« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月に作成された記事

2007.08.26

【嵐電】妖怪電車はしる。

嵐電で、太秦映画村で開かれる「第12回世界妖怪会議」に協賛の「妖怪電車」が8月17日から26日まで走りました。

24日の夕方にちょっと立ち寄って見てきました。
Youkai04

詳しくは、下記のアドレスから「ミニアルバム-妖怪電車」へ飛んでご覧ください。
http://nakkacho.cocolog-nifty.com/photos/youkai_densha/

*

pinboke_entry

2007.08.25

【叡電】デオ600が炎天下で検査中

今日、買い物で修学院車庫の横手を通りかかると、デオ600が定位置の留置線に止まっていませんでした。あわてて車庫の正面に回ると、検査のためか炎天下の構内に引き出されていました。
Img_6090
すぐに家に帰って、カメラを持って車庫へ向かいました。おかげで構内とはいえ生きているデオ600に久しぶりにお目にかかれました。
Img_6094
やはり、定期検査中で、整備士さんが台車の軸箱をあけて機械油を注油したり、機器を叩いて調べている所でした。
Img_6095

おなじみのアングルも、きょうはデオ700や800に代わって、600が主役です。いつも脇役の貨物電車からまた文句が聞こえそうでした(笑)
*
写真を数枚撮り終えるのを待っていたかのように、数分後にはまた定位置の留置線へ戻っていきました。
*
次の本線走行は秋の「叡電まつり」まで待たなければならないのでしょうか?
*

pinboke_entry

2007.08.23

パルナスの歌がCDに

昨日の朝日新聞の夕刊に
『「パルナスの歌」がCDに収録される。』という記事がでていました。
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/news/OSK200708220006.html

S_cake このプログをよく読んでもらっていると思われる、関西在住のおじさん(失礼)にはこの物悲しいメロディーに懐かしい思い出をお持ちの方が多いと思います。

いまのようにコンビニやファストフードの店が少なかった頃は、ぺこちゃんの不二家や異人さんのナガサキヤやタカラブネやパルナスといったお店で甘いものを買ったり食べたりするのは本当に楽しみでした。

でも、甘味がメタボの原因とされたり、 安いお菓子が簡単に手に入るようになったりして、洋菓子メーカーは苦境になり、パルナス製菓も2000年に店を閉じ、2002年には会社も清算されてしまってこの歌を聴くことは至難になっていました。

でも、むかしパルナスの店の有ったところを通ったり、ケーキを食べたりするとふと、このメロディを口ずさむこともあります。

新聞記事を読んで、「パルナスの歌」で検索してみるとなんと「バルナス」の歌の歌詞とメロディを乗せているサイトが見つかりました。個人利用の範囲でダウンロードして聞くこともできます。さらにパルナスの味を引き継ぐお店が何軒かあることも知りました。
「パルナス非公式ページ」
http://www.ceres.dti.ne.jp/~toyoura/parnus/index.html

また、ピロシキを買って、ゆっくりCDを聞いてみたいですね。
*

pinboke_entry

2007.08.19

ちょっと早めの地蔵盆

この土日は町内の地蔵盆でした。
お地蔵様の縁日は、8月23・24日なのですが、学校の2学期制で夏休みが短くなったので、お盆につづく土日に繰り上げになりました。
今年から、町内会の役員として、準備や後片付けに出ることになりました。初めてなので、みなさんのやるのを見てそのあとについて手伝わせてもらっています。やはり個人営業の方は、このようなイベントに慣れておられるのでテキパキと作業されてます。それをサラリーマンのお父さんが追いかける感じです。

ボランティアだ地域デビューだと騒がれますが、勤め人がコミュニティに参加するのもなかなか大変と悟った夏休みでした(笑)
*

Ojizosama
(C)京仏具の小堀  仏壇屋さんのフリー素材集より 
*
pinboke_entry

2007.08.18

【叡電】まだ残ってる旧タイプの駅名標

先週末に、叡山本線の駅名標が新タイプに変わった話題を投稿しましたが、ネットを見ていると、三宅八幡と鞍馬線の各駅はまだ旧タイプとの情報が載ってましたので、あわてて写しにいってきました。
Miyake_eki01 (三宅八幡上りホーム)

Miyake_eki02(三宅八幡下りホーム)
八瀬遊園から八瀬比叡山口に改名したときに
書き直しているのか比較的きれいです。

Img_6027 (旧タイプの駅名標のある風景)
Hachiman_eki02 (八幡前上りホーム)
Hachiman_eki01 (八幡前下りホーム)
Img_6038(鉄骨木造の八幡前駅上りホーム)
Iwakura_eki02  (岩倉上りホーム)
Iwakura_eki01(岩倉下りホーム)
Img_6044 (イラスト電車と旧駅名標)
pinboke_entry

2007.08.17

【叡電】撮影会より宝ヶ池駅付近

17日の午前中の「叡電ミニ撮影会」の報告です。
横浜・静岡からの遠来の方も含めて6名の参加がありました。
みなさま暑い中お疲れ様でした。
Deo600_07
まずは、修学院車庫へ移動して、留置中の車両を撮影しました。着いた時はラッシュ時の直後とあって、構内はガランとしてましたが、朝の運用を終えた電車が回送でどんどん戻ってきました。
工場には、デオ731が入場してました。出場時には新塗装に塗り替えられているしれません。
Deo901902_06
暑いので、バスで花園橋まで移動して、高野川鉄橋で撮影しました。
「きらら」のパノラマウインドウに朝日が反射して光っています。
Deo815816_03

続いて、叡山線と鞍馬線の分岐部分へ移動しました。
田んぼのイネはすでに稲穂が出ています。
この貴重な田んぼの風景がいつまでも続きますように.....

Takaragaike_eki01
最後は、宝ヶ池駅構内へ移動して撮影しました。
2・3番ホームの間にある箱庭も連日の猛暑で生垣が枯れかかっています。
Takaragaike_eki02新駅名標の鞍馬線バージョンのアップです。
Takaragaike_eki03
反対側の叡山本線バージョンです。
どちらも、日本語、ローマ字、韓国語、中国語で標記されています。外国から来られるお客様を意識しいてるようです。
Jyoto15_2 **
このあと、再び出町柳駅にもどって解散としました。
わたしほか2名のかたは、大阪の城東貨物線・環状線撮影会のため、京阪で京橋に向かいました。

16日の四日市方面遠征と、17日の大阪撮影会の写真は、後日に我楽多写真館にアップしますので、お待ちください。
pinboke_entry

2007.08.15

【京阪】トーマスのカードラリー

この前の日曜に、片町線のDD51を写しがてら、京阪のトーマスのカードラリーをやってきました。

ルールは、各駅の改札口でトーマスのカードをもらい、5枚集めると参加賞として、トーマスの缶バッヂがもらえるというものです。
Thomas01_2 Thomas11 
Thomas12 Thomas13
Thomas14_2 
今年は、自分でスタンプを押す楽しさがないのと、改札を出る際にキップをチェックされるようになったので(去年までは途中下車も黙認でした)、参加者が少ないようでした(笑)
Thomas02
トーマスのカードの裏側は、京阪電車のラインナップになっています。7000系のトーマス塗装車にはついに行き当たらなかったのは残念です。

☆ この日以降も通勤の行きかえりにトーマス電車を狙っているのですが、なぜか途中ですれ違ったりして撮影できません(笑)
*
pinboke_entry

2007.08.13

【京阪&叡電】比叡山ライトアップHM(2)

比叡山ライトアップの最終日、再度撮影に行ってきました。最後とあって、それなりにギャラリーが出ておりました(笑)
Hiei_ligtht_up02
出町柳駅に到着した、HM付きの京阪特急です。引きが無くて、全体が入りませんでした。しかも到着直後のHMを片付ける前の一瞬に写したので、すこし手ぶれしています。
Hiei_ligtht_up01_2 
ベッドマークのアップです。叡電にもおなじデザインのものが付きます。運転区間は当然違いますが。
Deo724_03
今日は、デオ724号でした。車内は観光客より地元のひとのほうが多いようです。鞍馬行きは、貴船の納涼床に出かける観光客で賑わっています。
pinboke_entry

2007.08.11

【叡電】HM付き列車と駅名標

昨日のブログの最後で思わせぶりな事を書きましたが、今朝一番に確認に行くつもりが、所用で今になってしまいました。

叡電のトピックスのその1は、
「比叡山ライトアップ」のHM付きの電車が、8月9日から13日の夕方に走るとの掲示を見つけたことです。
出町柳発が 17:07 ですので、会社が休みになる週末まで撮影できませんでした。
Deo711_04
夕方の駅構内は意外と暗く、肝心のHMがうまく写っていません。
Deo711_03_2
こちらは発車直後を後追いで写したのですが、白い車体に赤紫のHMが映えています。
まだ、2日ほどチャンスがあるので、撮影場所を選んで再トライするつもりです。
Syugakuin01
もうひとつのトピックスは、駅の鳥居形の駅名標が新タイプに取り替えられたことです。これも昨日の帰宅時に気がつきました。すくなくとも先週末は旧タイプだったので、ここ数日のうちに取り替えられたようです。

旧タイプは、かなりくたびれた物もありましたが、京福電鉄時代から駅に立っていて、いつかは写さねばとは思っていたのですが、のびのびにしていました。それが一気に新型になったようです。

また、「何事も思い立ったが吉日」「後悔あとに立たず」の見本になってしまいました(T_T)
*

下記のスケジュールで叡電撮影会を企画しています。
飛び込み、飛出しOK。参加表明不要です。
お気軽にご参加ください。

集合時間-8月17日(金)午前9時
場所-叡電出町柳改札口よこのハンバーガーショップ前付近
行き先-修学院車庫→宝ヶ池駅付近→八幡前駅or三宅八幡駅付近
解散-叡電出町柳駅 午前11時過ぎごろ

*

pinboke_entry

2007.08.10

【京阪】花火大会の臨時列車

京阪沿線は、おとといはびわ湖の、今日は宇治川の花火大会です。
いつも見に行きたいと思っているのですが、なぜか平日の開催なので、サラリーマンの身では仕事帰りも行くのもきついのでいまだに見たことがありません。

まったく無視するのもシャクなので、臨時列車だけ写して来ました。
1900系や2600系の5連車が4・5分おきに運転され、70~80年代のラッシュ時に逆戻りしたような中書島駅でした。
1900_18
1900_19 (クリックすると拡大します)
1900_20 (クリックすると拡大します)
*Demachi08

赤と緑の1900系をいっときに、見られて気をよくして叡電に乗り換えると、とんでもないことになっているのを見つけました。
どうなったかは、明日の朝につづく・・・・・・・・
pinboke_entry

2007.08.09

なにわ探検クルーズ(納涼船)に乗ってきました。

暦のうえでは秋になりましたが、まだまだ残暑が続きます。
読者のみなさまも体調にはご注意くださいませ。

さて、会社のお取引先のユーザー会で、「落語家と行く なにわ探検クルーズ」と銘うった、納涼船に乗ってきました。

大阪ミナミの難波を出発して、道頓堀川~木津川~堂島川~天満橋でUターン~土佐堀川~東横堀川~道頓堀川~難波と一周90分の水上バスの旅です。

そして、ガイド役には関西の若手落語家のホープのひとり桂吉弥師匠が乗り込んで楽しいトークと沿線案内をやっていただけます。
Suijyo_bus02
難波を出港した船は、西へ向かい大阪ドームの手前で一旦停止します。ここには道頓堀と木津川を仕切る水門があって、木津川の水が逆流しないように水位を調節しています。船が通るときは、水門の中に入って、仕切りを閉め、中に水を注いだり、抜いたりして水位を調節します。この日は数十センチも上昇しました。

最初は閉まっていた天井もオープンになって、広い木津川を遡ります。まわりはだいぶん暗くなってあまり見えませんが、川から眺める街の様子はいつもと変わった感じです。

橋の下をくぐる時は、橋げたとスレスレのところもあって、思わず頭を下げてしまいます。
Suijyo_bus01
お弁当をたべ、ビールを飲み、小話を聞いているうちに、船は中之島のビジネス街に入ってきます。普段の通勤や仕事で渡ったりする橋をくぐり、客先のビルを見上げるのも面白いです。

やがて、船は東横堀川に入ってきます。ここにも水門があって、大川と堀川を隔てています。この水門は会社からすぐなので、昼休みに散歩に行ってよく見ているのですが、川の水位を調整するものだとは知りませんでした。てっきり流れてくるゴミをせき止めて回収するダムだとばかり思ってました(笑)
上の写真は、水門で水を注いで水位調整している所です。

最後は道頓堀の赤い灯・青い灯のネオン街を通ります。(下の写真) タイガース優勝記念の飛び込みで有名な戎橋(通称ひっかけばし)は工事中で、グリコの大看板を写せなかったのは残念です。

あっというまになにわの町を一周して難波へ帰ってきました。あらためて水の都を実感しました。
今度はデイクルーズで町並みをゆっくり見て見たいです。

詳しくは一本松海運のHP

大阪城発着の大阪水上バスのコースもあります。
*
pinboke_entry

2007.08.08

【京福】叡山ケーブルの利用が好調に

今朝の京都新聞の記事によりますと、八瀬から比叡山に向かう観光客が増えているのだそうです。
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007080800018&genre=I1&area=K1D

新聞記事では、その理由を、「京都観光の人気に加えて、八瀬にできた会員制のリゾートホテルの宿泊客の利用が貢献している。」と見ています。

具体的には、
ホテルの宿泊客は、計画より26.4%も超過。
ケーブルの利用客も今年の4月~6月が、約97,000人で前年同期より約29,000人も増加 (対前年比 142.6%)。
山頂のガーデンミュージアム比叡は今年4月20日-6月末の来園者が前年同時期比で10・7%増加。
京阪の比叡山周遊のチケットの販売も好調。
叡電の叡山線の利用もホテル従業員の利用も加わり、乗客数は伸びている。
と、数値をだして説明しています。

個人的には、八瀬の会員制リゾートホテルは、叡電や叡山ケーブルの収益にはあまり貢献しないと思っていましたが、どうやら予想は良いほうに外れたようです(笑)。
ひところは、ファミリーやヤング向けの施設が多かった、八瀬・比叡山地区ですが、リゾートホテルでゆっくりくつろいで、近くの名所を見て歩くという、「おとなの旅人」を意識した観光地に脱皮を図っていくようです。

すでに夏休みに向けて比叡山周辺でもいろいろなイベントが企画されていますが、ここで、大々的なキャンペーンでも打って、全国に「八瀬・比叡山」をアッピールするのはどうでしょうかね。

それと、できればやや古臭い感じの八瀬駅周辺にもう一度投資して、リニューアルして欲しいものですが・・・・
*

pinboke_entry

2007.08.06

【叡電】今日の一枚(宝ヶ池付近)

昨日は、終日晴れて暑い日でした。
午後から城東貨物線へ撮影に行く予定なので、カメラ慣らしにまた宝ヶ池付近へ行ってきました。
Img_5856
いつもの田んぼのポイントに行くとなにかが違います。よくみると線路際に速度標識が立っています。
ちょうど、足回りから車体の下部を覆い隠します。ここは前後の引きも左右の逃げもないので、このアングルしか写しようがありません orz.......
*
Deo903904_02
最近各駅のホームの端に速度標識板が取り付けられたのは知っていたのですが、こんなところにも進入速度を指定する板が出来るとは。
安全には変えられませんが、残念です。
Img_5872
気を取り直して、次のポイントに。ここでもちょっとタイミングが早すぎて2両めが農作業小屋にかかってしまいました(^^ゞ
それでも、8月上旬というのにワセのイネはすでに穂がでて初秋の雰囲気です。
pinboke_entry

2007.08.04

【叡電】今日の一枚(修学院-宝ヶ池)

8月になっても、なかなかスカッと晴れませんが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、近場のポイントで写してきました。

Deo811812_05
修学院駅を出てすぐの所にある音羽川の鉄橋です。柿の実がまだ青いですが、たくさん生っています。渋柿のようですが、秋の色付いた頃にまた写したいです。
Deo731_02_2
いつものポイントのイネもすくすくと伸びています。すでに水は抜かれ、かえるの大合唱は収まっているようです。
それにしても、「クル-クモル」の法則ではありませんが(笑)、撮影に出向くと曇りや小雨で、家でパソコンしているときは、夏空になるのはどうしてでしょう????
pinboke_entry

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ