« 西国街道山崎宿(1) | トップページ | 【叡電】今日の一枚(三宅八幡付近) »

2008.02.24

西国街道山崎宿(2)

続いて、駅前からサントリー前踏切の間のめぼしい旧家の写真です。一部個人情報は、消してあります。画像をクリックするとすこし拡大します。
*
Yama_kaido05
西国街道沿いの阪急・JR沿線でよく見かけるタイプのお宅です。阪急桂駅ちかくや、長岡京大極殿跡のさんぽコースでも散見します。屋根の煙だし兼用の明り取り窓が印象的です。
*
Yama_kaido06
二階が土壁で塗り固められて、申し訳に明り取りの虫籠窓が付けられています。一階の紅柄まども細かい桟が入って、中を見られない(本当は中から外を見ない)ようになっています。
玄関の土間の青竹の車止めもこの家の主の心使いを感じさせます。
*
Yama_kaido07
上のお宅の向かいにある旧家。白壁に立派な門、どっしりとした母屋、蔵もあります。この宿場の宿役人のお宅だったのでしょうか? 今なら駅長事務室(^^ゞ
門前の石碑は芭蕉の句碑です。
*
Yama_kaido08

句碑は「ありがたき姿おがまむ杜若 芭蕉」と彫られています。
手元の「奥の細道」の資料集によれば、貞享五年春、伊賀に帰郷していた芭蕉翁は、吉野から高野山、和歌浦、大阪を経て京に上りました。その途上、山崎の宿で、俳諧の祖とされる「山崎宗鑑の屋敷跡」を訪れてこの句を読んだそうです。

このあと中仙道を通って、信州から江戸に戻ります。この帰郷の旅は「笈の小文」に、信州の旅は「更級紀行」にまとめられます。そして、翌元禄二年に「奥の細道」のたびに出発します。

金福寺のところでも書きましたが、旧街道をあるくとそこここで、芭蕉翁の足跡に出会います。新幹線と高速道路での移動ばかりになった現代の旅行事情を見て、芭蕉翁は、どんな句を読まれるでしょうか。
*

Yama_kaido12 Yama_kaido13
サントリーの山崎工場前にある地蔵堂とその脇のりっぱな石碑です。
サントリーカーブを走る電車を写す人や、ウィスキーの試飲を楽しみに来たひとの目には入らないかもしれませんが(笑)
*
pinboke_entry

« 西国街道山崎宿(1) | トップページ | 【叡電】今日の一枚(三宅八幡付近) »

コメント

ごぶさたしてます。

この山崎界隈は,「あかつき」や新幹線などで,ちょっと見るだけでも,趣があるところだな,と思っていたので,沿線の様子がわかり興味深かったです。

この辺は,農地も残るなど,うまく市街地にならずにすんでいるのが不思議です。

これからも「鉄撮影地」の近辺の趣ある風景を楽しみにしています。

西海鉄男さん、こんにちは。

ここは、鹿児島線なら「東郷-赤間」とか「千早―箱崎(多々良川鉄橋)」とか「海老津~遠賀川」といった有名撮影地です。

最近はだいぶん家も立ってきましたが、まだまだ緑も多くて電車を写すには最適です。列車本数も多くて数を稼げます。ただ、どうしてもアングルが決まってしまうので、誰が撮っても同じような絵葉書写真になるのが難点ですが(^^ゞ
本当は足でポイントを探すべきでしょうが、記録目的なのでご勘弁を

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西国街道山崎宿(2):

« 西国街道山崎宿(1) | トップページ | 【叡電】今日の一枚(三宅八幡付近) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ