« 本館が70,000ヒットを達成しました。 | トップページ | 膳所の旧東海道を歩いてきました »

2008.06.14

【叡電】初夏の花シリーズ(1)

初夏のこの時期は、叡電沿線にもいろいろな草花が見られます。多くは線路際の民家の方が育てられているものですが、よいアクセントになります。
ただ、電車とあわせて写しやすいように植えられているわけではないので、アングルに苦労します(笑)
4枚とも修学院-一乗寺間にて 2008.06.01 撮影
**

811_15 722_06

(左) 何という花か知らないのですが、真っ赤な金魚のような花が初夏の季節に似合っています。
※この花の名は「サルビア・コッキネア」だそうです。コメントいただいたEさん、いつもありがとうございます。
(右) 金魚の左隣には、なぜか石灯籠が並んでいます。昔は石屋さんがあったのでしょうか?
*

903_21 731_08

(左) 金魚草の右隣は、つゆ草とナデシコが咲いていました。どちらも夏を代表する草花ですね。
(右) 線路の向こう側の公園には、額アジサイが小さな花をいっぱい咲かせていました。この付近は背後のマンションとの電車の傾きからみてわかるように、かなり急勾配(25‰)です。
*

pinboke_entry

« 本館が70,000ヒットを達成しました。 | トップページ | 膳所の旧東海道を歩いてきました »

コメント

こんにちは
自宅に地面のある人はいろいろな植物を楽しめていいですね。
ところで、金魚の様な花はサルビアの仲間と思います。サルビアは園芸品種が多く難しいのですが、ネットで調べるとサルビア・コッキネアという品種のようです。
 重ねて、失礼ですが静原の里の石垣の花はマツバギクです。
 鉄よりも花にうるさいEです。大変失礼しました。

Eさん、こんにちは。

電車ではなくて、「花」にコメントが付くとは思ってもみませんでした(笑)
私は、園芸のほうには詳しくないので、ポピュラーな花以外は、「きれいだなぁ」と思って写真に撮っても、名前がわからないことが多いです。花の色や形からネットで調べることが多いのですが、今回は調べてません(^^ゞ

まだ、他にもの写真をアップしたいと思ってますので「鑑定」のほどよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(1):

« 本館が70,000ヒットを達成しました。 | トップページ | 膳所の旧東海道を歩いてきました »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ