« 三木鉄道の動画を公開しました | トップページ | 三木市内を散策してきました(2) »

2007.11.20

三木市内を散策してきました(1)

北条鉄道・三木鉄道の訪問記の本編はいまだ編集中なのですけれど、その後に回った、三木市内の散策のレポートから先にお送りします。
まずは、神戸電鉄粟生線のスナップから
*
Shintethu01
三木駅から神鉄三木駅に行く途中で美嚢川に架かる福有橋というおめでたい名前の橋を渡ります。ここから上流200mくらいのところに、神鉄の鉄橋がかかっています。すぐに帰るつもりでしたがこの鉄橋の写真を、ネットでお世話になっている懐古趣味さまのサイトで拝見したことがあって、2・3枚写して帰りたくなりました。それに駅で付近の地図を確認すると、金物の町にはいろいろと見所もあることがわかりました。
「まだ日が暮れるまで少し間があるから」とパンフレットをもらって鉄橋へ向かいました。
*
Shintethu02_2 
まだ、3時過ぎなのですがこの日は終日薄曇で、中々走行写真の撮影は厳しいところです。
この鉄橋は川を渡ってすぐに美嚢川の段丘を越えるので勾配が付いています。
*
Shintethu03
鉄橋をわたり、三木上の丸駅を出たところです。40パーミルの急勾配を小野行きの電車が下ってきます。
*
Shintethu04

三木城址のある、城山から鉄橋を見下ろした所です。
このあと、城址と金物資料館を見学しました。
(続く)
*

pinboke_entry

« 三木鉄道の動画を公開しました | トップページ | 三木市内を散策してきました(2) »

コメント

 私も渡ってびっくりしたのですが、勾配と曲線が両方入った橋梁は滅多に無いんではないでしょうか。
 天気と時間に恵まれれば、ゆっくり散策するに適した街ですね^^。

りばてぃさん、こんにちは。

実は、今回は生き返りとも高速バス利用にしたので、神鉄には乗りませんでした。
曲線のついた鉄橋はたまにありますが、25パーミルもの傾斜も付いたのはたしかに珍しいですね。鉄橋の半分がコンクリート製なのも、鋳造では、このカーブと傾斜を作りつらかったんでしょうかね?

今日の新聞によれば、廃止後の三木鉄道の車両には、全国の三セク鉄道から譲渡の申し込みが来ているそうです。このままスクラップに成らなくて良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三木市内を散策してきました(1):

« 三木鉄道の動画を公開しました | トップページ | 三木市内を散策してきました(2) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ