« 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 | トップページ | 【JR西・近鉄】Jスルーカードの発売停止へ »

2008.07.15

【叡電】真夏の花シリーズ(1)

祇園祭がはじまると「京都は真夏」ということになってますので、花と叡電シリーズも「真夏」編に行き先変更します(笑)
すべて出町柳-元田中間 (2008/07/13 a.m)*
*
901_29
このムクゲの花は、電車に触れるくらい枝を伸ばして今が盛りに咲いているのを通勤電車の窓から眺めていたのですが、今日行ってみると、バッサリ枝を切られて花が少なくなっていました。一足遅かった(~_~)
*
722_09
それでも、うっそうと咲いていて線路端に存在感を出しています。
ところで、このムクゲの木はアオイ科フヨウ属に分類される植物で、ハイビスカスやタチアオイ、フヨウなどとも親類なのだそうです。そういえば花が似てますが、一年草と灌木になる花が仲間とはちょっと意外ですね。
ちなみに、オクラもアオイ科の仲間だそうです。
*
721_06
こちらは、前回にEさんから名前を教えてもらった「ヘクソカズラ」です。その名のとおり芳しい(笑)香りを漂わせて、垣根から線路を覆いつくしそうになってます。
「若葉」色の登場でデオ700系も新旧塗装が半々になり、京福標準色も今後希少価値が上がりそうです。
*
811_18
この朱色の雑草に見えるのは、野生化した「ヒメヒオウギズイセン」のようです。
ヒオウギとは、十二単のお姫様が持たれている、檜扇のことです。優雅な名前ですね。(下の写真参照)
*
Iougi

祇園祭の帰りに寄った京扇子屋さんの逸品です。ブログなどで値段のことも書きますが、これ一面で、一ヶ月の給料の半分が飛んでしまうくらいが最低価格だそうです。有職故実に則った特注品なら車一台くらいの値段がするものも有るそうです。
私の買った夏扇子は、18切符2・3回分くらいのチョー特価商品ですが(笑)
*

pinboke_entry

« 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 | トップページ | 【JR西・近鉄】Jスルーカードの発売停止へ »

コメント

 広田泉氏のページにも、線路脇の雑草の花を入れ込んで撮っていたら、直後に刈り取られたと書いてありました。即撮ることが大切なんだと言っておりますが、よく分かる気がします。人物を入れた写真も然り、ですよね。

廣田泉氏のブログを見てみました。
カメラ屋さんで配っている冊子の裏話だったんですね

夏草もアングルによっては邪魔でうっとおしくなったり、また夏らしさを演出してくれたり、写す人の考えでいろいろ変わります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】真夏の花シリーズ(1):

« 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 | トップページ | 【JR西・近鉄】Jスルーカードの発売停止へ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ