気になるのは、事件の舞台によく東京の「四谷」の地名が出てくることです。JR四谷とメトロ四谷三丁目のあいだ付近の会社に勤務していたことがあるので、なぜか気になります。
このブログの読者のみなさんも、トラベルミステリーは良く読まれると思いますが、いかがですか?

これが、新宿や上野や銀座といった都内でもよりメジャーな場所の警察署や探偵事務所ならわかるのですが、なぜ「四谷」なのでしょう?

京太郎氏自身の思い入れのある場所なのでしょうか?
*

pinboke_entry

2007.07.22

今日も叡電を写しに行きましたが・・・・・

今日も、曇りときどき小雨のアウトドア活動には持って来い(笑) の天候でした。
それでも、散歩を兼ねて、市原から木野まで歩くつもりで出かけました。

市原駅に着いて、駅構内で2・3枚写して、メインのきららを写そうとするとちょうどバッテリー切れ。コンパクトカメラには電池切れ警告が出ずに急にアウトになることがあるので困ります(^^ゞ

気を取り直して、旧街道を歩きながら次の撮影地に。ここで、替えの電池を取り出してもカメラが作動しない、接触不良なのか電源すら入らないのです(泣)
山間部とあって、電気店もカメラ屋もコンビニすらありません。したかなく次の電車で帰宅してきました。

帰って調べるとメモリカードの異常のようで、他のデジカメでもパソコンでもまったく認識してくれません。幸い、今日写した数枚以外は、PCに転送してあるので、消滅することはありませんでした。
まだ買って2ヶ月ほどしかたっていませんが、保証書もない(捨てたか?)ので、交換することも出来ません。
PCとのデータ転送のため頻繁に抜き差ししますが、これが良くないのでしょうか?
単に安物買いの銭失い(笑)なだけ?

少々高くとも、メーカー品を買うしか手はないのですかね。
*

pinboke_entry

2007.07.21

フィラデルフィア美術館展に行ってきました

Philadelphia 今日から夏休みです。子供のスイミングスクールの帰りに、京都市美術館で開催中の「フィラデルフィア美術館展-印象派と20世紀の美術」を見てきました。

展示品は、コロー、モネ、ルノアール、ゴッホ、セザンヌ、ルソー、ロダン
ピカソ、マティス、デュシャン、モディリアーニ、マグリット、ワイエスなど
一度は、教科書で複製画でテレビの美術番組で目にした耳にした有名な
芸術家たち47名の77作品が展示されています。

しかも、夏休みの課外学習の一環で子供は無料、付き添いの保護者も団体料金で観覧できます。実際には、名画も、小学校低学年にはまだ理解しにくくて、子供をダシの保護者の割安名画鑑賞です(笑)

久しぶりに名画や彫刻にふれて夏の蒸し暑さをしばし忘れてきました。

(詳しくは京都市美術館のHPへ)
写真は、ピエール=オーギュスト・ルノワール《ルグラン嬢の肖像》1875年
*

pinboke_entry

【叡電】8月中は夏ダイヤで運転

明日から夏休みの学校も多いようですが、叡電でも恒例の「夏ダイヤ」のお知らせが張り出されました。

ポスターの掲示によりますと、

8月の平日(ただし、14、15、16日を除く)
・始発から朝ラッシュと夕方から終発までの間は、概ね通常の平日ダイヤ
・昼間時は、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~鞍馬間の列車を15分間隔で運転
・昼間時は、出町柳~二軒茶屋間の折り返し列車の運転はなし

8月の土・休日
・通常の土曜・休日ダイヤで運転

8月14、15、16日のお盆特別ダイヤ  
・早朝、夜間は、概ね通常の土曜・休日ダイヤ
・昼間時、出町柳~八瀬比叡山口間、出町柳~鞍馬間の列車を12分間隔で運転

と、なっています。

お盆ダイヤでは、最高で本線に5列車、鞍馬線に7列車運転されるでしょうから、在籍車の8割以上が動くことになります。デオ600やデオ700の2連車が走ることを期待しましょう。←過去の実績から見て非常に望み薄ですが(^^ゞ

詳しくは、叡山電車の公式サイト

pinboke_entry

2007.07.18

【叡電】八瀬駅前のつり橋が撤去される

京都新聞の記事によりますと、叡電八瀬駅前の高野川にかかる吊り橋が最近撤去されてしまったそうです。
管理者の京福電鉄の話として載っている内容によれば、八瀬遊園地やかま風呂温泉も廃止になり、また老朽化が進んで危険になったため撤去したようです。
地元から惜しむ声も出ているそうですが、京福としては架け替えはしない方針のようです。ただ希望があれば権利を地元に譲ってもよいとは考えているそうです。

私も、子供の頃から、夏休みの水遊びを中心によく利用しましたが、ここしばらくは閉鎖になっていたので、どうなるのか気にしていましたが、ついに無くなってしまいました。八瀬の名物がまたひとつ消えていきました。残念です。
*
pinboke_entry

2007.07.16

天理参考館の「キップの世界」展に行きました。

前に、このブログでも紹介した天理参考館の「キップの世界展」に行ってきました。
ここのコレクションは有名なので、前々から知ってはいましたが、なにぶん大学の付属研究施設などという恐ろしい(笑)ところには中々行く勇気がなくて、はじめての訪問です。

資料を見て初めて知ったのですが、このコレクションは山本不二男氏というコレクターの収集品をもとにしたもので、昭和33年よりここで保存・研究されているのだそうです。

見終わった感想は、「すごい」というより「恐れ入りました」という表現がぴったりで、私の集めたものなど、コレクションの「コ」の字にも入らないというのが正直なところです。

この特別展以外にもおもに日本を含む東アジアの生活文化、考古資料が数多く展示されています。これらを見ていると「ここは奈良県なのか? まちがって熱帯の原住民の部落に迷い込んだのではないか?」
と、いう気もしてきます。

展示室を出てからも宗教都市天理の景観に圧倒され、ふらふらと駅に戻って、公園で一息ついてやっと我に返りました。

が、目の前には静態保存されたD51とオハ61が硬券キップ全盛時代の夢の続きにいざなってくれます(笑)
これで、天理臨のDD51+12系の団体列車でも泊まっていようものなら完全に発狂したかもしれませんね(^^ゞ
*
D51_691_01
pinboke_entry

祇園祭宵山へ行ってきました

昨晩は、祇園祭の宵山見物に行ってきました。
台風一過の青空にはなりませんでしたが、かえって涼しくて散策にはもってこいの気候でした。
3連休の初日が台風でつぶれたこともあって、人出もいつもより多い感じでした。

Yoiyama01_1 駒形提灯に灯が入る。(孟宗山)
Yoiyama02_1 三十六歌仙の見返し(占出山)
Yoiyama03_1 薄暮に浮かび上がる鉾 (放下鉾)
Yoiyama04 池坊学園の学生さんのお囃子の演奏会
Yoiyama05_1 闇に浮かび上がる長刀鉾
Yoiyama06_1
最後に、八坂神社におまいりしました。祇園石段下では、祇園の花街の組合によるイベントがありました。
息子はちゃっかり舞妓さんと花火で遊んでもらいました(^^♪
pinboke_entry

2007.07.15

【叡電】今日の一枚、一乗寺駅ふきん

台風は無事に通り過ぎましたが、台風一過の梅雨晴れとはならず、どんよりした曇り空が続いています。
いつ降り出すかわからないので、今日の沿線散歩は一乗寺駅付近にしました。
Img_5678_1
それでも、鞍馬方面へでかける観光客はそれなりにおられるようで電車は混雑しています。車掌さんも乗務しています。
Img_5681
台風対策のためか、駅の立て看板はすべて外してありました。
Img_5676

お約束(笑)の、畑シリーズ。
この付近ではもう田畑は見られず、この家庭菜園か唯一の緑地のようです。
*
ブログ館や掲示板でご紹介した写真に、一部未発表分を交えて、我楽多館で「今日の叡電」として、アルバムにまとめました。
下記のバナーよりトップページへ戻り、新作情報からご覧ください。
*

pinboke_entry

2007.07.14

京都駅ビル10周年イベント台風で中止

今、京都駅ビルのホームページを確認した所、
台風4号の接近のため、14・15日のイベントは中止になりました。
http://www.kyoto-station-building.co.jp/index.htm
SLの運転や写真展を楽しみにしていただけに残念です(ーー;)

さて、この3連休なにをしてすごしましょうか(^^ゞ

2007.07.13

【京阪】帰宅時に見えたもの。

今日の帰宅時は、1900系の一般色と、3000系特急を確認できました。
明日からの天候が大変気がかりですが、3連休の前祝になると
有り難いのですが・・・・・・

もし、天気がなんとかなれば、京都駅ビル10周年と天理参考館の
イベントをのぞいて来るつもりです。

2007.07.10

【京阪】夜に6000系のK特急走る

6107_01 今朝は、牧野駅付近で、人身事故があり列車が30分近く遅れました。さいわい早めに出勤しているので、遅刻することはありませんでしたが、一駅地下鉄に乗ったので、物入りです(笑)

さて、帰りはもうダイヤが回復しているだろうと思って北浜駅で特急を待っていると1900系特急色がやってきました。
「これで次の特急が3000系なら残念だなぁ。」と思っているとやってきた電車は緑色です。「あっ9000系の代走か?」と思っていると、6000系の代走でした。どうやら朝の事故の影響がまだ残っていて車両のやりくりが付かないようです。

もう5分はやく会社を出て、淀屋橋から乗っていれば、1900系特急色一般車の代走特急の並びを写せたのに残念無念です。
京橋では、誤乗防止のため、「K特急です。枚方市・楠葉には止まりません。」と何度も放送してました。それでも飛び乗って、中書島まで連れて行かれた人が何人かいたのでは(笑)
*
pinboke_entry

2007.07.09

【叡電】今日の一枚、(比叡山を背に)

昨日は、八幡前-岩倉-木野間を撮り歩いてきました。
だんだん家から遠くなって、車だと駐車場が無いし、歩きは暑いので、自転車で回りました。小回りが聞いて便利です。
Img_5651
5月中旬の田植えの直後から一ヶ月半がたち、田んぼの苗もすくすくとそだっています。この付近まで来ると、まだ田んぼが多く残っています。
(八幡前-岩倉)
※ 写真をクリックすると拡大します。
Img_5653
上と同じ場所ですが、すこしアップで写しています。耕作を中止した休耕田も目立ちます。宅地化されるのが目前なのでしょうか。気がかりです。
Img_5656
アングルを変えると、比叡山を真横に捕らえることができます。線路は急カーブで、北から西へ曲がっています。
Img_5659_1
比叡山を真後ろに背負う有名撮影地に来ました。この付近も民家が立て込んでアングルを探すのに苦労します。
写していると、近くの人に声を掛けられました。やはり「鉄道ファン」の方で、「撮り鉄」よりは「模型鉄」派で、子供の頃から家の前を走る電車に親しんでこられたそうです。それで、鉄道カメラマンをみかけると声をかけて情報を交換されているのだそうです。
わたしも地元民ですと言うと、昔の叡電の話に花が咲きました。
Img_5669_2
その昔、複線区間が岩倉までだった頃は、この付近に折り返し線がありました。ここから単線で、市原まで駅前以外は、ずっと田んぼが続いてました。今時分はカエルの大合唱で、カラスが鳴き、トンボや蝶々が飛び回り、小川ではザリガニやときにはフナやドジョウやクサガメもとれました。
1970年代のお話です(笑)
Eizan18
これが、1978(S53)年当時の写真です。電車の位置はほぼ同じです。さて同じ場所と見分けられますか???
pinboke_entry

2007.07.08

子供に付き合わされた(笑)七夕の一日

昨日は七夕でした。
あいにくと、お星様は見え無くて、残念でした。

Mushi01 うちでは、七夕とは余り関係なく、子供向けのイベントに付き合ってきました。
まずは、「ムシキング」ゲームの大会のために、JR二条駅前のゲームセンターへ。

16名の参加枠に14名の参加で、うちの子はくじでシードを引いて一回戦は不戦勝。それでも真剣にゲームをやって(勉強もこれくらいやってくれるとありがたいのですが(笑))決勝まで勝ち上がって、結局準優勝で、記念品をもらってきました。

100円の参加費で何回かゲームをやれて参加賞のカードとお菓子までもらえるので、近くのゲーセンを荒らしまわる「賞金稼ぎ(^^ゞ」の子もいるとか。
*
Mushi02 一旦帰宅して、昼からは再び、大阪梅田のポケモンセンターへキャラクターをもらいに行きます。

先週よりは人出は少ないものの、それでも1時間待ち。やっと順番がきてポケモンを受け取ります。

お父さんにはまったく理解できませんが(^^ゞ 、通信機能を使って、並んでいる子どうしチャットをしたり、キャラを交換したり、対戦ゲームをしたり、ひと昔前に、通信機能が付き出した頃のパソコンでやってたことを、いまは携帯ゲーム機で簡単に出来ちゃうんですね(^^)
最後は、阪急ファイブの観覧車に乗りました。10年前に「梅田のビルの屋上に観覧車現る!!」 と、話題になった頃に初物を乗りに行って以来ですが、今は家族連れや観光客ばかりで、乗り場は閑散としています。ファションビルがバーゲンで女の子の熱気でむんむんしているのとは大違いです。
夕暮れになるとカップルで賑わうのかもしれませんが。

ちょうど、「サンダーバート」が、金沢に向けて発進していきました。
*
Mushi03

*
Mushi04 これで、一日のお勤めも終わったので、帰宅の途につきました。
途中の枚方市駅では、交野線の七夕イベントに向かう観客を乗せた1900系の「彦星号」が終点の私市駅で待つ「織姫号」の元へ向かおうと発車待ちしているのが見えました。
降りて、一枚だけでも写真を写したかったです(^^ゞ

pinboke_entry

2007.07.06

【京阪】1900系の準急「ひこぼし」

交野線直通特急「おりひめ」と準急「ひこぼし」のヘッドマークが明日から変更されるので、最後の列車を写してきました。
*
1900_16_1(天満橋にて)
ホームで写したあと、その代わり枚方市まで、久しぶりの1900系の高速運転を楽しんで来ました。複々線区間で、6000系や7000系の普通を追い越すのは気分が良かったです。寝屋川車庫の横では、3000系の特急とすれ違いました。
枚方市駅入線時は、下り本線横切りのシーンも良かったです。
本当は、薄暮の沿線で走行写真を写したかったのですが、曇りで断念しました。それでも沿線では、カメラを持った人をチラホラと見かけました。
Hikoboshi01
今日で、見納めのHM。さすがにアップで見るとくたびれています(笑)
*
Hikoboshi02_1
交野線の列車には、七夕イベントのHMも付けられています。
*
10003_01
H_tana_mizu


明日の大阪北部の天気予報は終日曇りですが、雨が降らなければ、七夕イベントに行ってみようと思ってます。
pinboke_entry

2007.07.05

天理参考館の「キップの世界」展

続けて、新聞記事から
5日の朝日新聞の朝刊に奈良県天理市の「天理参考館」の「キップの世界」展開催の記事が載っています。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200707040092.html (記事)
http://www.sankokan.jp/ (天理参考館のHP)

キップコレクターなら一度は本物を見てみたい、古くは明治時代から戦前の貴重なキップが展示されています。
8月12日までやっていますので、足を運ばれてはいかがでしょうか?

私も、もちろん行くつもりです。

1230suzakumon
pinboke_entry

京都駅ビル10周年イベントにSL展示

今朝の京都新聞に、
「京都駅ビル10周年のイベントに、梅小路のC56を京都駅構内へ引き出して、展示する。」
という記事が出ています。(アドレスは下記へ)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007070500040&genre=I1&area=K1F

記事によれば、
C56を、今月14、15日の午前10時-午後2時に京都駅の7番ホーム西近くの引き込み線に移動して、ホームから見学できる。入場券120円が必要。

とのことです。

京都駅ビルが出来てもう10年もたったのも驚きですが、SLの梅小路と京都駅の回送方法も気になりますね。たった1キロとはいえ、自力回送かDE10あたりに引っ張られてか?
もし自力なら、リーガロイヤルホテル付近の線路際は、ファンでいっぱいになりそうですね(笑)
Umekouji_2
pinboke_entry

2007.07.01

ポケモンセンターへ行きました

子供に付き合って、大阪のポケモンセンターへキャラクターをもらいにいってきました。
京阪は、1900系の特急色、阪急は3300系のリニューアル車と、なかなか渋いが新しい電車に乗り合わせてお父さんも満足(笑)、いつもの通勤線区も新鮮です。
*
1900_15
1929 出町柳
3353_01
3359の梅田行き特急の車内 (河原町)、とても車齢30年の電車を改造したとは思えません。タイル模様がモダンです。
*
Pokemon01
肝心のポケモンセンターはご覧の大盛況。キャラクターの受け取りは2~3時間待ち、レジも数十分待ちです(^^ゞ

子供もあきれて、「今日はやめて、また来よう。」というので、おもちゃを少し買って、そうそうに退散です。
*
Demachi06
帰りの出町柳駅で、噂の(^^♪ 女性係員さんがおられたので、写真を撮らせてもらいました。
*
pinboke_entry

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ