« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月に作成された記事

2008.04.30

大井川こぼれ話(2) がけ崩れと鉄橋歩き

井川線沿線も道路の改良が進み、接阻峡温泉付近までは楽に来られますが、ここからの旧道はかなり荒れています。ゆっくり進んでいくと突然、側面が崩落して道に岩が転げ落ちているところに出くわしました。

降りて調べると石を除けるとなんとか通れそうです。それで3人がかりで道普請をする羽目に(^^ゞ
温泉地なので鉄分や硫黄分を含んだ赤茶けたもろい土質です。やっと2・3個石を除けて、そろそろと車を通過させました。素手でつかんだので手のひらも黄色くなりました。
車を動かしてからも、石を除けていると、ドライバー役の網干屋さんに、「こんな危険地帯は、はやく通過するのが常識だ!!」とえらく怒られてしまいました(^^)

展望台で鉄橋をそろそろ走る列車を写して、長島ダム湖まで戻ってきました。ここにはダム湖上に浮かんだような、その名も「奥大井湖上駅」があります。
「鉄子の旅」の秘境駅の雰囲気を楽しもうとゆっくりしていると、またもや「クズグズしてると、次の列車に間に合わないぞ!!」とリーダーが遠くで怒鳴る声が・・・・・

ダム湖上の金網貼りの鉄橋を駆け抜け(雨で滑りやすくて怖かった)、非常階段のような鉄階段でダム湖の側壁の山を登り、やっぱりヌカるんだハイキングコースを駆け下り(すべって転びそうになりました) 足がガクガクです。

結局、井川線の列車のスピードが非常に遅くて走るほどもなかったんですけど(笑)
(続く)

*

Okuoi_stn01 *
pinboke_entry

2008.04.28

大井川こぼれ話(1) 紙ワム 3170レ

大井川のアルバムをまとめるまで、あまり本題と関係のないこぼれ話でお付き合いを(^^♪

土曜日に、大井川へ向かうために京都駅を新幹線で発車した直後(6:23発)、在来線の鴨川鉄橋をEF66に引かれた
ブルーのワム80000系10数両編成の列車が東に走っていくのが目に入りました。

同じような列車を去年の秋と今年の3月末に名古屋に行った時も朝9時頃に稲沢貨物線で待機中なのを見かけて「
青ワムの基地は稲沢か?いつか写してみたいなぁ。」と思ってたので、このときは、「あっ、紙ワムだ。こんな時間に京都駅を通るのか。今の時期なら楽に撮れるな。」と、考えてました。もちろん大井川の撮影中はもちろん忘れてましたけど(^^ゞ

それが、大井川から戻りの金谷駅で下り列車を待っていると(17:10頃)、とつぜん前面に
黄帯の警戒色を入れ、側面にはデッカイ「JR」のロゴの入ったEF65(1059号機?)に引かれた上り青ワムにやってきました。ちょうど二日間の撮影会を終えて荷物をしまったところで、カメラを取り出すいとまもなく、通り過ぎられてしまいました(泣) 

調べるとこの
青ワム列車は、3170列車といい、富士市付近の製紙工場で作られた紙製品を関西へ運ぶ列車で、下り3171列車と対になっているようです。
京都駅でも早朝に見られることはわかりましたが、金谷駅で撮り逃がした魚は大きいです。疲れててもカメラは常にスタンバイしとかないとダメですね(^_^.)
(続く)

*
*

3840_6 3835_5
イラスト By moko
*
*
pinboke_entry

2008.04.27

大井川鉄道へ行ってきました。

辛子真緑さま、網干屋さま、やぶおさまのご案内で、10数年ぶりに大井川鉄道を訪問してきました。
一日目の午後はすこし小雨のぱらつくときもありましたが、傘をさすことも無く、二日目は初夏のような陽気の中、新茶の出揃った茶畑を走る抜けるSLと、新緑のまぶしい接阻峡をゆっくりと走るトロッコ列車を楽しんできました。

成果はのちほど我楽多写真館で公開しますが、とりあえず速報写真を載せます。
*
Oigawa200804_93
崎平-千頭間を行く、SL「かわね路」号 
Oigawa200804_94
駿河徳山駅を発車する団体専用SL列車
Oigawa200804_95
アプトいちしろ駅に到着した、アプト式機関車
Oigawa200804_96
地名駅ですれちがう京阪3000系と近鉄16000系、静岡県の山奥でふだん見慣れた電車を見かけると一瞬????になります(^^♪
Oigawa200804_97
南海電車もいます。SLと関西私鉄の並びは、新鮮でもあり不思議でもある光景です。
*
pinboke_entry

2008.04.21

【叡電】今日の一枚-山笑う

サクラの季節は終わりましたが、いよいよ野山の木々も若葉を茂らせ「山笑ふ」という季節になりました。
笑っている比叡山や鞍馬山をバックに撮影してきました。この付近は、20数年くらい前までは一面の田んぼで、いまの時期は田起こしで水田に水が張られ蛙の大合唱の中をポール電車がゴトゴトと走っていたものですが、今は背景の山々も家に隠れて撮影しづらくなっています。
*
903_16
903_17


木野駅付近
pinboke_entry

2008.04.20

【京阪】平成の大鳥瞰図Kカード(2)

図柄  名称、発行日
発行箇所、金額
080419_1 スルッとKANSAI
Kカード
平成の京阪大鳥瞰図
(浪華)
2000/04/19
出町柳駅
1000円
(3枚1組)
080419_2 スルッとKANSAI
Kカード
平成の京阪大鳥瞰図
(京都)
2000/04/19
出町柳駅
1000円
(3枚1組)
080419_3 スルッとKANSAI
Kカード
平成の京阪大鳥瞰図
(近江)
2000/04/19
出町柳駅
1000円
(3枚1組)
説明4 

line_01

link_01 link_04

【京阪】平成の大鳥瞰図Kカード

京阪の「平成の京阪大鳥瞰図」Kカードを購入してきました。
まずは、天満橋駅に展示中の原図から。
*
Chokanzu01
Chokanzu02
地下駅のコンコースに展示してあるので、モロに背景が写りこんでしまいました(^^ゞ
*
Keihan11
カードの台紙を兼ねた鳥瞰図のミニチュア屏風
Keihan12b_2
表紙
Keihan12
表紙裏の説明書
*
(カードの図柄は次ページへ)
pinboke_entry

2008.04.19

「河鍋暁斎漫画展」に行って来ました。

やっと忙しかった、年度末の仕事も一段落して、きょうは落ち着いた週末です。近所に散歩のつもりで出かけたのですが、途中で子供が「マンガミュージアム」へ行きたいと言い出したので、バスで行って来ました。

ちょうど「河鍋暁斎漫画展」をやってたので見てきました。幕末から明治の文明開化の時期に活躍した画家の風刺漫画を中心とした業績を展示しています。但し、こどもと家内は「難しそうだ」とパス。

詳しくは、博物館のHPを見てもらうとして、いままで風刺画・ポンチ絵というと一段低く見られていたような気もしますが、(これはいまの漫画・劇画でも完全に払拭されたわけではありませんが)難しい政治・経済・その他もろもろの出来事を庶民の目線に置き換えて、一般市民に教えてくれたという功績は、大いに評価されるべきと思いました。
また、暁斎は単なる挿絵漫画家ではなく、狩野派に弟子入りして修行し、風景画も美人画もこなし、漫画も念入りなスケッチとデッサンを重ね、構図を決めてなおかつヘタウマ風に崩して絵入り新聞に投稿していたこともしりました。
今まで歴史や美術史の教科書的な知識しかない私には、なかなかためになった一日でした。

今年は暁斎の没後120年に当たり、東山七条の京都国立博物館でも「河鍋暁斎」展が開かれています。こちらは、浮世絵師、狩野派絵師、風刺画家と多面な画風をものにした暁斎の作品をじっくりと鑑賞できます。あわせて足を運ばれることをお勧めします。
*
2008_spring22
展覧会とは何の関係もありませんが(もちろん館内は撮影・模写禁止ですので(^^ゞ ) 散歩途中で写した菜の花です。
*
pinboke_entry

2008.04.17

コンパクトカメラが故障

わざわざ書くほどのこともありませんが、コンパクトデジカメが故障して写せなくなりました。
郵送修理を予約したら、週末にかかるので集荷は月曜日、返送は来週末の予定とのこと。
来週末には使いたいのに痛いなぁ(~_~;)

と、云うわけでケータイで写した今日の京阪です。(北浜駅)
*

1900_50_2 
pinboke_entry

2008.04.16

【京阪】中之島線10/19開業予定発表

中之島線の開業日がに10月19日(日)と正式発表されました。
今朝方は、職場の最寄りの北浜駅でも駅員さんが総出で、パンフレットを配ってました。
2010年の開業100周年事業の目玉としての、社運を賭けたプロジェクトのひとつでしょうから、その力の入れようもわかると言うものです。

いろいろとプレス発表されていますが、やはり気になるのは、新車3000系の登場と在来車も含めた塗装変更でしょう。

どうも、特急車と新車は阪神の赤胴車、青胴車に似ているし、普通車の緑と白のツートンもどこかの路線ですでに走っているような気もするのですが(^^)
まあ、あまり奇をテラった配色にしなかったのが、京阪らしいといえば、それまでですが。

いままで、高速交通機関の便がいまいち良くなかった中之島西部地区のますますの発展を期待したいです。

ところでも新車のお披露目&試乗会はいつごろ予定されるのでしょうか?
*
7003_01
pinboke_entry

2008.04.15

フナさん歓迎「比叡山&梅小路」のお誘い

このHPともリンクさせていただいております、「道草特急」の管理人フナさまより、GWに関西を訪問されるとのメールをいただきました。

フナさまのご了解を得て、比叡山と梅小路SL館をめぐる散策会を企画いたしました。ぜひご参加ください。

日時 5月4日(日) 少雨決行 (雨天の時はコース変更する場合有り)

集合 叡電出町柳駅改札前 8時30分

コース 出町柳→(叡電)→八瀬→(ケーブル・ロープウェイ)→比叡山頂→(バスまたは徒歩)→延暦寺→(ケーブル)→坂本(昼食休憩&散策)→(バスまたは徒歩)→比叡山坂本→(JR)→京都または丹波口→(バスまたは徒歩)→梅小路SL館
17時頃 京都駅へ戻って解散。

そのあと、軽く反省会をするかもしれません(^^)

参加ご希望の方は、このブログへのコメントまたは
掲示板へのコメントまたはメールをお願いします。
当日の飛び入り大歓迎です(^^)/~~~
多数のご参加を期待しております。

*

Hieizan
 
pinboke_entry

2008.04.13

今宮神社のやすらい祭を見てきました

今日は、京都三大奇祭のひとつ今宮神社のやすらい祭を見てきました。奇祭と言われますが、花笠を先頭に、稚児行列や鬼踊りなどが続き、素朴な中にも華やかさと力強さを感じるお祭りでした。
*
Yasurai11_2
☆ 
Yasurai10_2 
このお祭りの目玉はこの花笠です。この下に入ると一年が無病息災に過ごせるとされています。
*
Yasurai04
傘の中はこんな感じです。絵巻物に出てくるお姫様にさしかける傘にそっくりですね。私たちも入れてもらって、これから暑くなる季節を無事に乗り越えられるように祈ってきました。
*
Yasurai01

Yasurai02

Yasurai03
行列は、地区別に三つの行列を組んで街中を練り歩きます。これは一組目が神社前の焼きもち屋さんの店先に到着したところです。
*
Yasurai05

Yasurai06

Yasurai07
二組目が楼門に到着しました。一組目は大勢の見物人が取り囲みましたが、二組目になるとゆっくりと写真が撮れました。事前にコースと時間を調べておいて良かったです。←ネットのありがたさを感じる時ですね(^^♪
*
Yasurai08

Yasurai09
三組目は、まだバス通りを練り歩いていました。この組は子供が中心のようで人数も少ないように見えました。
天気予報では、最初は小雨のようになっていましたが、一日曇りに薄日のさす行列には絶好の天候でした。これも神様のご加護のしるしのひとつなんでしょうね。
*
☆☆☆☆ おまけ ☆☆☆★
Yasurai12
今宮神社の近くの大徳寺の塔中寺院の瓦を塗りこんだ壁です。
鬼瓦をアクセントに使っています。

補強と装飾をかねて古瓦を練りこむのは良く見ますが、こんなのは初めてみました(@_@)
pinboke_entry

2008.04.12

【叡電】修学院車庫・宝ヶ池鉄橋大俯瞰

(前頁より続き)
ひさしぶりにお弁当をもって山登りに行こうかな(^^♪
と、云うわけで近くの松ヶ崎山に登ってきました。
この山は、京都五山の送り火のひとつ「妙法」の灯る山で、普段は手軽なハイキングコースになっています。山頂から叡電沿線を写してきました。コンデジですが、6.5倍ズームなので、銀塩換算300mm超は近づいています。
*

Syusyako08 Syusyako05

まずは、修学院車庫のようす、留置中のデオ700と走行中のデオ731が写っています。右は同じ場所の近影です。
*

901_18 811_14

これは、宝ヶ池陸橋を望んだところです。遠く八瀬のリゾートホテル(山すその赤い建物)やケーブル八瀬駅(山の中腹の桜のところ)まで写っています。
*

901_19 903_15

同じ場所の近影です。左の電車の背後の山の稜線より俯瞰しています。右は俯瞰と同じ方向で広角で比叡山を捉えています。
*

2008_spring19 2008_spring20

電車の写真ばかりでは飽きられるので(^.^) 散歩の途中に写した風景画も2枚ほど。
メタボ対策(笑)のため、歩くようにしていますが、なかなか体重って落ちませんね。気分はすぐに落ち込みますが(^^ゞ
*

pinboke_entry

【叡電】今日の一枚(修学院-宝ヶ池)

今日も上天気です。
散髪屋さんに行く途中に(笑) コンデジで数枚写してきました。
桜もソメイヨシノや山桜は散り始めてますが、八重桜はこれからが見ごろです。
(修学院駅付近にて)
*
802_04
八重桜とレンギョウの咲き乱れる向こうを、桜色の電車が通り過ぎます。
*
811_13
新緑と清流をイメージした電車もきました。これからはこの電車のシーズンですね。
*
903_14
家庭菜園の花ダイコンの白い花を揺らして、紅葉電車が鞍馬山を目指します。
鞍馬山名物「雲珠桜(うずさくら)」は、この週末から来週にかけてが見ごろでしょう。
背後の比叡山もやっと緑が萌え出してきました。山サクラと山ツツジも山腹をピンクに彩っています。
ひさしぶりにお弁当をもって山登りに行こうかな(^^♪
(続く)
*
pinboke_entry

2008.04.09

【京阪】2601Fもペイントナンバーに

今日の帰宅時に見た、19:41 発の準急に運用されていた、2601Fの編成の車番表示が、ペイントに変わっていました。検査票は確認できませんでしたが、車体が塗り替えられているようなので、最近の検査上がりのようです。
3000系に続いて、2600系がペイントNoになったのは、やはり中之島開業を期に予定されていると噂される塗装変更の準備なのでしょうか?

特急発車時に、入れ替わりに到着した7003Fも、ペイントNoになっているように見えましたが、こちらははっきり確認できませんでした。
*

2601_04
2601_05
2601_03
これは、今年の2月1日に撮影した、切り抜きプレート時代の2601です。
*
pinboke_entry

【名鉄】パノラマカー7月に12両に減少

中日新聞のウェブ版を見ると

「名鉄パノラマカーは7月のダイヤ改正時にわずか12両に減少、さらに、早ければ2009年度早々にも全廃もありうる。」

との記事が出てます。
http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2008040802001898.html?ref=rank

パノラマカーを写すのなら、夏休みまでといった悠長なことは言ってられなくなってきたようです。GWは大井川に行きたいし、関西に来られた方のお出迎えもあるし、困ったものです(^^ゞ
*
pinboke_entry

2008.04.08

「もみじ葉の風」さまの思い出

Bana1私のサイトの写真館をご訪問の方は、ページの最後にこのような、ロゴが貼ってあるのを見かけられると思います。これは、りょうかさんの素材集「もみじ葉の風」さんへのリンクを示しています。

私が、この素材集に出会ったのは、2005年の秋でした。たまたま紅葉をテーマにしたページを作っていて、それに似合う紅葉のイラストを探して、この素材集に行き着きました。

作品を拝見して、まさに「私のページを明るくしてくれるのは、このイラストたちだ。」と感じ、それ以来、四季折々のイラストをお借りしては、ページを飾らせていただいてきました。

ところが、先月の半ば、突然「サイトを閉鎖します。」との案内が飛び込んできました。管理人様のお考えですから、「こちらも残念です。」とは言えても、「止めないで下さい。」と言う訳には行きません。掲示版で、いままでのお礼を述べて、お別れしました。

閉鎖後も3月一杯くらいは、「閉鎖のお知らせ」が残っていましたが、4月になって完全にアドレスも削除されました。

もちろん、サイトが閉鎖されても、作者の著作権は残りますから、リンクを残しておりました。先日、掲示板に「リンクが切れてますが?」との問合せをいただき、なくなったサイトへのリンクを残しておくのも知らずにクリックされる方にご迷惑と思い直して、「もみじ葉の風さんは閉鎖されました。」のお知らせを乗せて、リンクは順次解除することにしました。

リンクをきってしまうと作者のりょうかさんとの思いでも途切れてしまうようで心苦しいのですが、これもネットの世界の決め事なのでしょうね。

最後の日に、「心ばかりのお礼です。」とのメールに添えて、素敵なイラストをいただきました。

りょうかさん、また落ち着かれたら、素敵なイラストでみんなを楽しませてください。それまでお借りしたイラストは大事に使わせていただきます。
*
Densya
Densyar
(C)もみじ葉の風 無断転載を禁ず 
pinboke_entry

2008.04.06

【京阪】木津川鉄橋と男山ケーブル

春休み最後の思いで作りに、京阪八幡駅前の背割堤公園の花見に行ってきました。ここは、「京阪随一」と云われた撮影ポイントでもあったのですが、高速道路の高架が出来て景色が台無しになってから、足が遠のいていたのですが、電車と花見は別と出かけてきました。
*

Yawata09 Yawata10

現地に着くと、ご覧のようにひと目千本の1.5Kmにもおよぶ桜並木です。花見客の数も半端ではないようです。おそらく何千人単位の人出でしょう。

さっそく、草原に陣取ってお弁当を食べます。ビールの酔いが回ってくると大人はひと休み、子供はさっそく水遊びです。
でも、横手の木津川鉄橋を轟音をたてて走り去る「おけいはん」は、どうしても気になります(^.^)
*

Yawata02 Yawata06

なるべく、高架橋の入らないアングルを探して、カメラを向けてみました。だんだん面白くなって、家族サービスそっちのけで線路に近づいていきました(^^ゞ
*

Yawata03 Yawata04

さすがに、300mmズームの威力は大したもので、邪魔な高架橋の下を潜り抜け、工事現場を無視して、ばっちりと被写体を捕らえてくれます。この前の名鉄ではあまり活用できませんでしたが、やっとコツがわかってきたようです。
*

Yawata07 Yawata01

花ぴんで、電車をアウトフォーカスにした、「京阪カレンダー」の図柄もまねてみました(^^ゞ 右は、春爛漫の男山に登るケーブルを捕らえたところです。
*

Yawata08
*

ついには、ケーブルで山頂へ登って大俯瞰に挑戦してきました。ここでは手持ちでは、さすがに高架橋を外してのフレーミングは無理でしたが、三脚と脚立があれば、超ト゜アップも夢ではないかもしれません(笑)

P.S.
3時間も粘ってましたがついに1900系赤の編成にはお目にかかれませんでした。休日の昼間は支線区か大阪口ローカル運用限定なのでしょうか?
*

pinboke_entry

【叡電】沿線も満開になりました

叡電沿線のさくらも、いよいよ満開になりました。
でも、紅葉の名所にくらべて、サクラの名所は以外と少ないです。電車に乗ってロケハンしても、民家の庭先や駅前に一本、二本と咲いているだけで、桜並木のところはほとんどありません。
それでも普段は気づかないサクラの木も花が咲くと一気に目立ちますね(^^♪
*

2008_spring09 2008_spring10

ケーブル八瀬駅

2008_spring12 2008_spring13_2
2008_spring11 2008_spring15

左上3枚-八瀬・比叡山口駅構内、右下3枚-宝ヶ池駅構内

2008_spring14 2008_spring16

八瀬駅の構内は、一昔前までは桜並木があって、諸先輩方の「桜とポール電車」の作品を雑誌等で見られた方も多いと思いますが、いまはホテルや老人ホームの建設に伴って桜が切られ、貧素になっています。

それでも、探すと春らしい風景を写せるところがまだたくさんありました。
「ブツブツ云わずに、趣味は足で稼げ!」 ですね(~_~;)
*

pinboke_entry

2008.04.05

大川端の夜桜見物

大阪城公園のサクラも満開になりましたので、今宵は職場の有志と造幣局の通り抜けで有名な、大川端の夜桜見物と洒落こみました。

でも、花よりビール、花より「電車」や「水上バス」(笑)の管理人ですので、動くものについ気が行ってしまいます。
酔い覚ましを装って、土手から何枚か写してきました。ただしタダでさえ暗い上に酔いも手伝って、ほとんどカメラブレでうまく写ったのは、この数枚だけですが(^^ゞ
*

Temma_sakura01 Temma_sakura02

左は、新装成った、水上バスの「天満橋港」。背後のビルは天満橋駅ビルです。
*

Img_7467_01 *
わが職場の精鋭です。
左からT部長、F主任、M嬢、S課長
 (いずれも仮名?)

下の写真の、ビルと川面の間を走る光の線は、京阪電車です。駅を出発した直後でかなりゆっくり走っていますが、コンパクトカメラでは、写しとめることは難しいです(^^)
Temma_sakura03 Temma_sakura04
Temma_sakura05 Temma_sakura06
Temma_sakura07 Temma_sakura08

いつも見慣れた、ビルと川とお城の景色も、ピンクに染まると幻想的ですね。
*

pinboke_entry

2008.04.01

【叡電】さくら満開近し

今朝は、すこし肌寒いくらいの気温でしたが、叡電沿線のサクラもいよいよ満開近しになってきました。
サクラ撮影の定点ポイント出町柳2号踏み切りで出勤前に数枚写して来ました。
*
2008_spring06
サクラ並木の横ですれ違う、赤とオレンジのきらら
2008_spring07
サクラのフレームの中を通り過ぎる、デオ722
2008_spring08
サクラを見ながら出町柳駅に到着する、イラスト電車
*
pinboke_entry

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ