« 奈良を散策してきました(2) | トップページ | 奈良を散策してきました(4) »

2008.07.31

奈良を散策してきました(3)

新薬師寺をでて、春日大社に向かいました。この下禰宜道とよばれる道は、三笠山の原生林の中を通り抜ける昼なお暗いハイキングコースのような道で、途中、地元の商店の制服をきた人とすれ違った以外、だれにも合いませんでした。

それでも、春日大社の駐車場に出ると、さすがに人通りは多く、鹿もたくさん群れてえさをねだっています。お参りの人は日本人よりむしろ西洋・東洋をとわず外国から日本観光に来られている方の方が多いように見受けました。
*
Nara2008summer08

春日大社といえば、春日燈籠ですね。手前の真ん中の燈籠には「寛永三年」の文字が入っています。本物とすれば(最近は文化財保護のためのレプリカも多いので)、三代将軍徳川家光公の時代の四百年も前の作品になりますね。
*

Nara2008summer09
こちらは、拝殿の軒先につるされた燈籠。微妙に高さが違うのも逆にリズム感があっていいです。
*
Nara2008summer10
これは、楼門を出たところに並んでいる石灯篭の群れ(?)です。大きさやデザインが少しづつ違う灯篭が何十基と立っています。火袋には献火したひとの名前が書かれています。
*
Nara2008summer11
飛火野まで戻ってくると、ちょうど小鹿が灯篭から顔を出しているところに出会いました。観光ポスターのパクリ(^^ゞみたいな構図ですが、いかにも奈良らしい絵になるので、何枚か写してきました。
モデル料代わり(笑)に餌を上げたのですか、怖がって食べてくれませんでした。それでここで昼食にすることにして、餌は近くにいた大人の鹿(おそらく両親でしょう)にあげることにしたのですが・・・・・・

(続く)
pinboke_entry

« 奈良を散策してきました(2) | トップページ | 奈良を散策してきました(4) »

コメント

 最近は文化財やら世界遺産やらの維持が大変のようですね。不届き者はいつの世も存在するようです。
 小鹿、可愛いですね。鹿の数の調整はどうしているんでしょうね。ちょっと気になる^^;

こんにちは。

当局の考えでは、「公園の鹿は野生動物」ということになってますので、特に繁殖の制限とかはしてないようですね。この時期は春に生まれた小鹿があちこちで見られます。人間には興味があるようですが、まだちょっと怖くて、近寄ったりすると少し逃げます。でもまた立ち止まってこっちを見たりします。

人間のこどもも同じですが、幼児のうちが一番良いようで(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良を散策してきました(3):

« 奈良を散策してきました(2) | トップページ | 奈良を散策してきました(4) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ