« 大井川こぼれ話(3) 千頭のたばこ屋さん | トップページ | 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 »

2008.05.02

大井川こぼれ話(4) 駿河徳山の骨董喫茶

2日目の2本目のSL列車は私が「駅の発車シーンを撮りたい。」といったので、駿河徳山駅に回ってもらいました。
まず駅で入場券を買って、列車の運行状況を確かめると駅員さんいわく「次は1時ちょうどの発車。」とのこと。そうすると12時18分発はウヤ?? それならこんなところには長居は無用と駅を出ようとすると、「やっぱり18分は走るよ。」との声が(^^ゞ
ほっとして、駅前の踏み切りに回ります。踏切脇の学習塾の前で花壇を手入れされているおばさんとお話して、いろいろと撮影ポイントを教えてもらったりしているうちに到着時刻に。サツキの植え込みとからめて良い写真が撮れました。
*

C11_06a

次の発車までに食事をしようと、駅前のまたまた昭和で止まったような商店街を歩いて目に付いた「あんず」という喫茶店風の店に入りました。それぞれ注文すると女将さんが「食事が出来るまでうちのコレクションを見ていってください。」と言われて店の奥を見ると、なんと骨董屋さんになってます。なつかしの昭和の名品がいっぱい並んでます。
大井川鉄道関係では、大井川鉄道のご当地ソングのレコード(歌っているのはなんとダークダックスのみなさんです。)から徳山駅の記念入場券一束(百枚位)、さらに電車の運転室の乗員員扉まであります。
BGMで60~70年代の名曲が流れてきて、またまたお茶の里から学生時代の喫茶店にタイムスリップです。聞くとテレビのロケ隊がやってきて、ふるい芸能人関係のグッズを買いあさって行くことがあるそうです。私は、大きなものは荷物になって持てないのでEP版を2枚(下のジャケット)だけ買いこみました。
「ご飯ができましたよ。」との声で我に返ると、静岡おでん定食が湯気を立ててます。出汁が真っ黒と聞いてましたが、おでん種や出汁の味は関西とあまり変わりません。(京都から来たと言ったので関西風のダシにしてくれたのかも?)でも、青海苔と魚粉をかけて食べるところがかわってます。コクがあって美味しかったです。食べてる途中にSLの通過時間になったのですが、雰囲気が良すぎてパスしちゃいました(^_^.)
同行の辛子真緑さんだけは、さすがにSL命(笑)で飛び出していきました。女将さんも「よく時計を見て中座するお客さんは多いですよ。」と、笑ってました。

食事の後に、「徳山光林堂」という和菓子屋さんでお土産を買ったのですが、入る前に「ここでも話し込んでお茶なんか出てくるかも(^^ゞ」と、言っていると本当にSLの撮影地から山登りの話、世間話と長くなって本当にお茶をいただいてしまいました(^^♪

SLの復活運転が始まって30年以上、SLは沿線のみなさんに愛されていることが良くわかってうれしかったです。
(続く)
*

Record01   Record02
 Tokuyama01
名物「抹茶羊羹」
pinboke_entry

« 大井川こぼれ話(3) 千頭のたばこ屋さん | トップページ | 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 »

コメント

 撮影そのものよりも、地元の方たちとの四方山話のほうが記憶に残るのでしょうね。楽しそうだなぁ^^。

こんにちは。

実は、大井川へ行くまでは、「SLと言っても所詮は観光客向け、遊園地の豆汽車と大差ないわい。」とも思ってました。

現地に行くとたしかに本物のSLは迫力がありますが、それよりも地元のひとは話し好きで、愛想がよくて、観光客にも、カメラマンにも親切でと、非常に印象が良かったです。

こちらもただ写真を撮るだけでは申し訳ないので、一駅だけでも切符を買って電車に乗ろう。記念切符を買おう。地元産のお土産も買ってあげよう。駅前食堂も利用しよう。そして話しかけて盛り上がって、情報交換して、思い出を作ろう。
と、云う気になります。

大井川鉄道に通い詰めるひとの話は良く聞きますが、けっしてSLだけの魅力ではここまで熱くなれないと思ってました。やっぱり人情という引力がファンを何度もひきつけるようです。

わたしもすでに夏休みの再訪を密かに誓っているところです(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川こぼれ話(4) 駿河徳山の骨董喫茶:

» 新緑の大井川鐵道へ行ってきました。平成弐拾年卯月廿七日(日)赤口 [蟲と鐵と本たちと]
新緑の大井川鐵道へ行ってきました。その13食事は何処で摂ろうか・・・となったのですが、メインストリートにあるあんずというお店へ。実は昨夜前を通ったのですが、まさか喫茶店とは思いませんでした。何故なら、喫茶と合体した『骨董品店』があり、ついそちらが目を引...... [続きを読む]

« 大井川こぼれ話(3) 千頭のたばこ屋さん | トップページ | 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ