« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007.11.30

【近鉄】京都駅八条口が閉鎖に

近鉄京都駅の八条改札口が、京都駅のリニューアル工事に伴い、明日から閉鎖されるので、最後の様子を見に行ってきました。
*
Kintethu_kyoto03
今は、裏口のようなイメージの八条口ですが、もともとこちら側がメインの改札口で、2階の改札はJRとの連絡改札の位置づけでした。それが、JR京都駅の大改修で南北自由通路が出来、2階改札がメイン通路になりました。
そして、今回の近鉄側のリニューアルでいよいよ閉鎖になります。
*
Kintethu_kyoto02
改札口から西へ伸びる「近鉄名店街」も同時に閉鎖になります。ここも一時は、観光客でにぎわっていましたが、新幹線コンコース付近にショッピングモールが出来て、客足は鈍っているようです。
それでも、駅裏ガード下のチープなイメージを残していて好きだったのですが・・・・・
(だからこそ、近鉄も金を掛けて綺麗にするのでしょうが。)
*
Kintethu_kyoto04

すこしくすんでいますが、八条口のシンボルの奈良をイメージした壁画です。子供の頃は、修学院から八条口まで直通するバスがあり、ここから近鉄に乗り換えました。京阪や阪急とは違う、特急電車「ビスタカー」や「スナックカー」に乗れるときはもちろん、普通の電車でもわくわくしたものです。
今では、京阪の丹波橋や地下鉄の竹田での乗換がメインに成り、近鉄京都駅を利用することはマレになりました。
今日、ひさしぶりに利用してみると、特急の待合室だったところに構内コンビニやファション雑貨を扱う店が出来ていて、びっくりしました。

一年後の、変身した近鉄京都駅の新規オープンを楽しみにいたしましょう。
*

pinboke_entry

2007.11.27

【京福】小ネタ3題

新聞や広報紙から拾った小ネタを3題

その1. 比叡山ケーブル、ロープウェイが冬季運休に
昨年からはじまった冬季運休ですが、この冬も12月3日から来年の3月19日まで運休になります。ただし正月3ヶ日は、山頂からの初日の出見物と、延暦寺への初詣の足として特別に運転されます。
昨年の運休時は、「施設の整備のため」との大義名分を掲げてましたが、ことしは何も理由が書かれていません。やはり本当の所は経費節減でしょう。

(掲示板にいただいた情報によれば、駅ポスターには「施設整備のため」と書かれているそうです。公式HPには理由は乗って無いようです。)11/28追記

その2. 嵐山線が12月22日からダイヤ改正
天神川駅の設置に向けて、ダイヤ改正が行われます。早朝と夕ラッシュ時に増発さります。嵐山線と北野線の接続見直しや、新駅設置に伴う運転時刻の見直しも行われます。本格改正は、5年ぶりとのこと。

いよいよ、地下鉄との接続に向けての準備が本格化したようです。まだ新駅の予定地は見ていないのですが、準備工事が始まったとの情報もあります。

その3. 初詣一日乗車券を発売
「福くるきっぷ」という名前で、嵐電全線が一日乗り放題です。12月26日~1月14日の間に発売。購入者はご祈祷済のオリジナルグッツがもらえるそうです。

ここしばらく、初詣切符の発行はなかったような気がするので、「もみじ切符」に次ぐコレクションになりそうです。
*
Yamanouchi02a
*
pinboke_entry

2007.11.25

名古屋臨海と衣浦臨海の動画をアップしました。

*
Img_6834 Img_6849_3

名古屋臨海鉄道と衣浦臨海鉄道の走行写真の動画をアップしました。コンパクトデジカメのビデオ機能で写していますので、画像が粗いのはご勘弁くださいませ <m(__)m>.

http://zoome.jp/pinboke/
ピンぼけ動画館名古屋編

pinboke_entry

名古屋方面へ行ってきました。

連休を利用して、一泊で名古屋方面を回ってきました。
鉄ネタだけでも、JR東海、名鉄はもちろん、豊橋鉄道の渥美線、市内線、あおなみ線、名古屋臨海鉄道、衣浦臨海鉄道を見てきました。

例によってもさわりだりアップします。
残りは、本館とプログ館で順次アップしますのでよろしく <m(__)m>
*
Nagoya03
旧型国電を追い出した憎っくき(笑)119系も、いまでは飯田線の主になっています。
Nagoya04

おじさんには、名鉄=パノラマカーなんですよね(^^ゞ

Nagoya05
豊鉄渥美線は、旧東急車ばかりになっています。長野電鉄、水間鉄道、熊本電鉄、etc.... と、東急のステンレスカーの売れ行きは好調ですね。昔は西武の中古車が良く売れてましたが。
Nagoya06
今は無き、名鉄岐阜市内線の遺伝子を今に伝える、3203号車。派手な広告電車になってますが、一昔前のちんちん電車のイメージそのものですね。
Nagoya02
名古屋臨海鉄道の東港ヤード、いろいろとトワイライトゾーンが見学できました。
Nagoya01
最後は、日没直前の衣浦臨海鉄道の東成岩駅で締めてきました。このあと普通列車乗り継ぎで京都まで戻ってきました。
Nagoya07
「非鉄」では、渡辺崋山のふるさと田原市と蔵と運河のまち半田市を見てきました。
駆け足で回ったのと日が短くて写真が撮りにくいので苦労しました(^^ゞ
*
pinboke_entry

2007.11.22

三木市内を散策してきました(3)

三木城址公園を降りて、「湯の山街道」を歩きました。じつは、この街道のことは、ここへ来るまで知らなかったのですが、資料館で「古い町並みはありませんか?」と聞くと、「この城山のすぐ下にあります。」とのことでさっそく行ってみました。
*
Miki_kanko05
「湯の山」とは今の有馬温泉のことで、播州地方から湯治にいくひとで賑わったのでこうよばれています。豊臣秀吉三木合戦の折に、有馬から三木、姫路への道を整備したのが始まりだそうです。戦の時は、有馬の湯を運ばせて、兵士の療養に使ったとの話も残っています。
*
Miki_kanko06
いかにも「職人の店」といった風情の金物屋さんです。こんな鉋を使って建てた高級数寄屋造りの家に、一度は住んでみたいです(笑)
*
Miki_kanko07_2
「湯の山街道」の由来を書いた案内板です。クリックすると少し拡大します。
**
Miki_kanko08
標準子午線は明石が有名ですが、この町にも通っているようです。石柱の文面から見て、戦前の設置でしょうか?
*
Miki_kanko09

Miki_kanko10

造酒屋さんも何軒かありました。この付近は有名な酒米の「山田錦」の本場です。清流にも恵まれているので、酒造にも適した町なのでしょう。
残念ながら、下戸の私には土産にならないのが残念ですが(^^ゞ
Miki_kanko12

ちなみに甘党の方には、「三木鉄道せんべい」をどうぞ
*

Miki_kanko11
酒屋の前にあった「船板塀」です。古い船を解体した材木をリサイクルしています。琵琶湖岸の大津や長浜で見たことがあります。この町は加古川の水運が発達していたようなので、このような塀が作られたのでしょう。

最後は、バスの時刻がせまり早足で歩いて疲れました。でもバスは15分も遅れてきてゆっくりでも間に合ったようで(-_-;)
行き帰りに乗車した神姫バスの運転士さんの接客態度はなかなか好感がもてました。こんど(たぶん来春のおわかれ列車は見に行くでしょうから)もバスにしましょう。
*
Hanshin01
↑ 三宮から梅田まで乗車した阪神・近鉄相互乗り入れ仕様車の1000系です。長らく尼崎に留置されてましたが、いよいよ動き出しました。なんば線開業が待たれます。

さて、本命の「北条鉄道・加古川線・三木鉄道訪問」ですが、現在鋭意編集中です(笑)。
1985年の三セク転換時の写真や当時の記念乗車券、現在の記念乗車券もあわせて公開します。オマケの播但線飾磨港支線のなつかしい映像もあります。
連休最終日の25日に公開予定です。乞うご期待!!
↑ 本日公開しました。下のバナーより本館トップへ戻り、
WhatNewよりご笑覧ください。
(25日追記)
やじるし
け**
pinboke_entry

2007.11.21

三木市内を散策してきました(2)

神戸電鉄粟生線をスナップしてから、三木城址公園を散策しました。
*
Miki_kanko01
この城址は豊臣秀吉の三木攻めで知られており、城主の別所長治公が自分の命と引き換えに領民の助けることを条件に自刃した歴史を残しています。
この城の建物は解体され明石城に建築に用いられたそうです。
「今はただ うらみもあらじ諸人の いのちにかはる我身とおもへば」という辞世の句碑も立っています。
*
Miki_kanko02
公園内にある「金物資料館」を見学します。前庭には、「村のかじや」の記念碑が立っていてセンサーでメロディーが流れます。さすがに「金物の町三木」です。
詳しくは三木市のサイトへ
http://www2.city.miki.lg.jp/miki.nsf/doc/4FDA3D607DEC0D1E49256CA7001AC7C2?OpenDocument
*
Miki_kanko03
資料館の中は、鉄鉱石の標本からたたら製鉄、ふいごやカナトコといった昔の鍛冶道具、そしてのこぎり、かんな、ノミといった大工道具が各種展示してあります。のこぎりも横引き、縦引きの別はもちろん各種の用途別にいろいろな道具が工夫されて作られてきたのがわかります。
プロの職人さんはもちろん日曜大工がすきな人は必見です。
**
Miki_kanko04

展示品にこんな「鉄」ネタを見つけました。
「中部鐡道管理局 新橋工場 対象元年製造」と書かれた銘板です。他に古レールや犬釘もあります。鷹取工場や高砂工場ではなく、なぜ新橋工場の銘板がここに保管されているんでしょうね?
(続く)
*

pinboke_entry

2007.11.20

三木市内を散策してきました(1)

北条鉄道・三木鉄道の訪問記の本編はいまだ編集中なのですけれど、その後に回った、三木市内の散策のレポートから先にお送りします。
まずは、神戸電鉄粟生線のスナップから
*
Shintethu01
三木駅から神鉄三木駅に行く途中で美嚢川に架かる福有橋というおめでたい名前の橋を渡ります。ここから上流200mくらいのところに、神鉄の鉄橋がかかっています。すぐに帰るつもりでしたがこの鉄橋の写真を、ネットでお世話になっている懐古趣味さまのサイトで拝見したことがあって、2・3枚写して帰りたくなりました。それに駅で付近の地図を確認すると、金物の町にはいろいろと見所もあることがわかりました。
「まだ日が暮れるまで少し間があるから」とパンフレットをもらって鉄橋へ向かいました。
*
Shintethu02_2 
まだ、3時過ぎなのですがこの日は終日薄曇で、中々走行写真の撮影は厳しいところです。
この鉄橋は川を渡ってすぐに美嚢川の段丘を越えるので勾配が付いています。
*
Shintethu03
鉄橋をわたり、三木上の丸駅を出たところです。40パーミルの急勾配を小野行きの電車が下ってきます。
*
Shintethu04

三木城址のある、城山から鉄橋を見下ろした所です。
このあと、城址と金物資料館を見学しました。
(続く)
*

pinboke_entry

2007.11.18

三木鉄道の動画を公開しました

*
Video00

三木鉄道の走行写真の動画をアップしました。コンパクトデジカメのビデオ機能で写していますので、画像が粗いのはご勘弁くださいませ <m(__)m>.

http://zoome.jp/pinboke/ ピンぼけ動画館三木鉄道編

pinboke_entry

2007.11.17

【JR】貨物時刻表を買ってしまいました

*
Kamotu_jikokuhyo 「JR貨物時刻表」2007年3月改正版を買ってしまいました。
まえに、「もう『時刻表』は買わないかも」
と書きましたが、これは旅客列車の場合で、「貨車」の時刻はこれがないとまだネットで調べるのは難しいですね。

実は、誘ってくれる人があって、次の3連休に某所へ貨物列車主体の撮影行に行くつもりです。

何処へ行って、何を撮ってくるかは、帰ってからのお楽しみということで(笑)

pinboke_entry

2007.11.16

北条鉄道・三木鉄道へ行ってきました

夏以来の仕事に一区切りが付いて、やっと振休が取れたので、頑張っている北条鉄道・電化された加古川線・廃線間近の三木鉄道と金物の町三木を訪ねてきました。
詳しいレポートは、後日アップしますが、とりあえず速報で各線一枚だけ載せます。
*
Hojo01
新旧のレールバスの並ぶ北条町駅、近代的な駅舎と再開発ビル街になっていてびっくりしました。
ちょうど、幼稚園の遠足列車が着いたところでした。
*
Kakogawa01
横尾忠則氏のイラスト列車。個人的にはここまでする必要があるかと思うのですが・・・・・

Miki01

余命あと数ヶ月の三木鉄道。踏み切りのクロスマークが列車に×印をつけているようにも見えます。
*
Miki_kan01
薄曇の晩秋の播州←洒落です(^^ゞ の日暮れは早く、午後3時すぎですでに走行写真は苦しい状態です。
*
残りの写真はしばらくお待ちください<m(__)m>
*
pinboke_entry

2007.11.11

【叡電】新型踏切警報機

叡電の出町柳1号踏切の上り線側に、新型の踏切警報機が設置されています。
今年の8月上旬に設置されたのですが、毎日通るにもかかわらず、某掲示版で、これが最新型の「前方位踏切警報灯」と知って、遅まきながら観察に行ってきました。
Fumikiri01_2 

警報機の全容です。ご覧のように、ちょうちんのようなすずらん灯のような警報灯が付いています。

Fumikiri02
警報灯の部分を拡大したところです。
Fumikiri03
銘板です。道路側はもちろん、線路側(電車内)や反対側でも灯火が点灯しているのが確認できます。
現在のところ、叡電ではここ一箇所(下り側は従来の警報灯ですので試験的に付けたのかも?)のようですが、今後増えていくのかもしれません。
*
pinboke_entry

2007.11.07

【京阪】五条・四条・丸太町駅を改名

今朝の新聞に、京阪電鉄の五条、四条、丸太町の3駅を、中之島線開業のタイミングに合わせて、改称するとの記事が出ています。

詳しくは、京阪の報道発表資料を参照

「五条」→「清水五条」
「四条」→「祇園四条」
「丸太町」→「神宮丸太町」
になります。

新駅名からわかるように、駅もよりの有名観光地名を頭につけています。
改名の理由として、
1)観光客の鉄道利用を促進し、環境負荷提低減をはかる。
2)京都市営地下鉄と同名の駅があり観光客の誤乗車防止。
3)観光路線としてのイメージ強化。
が上げられています。

以下は、個人的な感想ですが、慣れないこともあり、唐突な感じがします。特に「神宮丸太町」は「平安神宮」から取っているそうですが、あまり「神宮」と略して表現することはないようです。ちょっと長いですが、「平安神宮丸太町」か地名を取って「岡崎丸太町」でも良かったように思います。

同時に発表された報道資料には、前に紹介した「東福寺」駅を介して「JR京都駅」と「京阪京都市内線」を連絡するコースを京都観光のメインルートにする。
という施策も発表されています。
もしかすると、五条や東福寺駅が特急・急行停車駅になって、七条は通過駅に変更されるという新ダイヤ案も検討されているでは、という考えも浮かんでくるのですが・・・・・・
*

Keihan1920
pinboke_entry

2007.11.05

【洛北の秋】曼殊院の前庭

K_murasa3


今日の散歩は、
電車ではなくて(笑)、もみじの色つき具合を見に、曼殊院まで行ってきました。
(画像をクリックすると少し拡大します。)
Mansyuin01
参道の様子。
この参道は西向きでよく日が当たるので、例年色付くのが一番早いです。

*
Mansyuin04
山門の様子、ここは日当たりの加減か、まだ青々としています。
*
Mansyuin02
境内の茶店付近。店の女将さんは、「今年は、なかなか涼しくならなかったので紅葉は遅れている。それに夏の暑さのせいで木が弱って、葉が丸くなりかけている。一昨年とおなじ感じです。」と、あまり良くない話をされています。
去年のもみじは最高でしたが、今年はどうも・・・・・・・・
****************************************************

去年のもみじ便りはここ  と ここに
Mansyuin03
境内の弁天池から本堂方面を望む。
この前庭も、まだ緑が勝っていますが、鮮やかな朱色もコントラストを見せています。
Mansyuin05
K_akiku8
帰り道の田んぼのあぜに咲き乱れるコスモスの花。まだ、探せば自然がいっぱい残っている、洛北の散歩道でした。
*
(このブログで使用しておりますイラストは、「りょうか」さんの素材集もみじ葉の風よりお借りしたものです。無断転載はお断りします。)
pinboke_entry

2007.11.04

鴨川を散歩してきました。

京阪の「もみじExpress」を見た帰りは、良い天気だったのでブラブラと鴨川べりを出町まで散歩して帰りました。
Jizou01
最初に、めやみ地蔵尊の「仲源寺」におまいりして、ネット仲間のやぶおさんのご病気の快癒をお祈りしてきました。
このお地蔵さまは、眼病に平癒に霊験あらたかと聞こえており、かならずやご利益があると念じております。
Kamogawa01
京都に冬の訪れを告げる北国からの使者「ゆりかもめ」が早くもやってきていました。人なつっこくて、エサを投げると手元まで寄ってきてくれます。
*
Kamogawa03
こちらは、鴨の家族?
上手に、水面に顔を突っ込んで小魚をあさっています。
*
Kamogawa02
大きなコイがいました。「目の下一尺」とはこのようなのを言うのでしょうか。
ほかにも数匹、大きいのが泳いでました。
*
Kamogawa07
和服を着て、鴨川を散策するカップル。草で見えにくいのですが、鴨川に架かる飛び石の通路を裾を気にしながら飛び歩いておられる所です(@_@;)
着物姿がめずらしいのか、外人観光客の方も写真を撮っておられました。
*
Kamogawa05
京都市指定有形文化財の「旧上電話局」。今はレストランになっています。
アーチ型の屋根が美しい洋館が鴨川に映えます。
*
Kamogawa04
歩いていると、こんな立て札に出会いました。「トンビに油揚げをさらわれる。」ということわざは良く聞きますが、本当だったんですね(笑)
*
Kamogawa06
加茂大橋下流から、北山を望んだところです。手前の茂みは、下鴨神社の糾の森。背後は雲ケ畑方面の山並みです。
見られた景色ですが、別の町に来たような美しさでした。もうすぐ紅葉に染まります。
*
pinboke_entry

2007.11.03

【京阪】もみじExpress2007運転開始

今日から、京阪の「もみじExpress」が走り出したので、一番列車を見に四条駅へ行って見ました。
地下駅で途中駅というロケーションの悪さからか、同好者はひとりもおられませんでした(笑)
ご覧のように、「臨」の丸サボに、「臨時特急 もみじExpress2007」と書かれたヘッドマークの2枚看板で、往年の1900系の臨時特急を思い出させてくれます。これで車両が3000系だったら、もっと嬉しいのですが(^^♪

このあと、11月の4・11・18・23日の午前中に3本づつ運転される予定です。さらに18日には、「源氏物語ウォーク号」も運転される予定です。
(詳しくは京阪電車のサイトへ)
*
8007_02_2
pinboke_entry

2007.11.02

【京阪】今日の一枚(緑・赤コンビ)

昨日に続いて今度は、緑・赤コンビに出会えました。狙っているときはなかなか来ずに、出会うときは、2・3日続けてGet出来るのが不思議です。
昨日の赤編成もそうですが、いつも綺麗に整備されてます。この列車にかける京阪の職員さんの思い入れが伝わってくるようです。
*
1900_25 
*
*
pinboke_entry

2007.11.01

【京阪】今日の一枚(赤・赤コンビ)

今日から11月、ぜんぜん秋らしい気配がしませんが、日に日に日脚が短くなって、一年の終わりに近づいているのを教えてくれます。

今日の帰宅時は、ひさしぶりに赤・赤コンビに出会えました。この時間帯をねらって駅まで急ぎ足で歩いたかいがありました。

出町柳駅には、菊の鉢植えともみじ便りも置かれて、晩秋を告げています。
*
1900_23a_2 
*
*
pinboke_entry

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ