« 大井川鉄道へ行ってきました。 | トップページ | 大井川こぼれ話(2) がけ崩れと鉄橋歩き »

2008.04.28

大井川こぼれ話(1) 紙ワム 3170レ

大井川のアルバムをまとめるまで、あまり本題と関係のないこぼれ話でお付き合いを(^^♪

土曜日に、大井川へ向かうために京都駅を新幹線で発車した直後(6:23発)、在来線の鴨川鉄橋をEF66に引かれた
ブルーのワム80000系10数両編成の列車が東に走っていくのが目に入りました。

同じような列車を去年の秋と今年の3月末に名古屋に行った時も朝9時頃に稲沢貨物線で待機中なのを見かけて「
青ワムの基地は稲沢か?いつか写してみたいなぁ。」と思ってたので、このときは、「あっ、紙ワムだ。こんな時間に京都駅を通るのか。今の時期なら楽に撮れるな。」と、考えてました。もちろん大井川の撮影中はもちろん忘れてましたけど(^^ゞ

それが、大井川から戻りの金谷駅で下り列車を待っていると(17:10頃)、とつぜん前面に
黄帯の警戒色を入れ、側面にはデッカイ「JR」のロゴの入ったEF65(1059号機?)に引かれた上り青ワムにやってきました。ちょうど二日間の撮影会を終えて荷物をしまったところで、カメラを取り出すいとまもなく、通り過ぎられてしまいました(泣) 

調べるとこの
青ワム列車は、3170列車といい、富士市付近の製紙工場で作られた紙製品を関西へ運ぶ列車で、下り3171列車と対になっているようです。
京都駅でも早朝に見られることはわかりましたが、金谷駅で撮り逃がした魚は大きいです。疲れててもカメラは常にスタンバイしとかないとダメですね(^_^.)
(続く)

*
*

3840_6 3835_5
イラスト By moko
*
*
pinboke_entry

« 大井川鉄道へ行ってきました。 | トップページ | 大井川こぼれ話(2) がけ崩れと鉄橋歩き »

コメント

 私は山形鶴岡に行って来ましたが、時間的余裕がなく貨物列車を捉えることは出来ませんでした。
 新潟からの特急いなほに乗っていると、途中駅の中線で退避する貨物と何本も出会いました。今度は貨物時刻表を携えて狙いに行って見たいと思っています。

こんにちは。
今回は大井川に絞っていたのと行き帰りが新幹線なので、在来線の動きは盲点でした。
「貨物時刻表」も必携のようですね。

とりあえず京都駅の通過時刻はわかったので、GW中に早起きして行って見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川こぼれ話(1) 紙ワム 3170レ:

« 大井川鉄道へ行ってきました。 | トップページ | 大井川こぼれ話(2) がけ崩れと鉄橋歩き »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ