« 【鞍馬山】ケーブル、故障で運休 | トップページ | 「さよなら」と「こんにちは」 »

2008.03.11

産業考古物

先週末に山崎と新幹線撮影に出歩いた途中に、いくつか産業考古物に出会えましたのでお伝えします。
*
Kokutetu01
まずは、山崎駅前商店街で見つけた「国鉄」の文字。国鉄時代からの「鉄」の聖地のひとつだけに、貴重です(^^ゞ
*
Kitazawa01
網干駅前のモータープールに保存されている、北沢産業専用線の入換動車。ここも国鉄改革のあおりで貨物輸送が縮小されたときに、別府鉄道などとともに廃線に追い込まれました。最初、「北沢産業」と書かれた駐車場の看板を見て、「なつかしいなぁ」と思ったのですが、同行の辛子真緑さまから「機関車が残っている」といわれてびっくり。さっそく写してきました。
さらに驚いたことに、駅前から数百メートルのところに、まだ専用線のレールがそのまま残っているのです。車の中から一瞬見ただけで写真は撮れませんでしたが、廃線からすでに20年が経つのに2度びっくりでした。
*
Ako01
これも車のなかから写したものですが、旧赤穂鉄道の「根木駅」跡です。今は公園になっています。よくみると国道に併走して、廃線跡らしきあやしい細道が田んぼの中を走っているのがわかります。こちらは廃止からすでに半世紀以上経つのですが、地元の鉄道に対する思い入れを見るようです。
*
Simotui01
*
Simotui02
最後は、岡山県の備前市のドライブインに保存されている下津井電鉄の客車です。このドライブインが下電の系列会社の経営なのでここに置かれているようです。
客車の横の壁のようなものは、新幹線の高架橋です。

他にも、最近、駅や車両の公開が決まった「姫路市営モノレール」の廃線跡が姫路駅の高架化の影響で一部分断されてますが、山陽線の前後に残っているのや、おなじく高架化で路線変更した山陽電鉄の旧線路敷きを車窓から見ることができました。
*
さて、肝心の「新幹線」の写真ですが、現在編集中です。今週末には公開しますので乞うご期待(^^♪
*
pinboke_entry

« 【鞍馬山】ケーブル、故障で運休 | トップページ | 「さよなら」と「こんにちは」 »

コメント

 廃線跡の散策はなかなか足が向きませんが、保存車両はぼちぼち巡っています。人知れず解体されていくものも多く、見られるうちに出来るだけ多く見ておきたいものです。

こんにちは。
宮脇俊三氏の「廃線跡を歩く」のシリーズが出てから廃線訪問もかなりポピュラーな鉄道趣味のジャンルとして認知されるようになりましたが、私が学生や若手サラリーマンの頃は、「廃線跡」といっても、「何それぇ???」って感じでしたよね。

今はネットで、「○○鉄道」とか入れると、写真や地図がぞろぞろと出て来て、情報を仕入れるのもも楽になりました。

>>見られるうちに出来るだけ多く見ておきたいものです。

やっとの思いで現地へ着いて、すでに遺跡は再開発された後・・・・・ が、一番悲しいです

なかっちょさま
とうとう今日でサイトが閉鎖することになりました
素材をご利用いただきありがとうございました
先日心ばかりのお礼の気持ちとして 素材をメールでお送りしたのですが到着していませんでしょうか ひょっとしてアドレスが間違っていたのではないかと心配になり書き込みをさせていただきました
本当に今までありがとうございました

りょうかさん、こんにちは。

短い間でしたが、お世話になりました。
送っていただいた素材は、無事に届いています。ありがとうございました。
このブログやHPの各ページに使わせていただいている素材は、これからも大事にしていきます。

また、お目にかかれる日がきましたら連絡してくださいね。それまでしばらくさようならです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産業考古物:

« 【鞍馬山】ケーブル、故障で運休 | トップページ | 「さよなら」と「こんにちは」 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ