« 【叡電】全国安全週間のポスター | トップページ | 【京阪】七夕伝説 »

2008.07.01

【叡電】初夏の花シリーズ(4)

この前の週末は、土曜の午後から月曜に掛けてずっと雨との予報でしたので、雨が降り出す前に、朝取りしてきました。
まずは、6月はじめにあじさいが群生しているのをみつけた市原駅に行って見ました。
*
801_09
あじさいは見事に咲き誇っていましたが、どうも駅の構内で足場が悪いです。駅前の踏切からオーソドックス構えると、あまりあじさいの花がフレームに入ってくれません。
*
801_09a
アップで写すと、あじさいが画面いっぱいになって良いのですが、代わりに桜の葉っぱが覆いかぶさってきます。しゃがむと、今度は電車の下半分が下草に隠れてしまいまうし、反対側だと、ホームが邪魔して、あじさいが見えなくなります(~_~)
*
801_09b
電車の編成全体は入りませんが、このアングルが一番無難なようです(^^♪
*
811_16
駅のすこし出町柳よりにも、額アジサイが咲いていました。ここは線路際に広い空き地があるので、好都合です。
*
901_27

この空き地はもともと市原まで複線だった時代の一線撤去跡です。今は夏草に覆われています。這いつくばってローアングルから狙ってみました。実は、夏草に臥して電車を写しているのを、ホームの高校生や大学生が奇異な目で見下ろす視線に耐えながらの撮影でした(^^) 
「あじさいと写すなら判るけど、雑草に寝転がってナニしてんの????」って声が聞こえてきそうです。
(続く)
*

pinboke_entry

« 【叡電】全国安全週間のポスター | トップページ | 【京阪】七夕伝説 »

コメント

 目で見ていると花が映えるのですが、写真にすると大したことがない・・・なかなか難しいですよね。人間の目がいかに恣意的か、改めて感じます。

あじさいは何気なく咲いているのがいいですね。
市原にこんなポイントがあるとは知りませんでした。

有名社寺に行くのは好きでは有りませんが、こういう所なら行きたくなります。

>> りばてぃさんへ

プロの広告写真なんかだと写真と実物の落差が大きくてなことは、よくありますが、アマチュアの場合は、逆に被写体がショボくてのほうが、ほとんどですね。
ここも、線路敷きに入ればもう少しよいアングルになりそうでしたが、今は鉄道用地に入るのはなのでこれを言い訳にしておきましょう。

>> なまちゃんさんへ

こんなところにあじさいが群れ咲いているとは今まで気にも留めてませんでした。旧ホーム跡を覆うように咲いています。
いちどお出でください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(4):

« 【叡電】全国安全週間のポスター | トップページ | 【京阪】七夕伝説 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ