« 【叡電】今日の叡電-水鏡 | トップページ | デジタル一眼一周年 »

2008.05.20

ビニールコーナー

デジタル化の進展で、どんどん新しい商品やサービスが生まれていますが、引き換えに消えていくものもあります。
例えば、このビニールコーナーも絶滅危惧種のひとつかもしれません。ネガフィルムの場合、現像・焼付けという手段をとらないと写した映像を鑑賞することが出来ません。そして、プリントした写真は、アルバムなどに貼って保存するのが一般的でした。

糊つき台紙のアルバムは作業が楽ですが、あとで写真を剥がしたり貼りかえたりが不便になります。そこでこのビニールコーナーが重宝されてきました。
*
Img_9597
わたしは、写真より記念切符や施設の入場券などの紙製品のコレクション用に愛用しているのですが、やはり取り扱っている文房具店が減って、入手に苦労しています。
会社の近くの文房具店のアルバムコーナーにはいつも常備されているのですが、きょう買いに行くと、店内が模様替えされてアルバムコーナーが縮小されています。ビニールコーナーもいつもの場所に無くて焦りましたが、なんとか見つけて10個まとめ買いしてきました。

とりあえず、向こう一年分くらいの在庫は確保しましたが、この先写真アルバム、ネガシートなどとともに、フィルムカメラ関係の商品は急速に店頭から消えてしまいそうで心配です。
*
pinboke_entry

« 【叡電】今日の叡電-水鏡 | トップページ | デジタル一眼一周年 »

コメント

なかっちょさん、こんばんは。
同じようなことやっておられるんですねー。
私も10年以上前に文具店で取り寄せしてストックしています。
切符やパンフ用に使ってますが、あと2箱で終了です。

 私は記念切符を収納するクリアファイルを通販で纏め買いをしました。
 B4版を愛用しているのですが、近所の文房具屋は潰れるし、大きなところに行ってもB版商品は少ないのが実情。販売元のホームページでようやく手に入れましたが、今後もこの商品で統一していけるかどうか心配です^^;)

ヤマさんへ

10年以上前の取り寄せですか。あまり長く置いておくと、
裏ノリが劣化しませんか?

りばてぃさんへ

そういえば、B版の商品も急に姿を消してますね。官公庁の書類もA版に統一されたのが大きいようです。
A4判とB5判どちらも一長一短があって決めかねています

経年変化ですが、購入当初に比べれば借款の粘着力低下のような気はしますが、ベタつくこともなく変色もなく、わりと良い状態で長持ちしてますよ。ちなみにナカバヤシのア-PC-20という型番です。

すいません。借款ではなく若干でした。失礼しました。m(_ _)m

デジタルといっても、パソコン上で見ることでもしない限り、アルバムは必要なんだとおもうのですが。
むしろフエルアルバムの普及で、面倒臭いコーナーの使用が減っていたのは遠く80年代のことだと思うのです。回数券や乗換券を学園祭で展示するのにコーナーを買ったのが92年のことですが、そのころでも入手困難でした。
こっちもスライドファイルを買いだめしなきゃいけません。

コンパクトも一眼も、あれだけデジタルカメラは売れているのに、カメラ屋は元気がないのでしょうか。

町のDPE店はやはり苦しいようですね。スーパーの中などの出店もどんどん閉めてますし。
ケータイにしろ、コンデジにしろ、撮りっぱなしでプリントしないひとはやはり増えているのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビニールコーナー:

« 【叡電】今日の叡電-水鏡 | トップページ | デジタル一眼一周年 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ