« 子供に付き合わされた(笑)七夕の一日 | トップページ | 【京阪】夜に6000系のK特急走る »

2007.07.09

【叡電】今日の一枚、(比叡山を背に)

昨日は、八幡前-岩倉-木野間を撮り歩いてきました。
だんだん家から遠くなって、車だと駐車場が無いし、歩きは暑いので、自転車で回りました。小回りが聞いて便利です。
Img_5651
5月中旬の田植えの直後から一ヶ月半がたち、田んぼの苗もすくすくとそだっています。この付近まで来ると、まだ田んぼが多く残っています。
(八幡前-岩倉)
※ 写真をクリックすると拡大します。
Img_5653
上と同じ場所ですが、すこしアップで写しています。耕作を中止した休耕田も目立ちます。宅地化されるのが目前なのでしょうか。気がかりです。
Img_5656
アングルを変えると、比叡山を真横に捕らえることができます。線路は急カーブで、北から西へ曲がっています。
Img_5659_1
比叡山を真後ろに背負う有名撮影地に来ました。この付近も民家が立て込んでアングルを探すのに苦労します。
写していると、近くの人に声を掛けられました。やはり「鉄道ファン」の方で、「撮り鉄」よりは「模型鉄」派で、子供の頃から家の前を走る電車に親しんでこられたそうです。それで、鉄道カメラマンをみかけると声をかけて情報を交換されているのだそうです。
わたしも地元民ですと言うと、昔の叡電の話に花が咲きました。
Img_5669_2
その昔、複線区間が岩倉までだった頃は、この付近に折り返し線がありました。ここから単線で、市原まで駅前以外は、ずっと田んぼが続いてました。今時分はカエルの大合唱で、カラスが鳴き、トンボや蝶々が飛び回り、小川ではザリガニやときにはフナやドジョウやクサガメもとれました。
1970年代のお話です(笑)
Eizan18
これが、1978(S53)年当時の写真です。電車の位置はほぼ同じです。さて同じ場所と見分けられますか???
pinboke_entry

« 子供に付き合わされた(笑)七夕の一日 | トップページ | 【京阪】夜に6000系のK特急走る »

コメント

この日は2両固定の800,900がフル稼働だったのでしょうか?
それで少々お伺いしたいのですが、800,900は全電動車なのか、M+T編成なのか、諸説ありますが、どうなのでしょうか?
あと、多忙でロクに見れなかったのですが、友人が日曜日のJNMAで
マスターピースがかなり良い仕上がりの700(両運)のNゲージの
サンプルを出していたそうです。

1978(S53)年当時の写真、つげ義春や水木しげるの漫画の世界ですね。
余談ですが鬼太郎が京都に行った話、アニメにしては良い話です。
悪い妖怪をやっつけるという毎度のパターンではなく、悲しくも
美しい話です(タイトル:朧車/おぼろぐるま)。

Harimao さん、こんにちは。

通常の土日ダイヤですと、昼間の鞍馬線は15分間隔で、5編成が出庫しています。
この日は、801F、802F、811F、901F、903Fが走ってました。903F(オレンジのきらら)は相性が悪くて、移動中にすれ違ってばかりで写せませんでした。

800、900型とも全車Mc車です。性能表が叡電の公式サイトにあります。参考にしてみてください。

http://www.keihannet.ne.jp/eiden/eidenfan/syaryo/syaryo.html

ゲゲゲの鬼太郎の「朧車」の話はどんなストーリーか忘れました。京都が舞台だったことも覚えてません。ネットでアニメをダウンロードして立ち読みしてみますね。

有難うございました。やはり急勾配線区ですから全電動車でしたね。
しかし回生を使わず発電制動だけだとは意外でした。

鬼太郎の「朧車」は京都のとある丘陵地で発掘された平安時代の
牛車の話です。
山の風景とか、良く描かれていました。

しかし知らない人って「きららって特別料金要るの?」と思っているみたいですね。
900が来るとラッキーという感じですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】今日の一枚、(比叡山を背に):

» 鉄道マニア?全国の鉄道ファン [鉄道マニア?全国の鉄道ファンのみなさまへ]
鉄道には色々な魅力がありますよね? 鉄道ファンのみなさんと一緒に作るサイトにしたいと思っています! [続きを読む]

« 子供に付き合わされた(笑)七夕の一日 | トップページ | 【京阪】夜に6000系のK特急走る »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ