« 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 | トップページ | 【叡電】線路脇の草花と一緒に »

2007.09.27

【叡電】舶来の継電器箱と旧駅名表示

宝ヶ池構内の場内信号機で、こんなものを見つけました。
*
Usscoltd01

ただの継電器箱ですが、最近塗り替えられて銀色に光っています。あまりに綺麗なので近寄ってみると、なにか文字が書かれています。
「U.S.&.S.Co.」と読めます。おそらくアメリカの信号機器メーカーのユニオン・スイッチ&シグナル社製を示すものと思われます。この会社は総合電機メーカーのウェスチングハウス社を作った、G.Westinghouse氏が創業した会社なのだそうです。

今までは、風雨にさらされて薄汚れていることが多くて気がつきにくかったのですが、よく見るとさらに2、3個 「U.S.&.
S.Co.」の刻印のうたれた継電器箱も見つけました。開業当初のものとすると、80年以上にわたって、電車の安全を支え続けていることになります。
*

Usscoltd02
この写真は、8月17日の叡電撮影会の折に写したものですが、このときはまだ汚れたままです。これでは機器箱に近寄って、刻印を調べようという気にはなりませんよね(笑)
*
Takaragaike_eki04
この撮影会の時には、もうひとつ古いものを見つけています。「やまばな」と読めますが、「宝ヶ池」という文字も重ねて書かれています。「山端(やまばな)」とは、宝ヶ池駅の旧称です。昭和29年に改称されています。
最初「やまばな」と書かれていたのが、改称時に塗り替えられ、また塗装が剥げて透視法で読めるようになったようです。
*
pinboke_entry

« 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 | トップページ | 【叡電】線路脇の草花と一緒に »

コメント

今日はノンビリ曜日です。
いつもならもう会社です。
さて、すごいものを発見しましたね(^-^)
地方私鉄は古いモノを大切にしていますよね(*^-^)b
メーカーにも残っていないモノが現役で活躍していたりするんですよね~。
駅名表示もビックリです。
取り替えずに上塗りして再利用ですか…。
「もったいない」と言う精神だったのかも知れませんね。
それが今では「遺跡級」という感じでしょうか(^^;
やっぱり地方私鉄ってイイですねo(^▽^)o

隠密さん、こんにちは。
きのう今日と、急に気温が下がって、やっと秋本番になった気分です。

さて、叡電でもここ数年、施設の更新が進んで古いものがどんどんなくなっています。それでも探すと意外なところに古いものが残っています。

ただ、以前のようにかんたんに線路際によってたしかめるということが出来にくくなってきているので、人知れず埋もれている「産業考古物」が他にもあるかもしれませんね。
無理をせずに探して見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】舶来の継電器箱と旧駅名表示:

« 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 | トップページ | 【叡電】線路脇の草花と一緒に »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ