« 鞍馬山へハイキングに行ってきました。 | トップページ | みたらし祭&夏まつり »

2007.07.29

鞍馬街道の情景(夏休み編)

昨日のハイキングの集合前に、早朝の鞍馬街道を足慣らしで歩いてきました。6時台の鞍馬行きの乗客はわずか3人、それも途中で二人降りて貸切状態。
市原で下車して、先週のリベンジを開始します。

Img_5758 
まずは、ホームの横にあるお地蔵さまと絡めて一枚。駅舎が改修される前はホームの外れ立って居られましたが、今は、敷地とお堂が整備されて電車を背にして鎮座されています。
Img_5755
横の説明板のアップ。こんな由緒のあるものとは知りませんでした(笑)
Img_5761
Img_5762
Img_5764
続いて、街道沿いの厳島神社の拝殿にある絵馬です。なぜ洛北の地に厳島神社があるのかも不思議ですが、いつも通り過ぎるだけで今回初めて拝ませていただきました。
上は「神宮皇后」、中は「壇ノ浦の合戦」、下は良くわかりませんが、「宮中」のようです。
すべて明治時代のものですが色鮮やかに残っています。左隅に奉納者の連名がありますが、当時の静市野村の財力の豊かさを偲ばせてくれます。
Ichihara01
街道脇にたっている道しるべ「観音道 三丁」と彫られています。すぐそこかと思って歩いていって見たのですが一キロ近歩いてもお寺らしきものは見つけられず引き返してきました。
Ichihara02
これも道端の民家前にたっている石碑です。「(藤原)惺窩先生幽栖跡 従是西二丁」と彫られてます。前の観音道で懲りたので写真だけ撮って帰って調べてみると、当時とは道が変わって、この道しるべ通りでは行けないようです。
Img_5767
小町峠を越える京都バス、前は「川島セルコン」の工場への送迎バス、後は路線バスです。
いまは切り下げられていますが、昔は歩道の位置が峠道で前後は急坂になり通行に苦労したそうです。
Img_5768
この峠には小野小町終焉の地と伝えられる「小町寺」があります。早朝で拝めませんでしたが、「小野小町百歳の像」や小町の供養等があります。

「花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに」
(古今集 春下)

Line_07

急速に都市化する市原地区ですが、旧街道沿いにはまだ、昔の面影がたくさん残っています。鞍馬・貴船方面の通過駅になりがちですが、一度途中下車して、散策されることをお勧めします。
*
pinboke_entry

« 鞍馬山へハイキングに行ってきました。 | トップページ | みたらし祭&夏まつり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬街道の情景(夏休み編):

« 鞍馬山へハイキングに行ってきました。 | トップページ | みたらし祭&夏まつり »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ