« 三木市内を散策してきました(1) | トップページ | 三木市内を散策してきました(3) »

2007.11.21

三木市内を散策してきました(2)

神戸電鉄粟生線をスナップしてから、三木城址公園を散策しました。
*
Miki_kanko01
この城址は豊臣秀吉の三木攻めで知られており、城主の別所長治公が自分の命と引き換えに領民の助けることを条件に自刃した歴史を残しています。
この城の建物は解体され明石城に建築に用いられたそうです。
「今はただ うらみもあらじ諸人の いのちにかはる我身とおもへば」という辞世の句碑も立っています。
*
Miki_kanko02
公園内にある「金物資料館」を見学します。前庭には、「村のかじや」の記念碑が立っていてセンサーでメロディーが流れます。さすがに「金物の町三木」です。
詳しくは三木市のサイトへ
http://www2.city.miki.lg.jp/miki.nsf/doc/4FDA3D607DEC0D1E49256CA7001AC7C2?OpenDocument
*
Miki_kanko03
資料館の中は、鉄鉱石の標本からたたら製鉄、ふいごやカナトコといった昔の鍛冶道具、そしてのこぎり、かんな、ノミといった大工道具が各種展示してあります。のこぎりも横引き、縦引きの別はもちろん各種の用途別にいろいろな道具が工夫されて作られてきたのがわかります。
プロの職人さんはもちろん日曜大工がすきな人は必見です。
**
Miki_kanko04

展示品にこんな「鉄」ネタを見つけました。
「中部鐡道管理局 新橋工場 対象元年製造」と書かれた銘板です。他に古レールや犬釘もあります。鷹取工場や高砂工場ではなく、なぜ新橋工場の銘板がここに保管されているんでしょうね?
(続く)
*

pinboke_entry

« 三木市内を散策してきました(1) | トップページ | 三木市内を散策してきました(3) »

コメント

 最後にちゃんと鉄道ネタを持ってくるところが、すばらしい(笑)。
 三木市もいろいろ見るところがあるのですね。続きが楽しみ^^)

こんにちは。いつも見ていただいてありがとうございます。
それにしても「鉄」ネタはどこにでも転がっているものですね。
三木市が三セクを引き受けてまで「鉄道」にこだわったのも「金物」がトレードマークの町だからでしょうかねぇ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三木市内を散策してきました(2):

« 三木市内を散策してきました(1) | トップページ | 三木市内を散策してきました(3) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ