« 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 | トップページ | 比叡山と梅小路に行ってきました(1) »

2008.05.03

【叡電】流し撮りの練習

今日からのGW後半は、叡電も休日特別ダイヤで運行され、昼間の列車本数がかなり増えます。
それで、流し撮りの練習に定点撮影ポイントに行ってきました。恥ずかしながら今まで流し撮りをやったことがなく、3月末に名鉄に行ったときも我流で流して大失敗しました。
それで、本を読んだりネットのテクニック集を見たりしてあるていど勉強し今朝がた実践編に行ってきました。

成果は一時間ほどいて上下10数本撮影して、ネットで見せされるほどのものが下の数枚程度です(恥)

815_13_2  722_03

(左) デオ815+816 1/45",F22 ISO200
(右) デオ722      1/45",F22,ISO200 

901_21 711_14

(左) デオ901+902 1/30",F22,ISO200
(右) デオ711           1/60",F27,ISO200

斜め前からの流しは比較的簡単にマスターできるようですが、真横・真正面はタイミングやシャッター速度の選択にかなりコツがいるようです。田舎電車も流すとかなりな高速で走っているように見えますが、実際は最高速度70Km/h,実際の速度は60Km/h程度です。

ある程度練習して、高速電車や新幹線にも挑戦したいです。
*

pinboke_entry

« 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 | トップページ | 比叡山と梅小路に行ってきました(1) »

コメント

 デジタルになったので、沢山練習しても懐が痛まないで済みますよね^^。
 真横は、縦ブレを無くすのが難しく、私も上手く行くことは滅多にありません。
 プロはズーミングで流したりしますから、奥は深いんですよねぇ。

こんにちは。
流し撮りの面白さがわかると、やたらと流したくなるんですね。
それで、4日の朝早く、散策会の集合前に京都駅へ腕試しに行って見ましが、GWでお目当ての貨物列車はほとんど計画運休でやってこずガッカリでした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】流し撮りの練習:

« 大井川こぼれ話(5) ガッカリ撮影地 | トップページ | 比叡山と梅小路に行ってきました(1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ