« 父の日 | トップページ | 【京阪】3000系Final Run »

2008.06.17

【叡電】初夏の花シリーズ(2)

初夏の花シリーズの続きです。No.1と同じく一乗寺-修学院間で撮影です。
*

724_09 712_11

(左) ムラサキ色の花を揺らして、電車がすれ違います。デオ801+851とデオ724(手前)
(右) 駅の柵越しですが、アジサイともみじ電車の出会いです。 デオ712
*

801_08 ここにも鉄仙がムラサキの花を咲かせています。デオ801(左)、デオ711(右)
711_15

叡電の沿線は意外とお花畑になっているようなところは少ないです。近所の人が鉢植えやミニ花壇で育てられているのがほとんどです。線路際はたいてい柵があるので、アングルが限られるのが難点です。
*

Imgp4473 Imgp4476

一枚目の写真の花です。←花の名前がわかりません。教えて<m(__)m>

線路内に咲くアジサイ。鉄分がかなり多いので(笑)濃いムラサキになってます。これも柵が邪魔して電車とからめて撮れず(T_T)

次回は、京阪大津線と草花の取り合わせを予定しています。
*

pinboke_entry

« 父の日 | トップページ | 【京阪】3000系Final Run »

コメント

こんにちは

推定されているように、テッセン(クレマチス)の仲間と思います。ハデな色なのでトケイソウかと思ってしまいました。花びらが大きく数が少ないですがやはりクレマチスのようです。
春日井園芸センターのHPを開くとクレマチスが沢山載っていました。早咲き大輪種の錦ではないでしょうか。
こんなに数が多いのですね。びっくりしました。

Eさん、こんばんは。
そっさくのお答えをありがとうございます。やっぱりテッセン(クレマチス)の一種ですか。蔓草なので、そうではないかと思ってたのですが、テッセンにもいろんな園芸種があるんですね。花屋さんのHPを見てびっくりしました。

それと「テッセン」の名前は「鉄線」そのもので針金のように強い蔓を伸ばして増えていくところから付けられたとは知りませんでした。「鉄仙」や「鉄扇」と書くのは佳字を当てているのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(2):

« 父の日 | トップページ | 【京阪】3000系Final Run »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ