« 【叡電】初夏の花シリーズ(5) | トップページ | サボテンの花が咲きました »

2008.07.09

【叡電】初夏の花シリーズ(6)

梅雨明けも近くなり、18切符の発売も始って、初夏の花シリーズもいよいよおしまいです。
最後は、二軒茶屋-精華大前間からお届けします。
**
811_17
このポイントは、前から目を付けてはいたのですが、民家の裏庭でどこから線路脇に出ればよいかわからなかったので(最近は、犬走りを歩く事は厳禁ですから)、写せずにいました。それでかぶりつきでロケハンしていると、一ヶ所、細い通路があって、線路に出られるところを見つけました。
庭先から伸びだしたアジサイをうまくフレーミングすると、画面の真ん中に電柱がくるのですが、木柱でもあり、すこし絞りを開けてぼかすことで、逃げてみました。

花の時期が終わったら、線路際から背後の雑木林をバックに写すと、夏らしい写真が撮れそうです。また行ってみます。
*
903_24
同じ場所で、通路から電車の走りぬける一瞬を狙ってみました。構図は決まりましたが、ピントがやや前ピンで、電車にもアジサイにも合っていないのが残念です(^^)
*
Karugamo
特別出演のカルガモ?君。駅前の小川でえさをついばんでました。たまたま前日にバードウオッチングのことを書いた雑誌の記事に「鳥は目玉にピントを合わせて写せ。」と、書いてあったので試してみました。仕上がりは尻尾のほうにピントが来てるような感じですが(^^ゞ
*
Nikenchaya01
こちらも友情出演のつる草です。錆びた鉄柵に絡みつく姿がいじらしいです。
(二軒茶屋駅構内にて)
*
pinboke_entry

« 【叡電】初夏の花シリーズ(5) | トップページ | サボテンの花が咲きました »

コメント

 花の写真シリーズを通して、いかに難しいかを感じました。実際撮って見るとプロの写真は、技術はもちろん、センスと労力が掛かっているのが良く分かりますね。
 来月には夏休みを取って関西方面にでも行きたいなぁ、と漠然と考えています^^.

こんにちは。
今まで、見向きもしなかった「草花」が非常に気になるようになってきました。
「花」と「電車」の取り合わせは難しいですね。花ピンで、後ろボカシより、うしろピンで、前ぼかしのほうが実は難しいようです。
プロ・アマを問わず、写真系のサイトや写真集をみて、いろいろと研究しています(笑)

関西に来られるのでしたら、ぜひお声を掛けてください。電車カフェ行きましょう。

こんにちは
最後の写真のつる草はヘクソカズラでしょうか。そろそろ花が咲き出していますが、白くて大変かわいい花です。名前と臭い(匂いで無く)の悪さで全く人気が無くかわいそうに思っています。

Eさん、こんにちは。
錆びた鉄柵につる草が
「八重葎しげれる宿の寂びしきに・・・・」の
風情を感じてシャッターを押しました。

最初は、むかご(ヤマノイモ)かと思っていたのですが、なかなか優雅な(笑)名の持ち主なんですね。

写真には写ってませんがつぼみも付いてました。まだにおってはおりませんでしたが(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(6):

« 【叡電】初夏の花シリーズ(5) | トップページ | サボテンの花が咲きました »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ