« コンパクトカメラが故障 | トップページ | 【京阪】平成の大鳥瞰図Kカード »

2008.04.19

「河鍋暁斎漫画展」に行って来ました。

やっと忙しかった、年度末の仕事も一段落して、きょうは落ち着いた週末です。近所に散歩のつもりで出かけたのですが、途中で子供が「マンガミュージアム」へ行きたいと言い出したので、バスで行って来ました。

ちょうど「河鍋暁斎漫画展」をやってたので見てきました。幕末から明治の文明開化の時期に活躍した画家の風刺漫画を中心とした業績を展示しています。但し、こどもと家内は「難しそうだ」とパス。

詳しくは、博物館のHPを見てもらうとして、いままで風刺画・ポンチ絵というと一段低く見られていたような気もしますが、(これはいまの漫画・劇画でも完全に払拭されたわけではありませんが)難しい政治・経済・その他もろもろの出来事を庶民の目線に置き換えて、一般市民に教えてくれたという功績は、大いに評価されるべきと思いました。
また、暁斎は単なる挿絵漫画家ではなく、狩野派に弟子入りして修行し、風景画も美人画もこなし、漫画も念入りなスケッチとデッサンを重ね、構図を決めてなおかつヘタウマ風に崩して絵入り新聞に投稿していたこともしりました。
今まで歴史や美術史の教科書的な知識しかない私には、なかなかためになった一日でした。

今年は暁斎の没後120年に当たり、東山七条の京都国立博物館でも「河鍋暁斎」展が開かれています。こちらは、浮世絵師、狩野派絵師、風刺画家と多面な画風をものにした暁斎の作品をじっくりと鑑賞できます。あわせて足を運ばれることをお勧めします。
*
2008_spring22
展覧会とは何の関係もありませんが(もちろん館内は撮影・模写禁止ですので(^^ゞ ) 散歩途中で写した菜の花です。
*
pinboke_entry

« コンパクトカメラが故障 | トップページ | 【京阪】平成の大鳥瞰図Kカード »

コメント

 コンパクトカメラが故障中ということは、散歩にも一眼レフがお供だったのですね。菜の花の写真、いいですね。
 私も週末は出来るだけ使おうと思っていますが、子供の相手やら天気の関係やらでコンパクトの手軽さに甘んじております。

りばてぃさん、こんにちは。

最近のデジカメは、軽くて一眼レフでもぜんぜん荷物になりません。
鴨川の土手は、桜が終わって一面の菜の花畑になっています。相変わらず、花と水面と水鳥をファインダーに収めようと頑張っておられるアマチュアカメラマンの姿が多く見られました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「河鍋暁斎漫画展」に行って来ました。:

« コンパクトカメラが故障 | トップページ | 【京阪】平成の大鳥瞰図Kカード »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ