« 【本】五番町夕霧楼 | トップページ | 【京阪】1900系の50周年HM外される »

2008.01.06

上賀茂神社までお散歩

冬休み最後のお散歩は、上賀茂神社にしました。この道は学生時代は通学路で、今も四季折々の自然を楽しみに出かけています。

まずは、松ヶ崎大黒天様にお参り。大黒様のお使いはネズミなので子年のは当たり年です。南向きの石垣には、早くもカタバミの花が赤い可憐な花を咲かせていました。ここだけは春のようです。

深泥が池では、すごい機材を揃えて野鳥を撮影されているひとを見ました。手持ちで300㎜以上の超望遠レンズを操っておられました。負けた(笑)

カキツバタで有名な太田神社は、お参りの人もなく閑散としています。お正月なので本殿の内陣まで入れていただきました。神殿から参道に向かってカメラを向けるのは不思議な雰囲気です。     
           
Kimigamo01
上賀茂神社は、さすがに大勢のお参りです。観光バスもひっきりなしに出入りし、駐車場も満車です。
馬場では、近所の子供たちが凧を揚げていました。洋凧ですが、このお正月でたこ揚げをはじめてみました。子供が凧を買って欲しいと言いますが、近くの店では見かけません。どこで売っているのでしょうか。

参拝を済ませて、違う道から戻ることにしました。途中で「すぐき漬け」のレトロなポスターを発見。すこし前までは、このようなかっこうをしたおばあさんが、野菜や漬物を売りに来ていましたが、さいきんはほとんど見かけません。
道々、すぐきを漬けているところがないか気をつけてみていたのですが、途中ですぐきカブラを満載したトラックが農協の集荷場へ走っていくのとすれ違っただけでついに見つかりませんでした。
農家の庭先には、天秤棒や漬物石が放置してあるところもありましたが、今は、家々で作らずに、農協の作業場で大量生産しているのでしょうね。
観光客のみやげもの用に作るにはこうするしか間に合わないのはわかりますが、ここでも、伝統が失われていくようで、ちょっと残念です。
Kimigamo02
さて、これをアップしたらスーツにネクタイを確認して、明日からの仕事に備えなくっちゃ(^^ゞ
pinboke_entry

« 【本】五番町夕霧楼 | トップページ | 【京阪】1900系の50周年HM外される »

コメント

 毎度品格のある風景を見させて頂き、ため息が出ます^^。
 さて京阪のニュース記事ご覧になりましたか?
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080106/biz0801062111003-n1.htm

こんにちは。
京阪のニュースは知りませんでした。産経新聞のサイトのようですが、私の見れる京都、朝日、日経の各紙と京阪の広報ページも見に行きましたが見つかりませんでした。

初三郎氏の原画を京都市内の古書店で見かけたことがあるのですが、高くて手が出ません(^^ゞ
複製を千円で売っているのでそれで我慢してます。

 お問い合わせの富士急の記念キップの件、ご報告します。
 1986年8月30日発行で創立60周年記念乗車券が出ています。値段は2000円!素材は甲斐絹織、寸法が36cm×27.5cmとなっています。
 ちなみに50周年記念を持っていますが、同じ甲斐絹織です。券面が1000円で当時にすればかなり高いのですが、60周年のそれはバブリーですよね^^。

りばてぃさま

さっそく調べていただきましてありがとうございます。やっぱり絹織物でしたか。
2000円もしたんですね。当時は全線乗っても片道1000円はしなかったでしょうから、何区間分かセットになっていたかもしれませんね。

この切符を買いだしにいった日のことはよく覚えていますが、現物はどこへやってしまったのでしょう。変わった素材や形の切符は保管に苦労します(笑)

オークションにでも出て来るのを気長に待ちます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂神社までお散歩:

« 【本】五番町夕霧楼 | トップページ | 【京阪】1900系の50周年HM外される »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ