« 高瀬川と島津記念館 | トップページ | 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 »

2007.09.24

【叡電】初秋の風景

初秋の風景を求めて、また沿線を自転車で走り回ってきました。
*
Deo815816_06
宝ヶ池駅構内の田んぼには稲穂が黄金色に揺れていました。稲刈りは近くの幼稚園児が見守る中で行われるのでしょうか。
*
Deo903904_06
田んぼのあぜには、まっかな彼岸花が咲いています。となりの田んぼでは、稲刈りの真っ最中でした。
*
Deo901902_07
真っ赤な電車に、真っ赤な花が似合います。 (宝ヶ池-八幡前間)
*
2007_inekari02
やっと、稲架掛け(はさかけ)に刈り取った稲を干しているところに出会いました。ちょっと前まではどこでも見られたように思いますが、農地そのもの減少と機械化で稲干しの風景をみつけることも困難になってきています。
*
Deo815816_07
来年か再来年の今頃は、この付近もマンションか一戸建ての住宅地に変化しているかも・・・・・・
*
pinboke_entry

« 高瀬川と島津記念館 | トップページ | 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 »

コメント

拝見です。意外にも関東の方が稲刈りが早いようですね。
農業に関する知識が無いので分からないのですが、気温が低い地方の方が先に稲刈りするのでしょうか? (←小学生並みの知識かも…(^_^;)
特に今年は天気予報を見ていると、関東が30度前後でも、関西は35度位ありましたね。

彼岸花。電車のオレンジ色及び稲の黄金色と相まって、きれいですね。
もう何年も見ていないような気がします。

それにしても、自転車で走ればこのような風景が見られるとは、良いですね。
私など、電車に30分以上乗らないと見られないかもしれません。

おょ♪彼岸花ですかぁ(^^)
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも言いますね(^^)
信濃国でもあっちこっちで咲いていますが、列車とのコラボになかなか出会いません(^^;。

自転車で移動できる範囲ですか…。
便利ですね~。
うちのほうでは…、山岳地域なので無理です(^^;
電動アシスト自転車ならなんとかなるかも知れませんが…(^^;

日本人には田園風景が心にしみますねぇ^^)

ところで新聞で残念な記事を見つけました。
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiko/070923/jko070923002.htm
どういう状況だったか詳しくは分かりませんが、安全運行を脅かすような行為はして欲しくないですよね。

彼岸花ときららに見とれました。

拙宅の近くでは彼岸花はまだのようです。
近鉄木津川鉄橋の辺りに咲くはずなのですが。

まとめレスで失礼します。

>>老いて27000さまへ
いままで、あまり稲刈りの時期など意識してなかったのですが、兼業農家やじいちゃん、ばあちゃんだけで耕している田んぼが多いので、早く稲を刈って、そのあとに冬野菜を植えつけるようです。

ちょっと前までは、自転車どころか歩いても田んぼまでいけましたが、今は飛び飛びにポイントがあるので、チャリで回ってます。

>>隠密さまへ
彼岸花は「火事花」とか「死人花」とか言っていやがるひともいますが、田んぼのあぜに咲いてるのを見ると秋を感じますね。

さすがに貴船・鞍馬までは自転車で行けませんが、途中までは平坦なので追いかけるのに便利です。

>>りばてぃさまへ
新聞記事読んでみました。山崎付近で事件があったようですね。
この付近は名撮影地ですが、いまは線路際に寄れるところが少なくなって、一部の心無い人が立ち入り禁止区間に入ったのでしょうね。
安易に、敷地内に立ち入るのではなく、ゆっくりロケハンして、安全に撮影できるポイントを探すことこそが、楽しみだと思うのですが。

>>なまちゃんさま
洛北でも場所によって、咲いたりつぼみだったりしています。そうじて田んぼの畦のように肥えた土地は早く、河原のような痩せた場所は遅くなるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初秋の風景:

« 高瀬川と島津記念館 | トップページ | 【叡電】デオ700の新塗装車が登場 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ