« 本館が50000ヒットを達成しました。 | トップページ | 【京阪】京津線御陵駅付近の今昔 »

2007.10.14

世界最大の翼竜展に行ってきました

Kippu01_2

大阪の長居公園で開かれている「世界最大の翼竜展」を見に行ってきました。京阪、環状線と乗り継いで天王寺へ、阪和線は高槻駅の人身事故の影響がここまで波及して、すこし遅れていました。工事の進む短絡線の2線化工事をみて長居駅に着きました。ここから広い公園内を横切って、博物館までさらに数分歩きます。

会場は、意外に空いていて、すぐに入れました。おもに子供を対象にPDAで解説を流しているので借りてみました。ゲームソフトの主人公風のキャラクターが画面で説明してくれます。クイズ形式の質問コーナーもあります。

最初は、翼竜の先祖の化石が並んでいます。大きさはスズメかせいぜいハトくらいのちいさな飛ぶ爬虫類です。
「あんがい小さいなぁ。」なんていいながら次のコーナーへ行くと、やや大きな化石が展示してあります。ワシ・タカからアホウドリくらいの大きさになります。ダチョウくらいの飛ぶ生き物もいたようです。

そして、中央展示室には、お目当ての世界最大の翼竜の骨格見本と復元模型が部屋一杯に展示してあります。下の写真↓(クリックするとすこし拡大します)

Yokuryu01 Yokuryu02

回りの人間と大きさを比べてみてください。原始時代にはこんなのが、空を飛び回っていたんですね。
翼竜の足跡の化石や羽ばたきのようすを再現した模型も並んでいます。子供たちもその大きさに圧倒されつつも興味深々の様子でした。

やがて、この陸海空を制覇した巨大生物も、6500万年前頃に突然絶滅します。その理由は隕石の衝突による地球環境の激変と一般には考えられています。その証拠といわれる白亜期と第三期の間にある地層も展示されています。翼竜が絶滅した時期の地層は黒くなっていて、隕石衝突による火山活動の激化をあらわすのだそうです。

そして、生き残った少数の種がやがて鳥類へと進化していくことになります。
それにしても、数百、数千万年のときを越えて、現在まで化石が伝えられるとは、自然の営みは不思議ですね。

最後に、クイズの答え合わせをして、賞品の「恐竜カード」をもらって博物館を後にしました。
*

pinboke_entry

« 本館が50000ヒットを達成しました。 | トップページ | 【京阪】京津線御陵駅付近の今昔 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界最大の翼竜展に行ってきました:

« 本館が50000ヒットを達成しました。 | トップページ | 【京阪】京津線御陵駅付近の今昔 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ