« SLニセコ on 1988 Summer | トップページ | 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 »

2008.07.12

【叡電&京阪】新塗装車2題

今日は、叡電のと京阪の新塗装車を2編成もゲットしました。
まずは、叡電から
*

723_06
723_06a
予ねて、入場中のデオ723号が予想通り「新緑」の塗装をまとって出場してきました。さっそく車庫へ記念撮影に行ってきました。残念ながら休日で構内立ち入りは出来ませんでしたが、ごらんのように、ホワイトクリームの地色にライトグリーンの帯をまとっています。窓周りをのぞくと「山陽こだま編成」のような感じです。

個人的には、ダークグリーンの帯の「やま」編成がいるので、「さくら-ピンクの帯」にして欲しかったのですが(~_~)
*
2270_01
続いて出町柳駅では、昨日か一昨日から走り出したばかりの2201-2270Fに出会いました。こちらはさすがにギャラリーが多かったです。

この面構え、第一印象で「メガネざる」に似ている(失礼)ような気がしたのですがいかがですか(笑)

それにしても、新8000系塗装車には、ぜんぜんお目にかからないのですけど、なんででしょうね???
*
Keihan2221 (うえの氏撮影 無断転載を禁ず)
こちらは、出町柳方の先頭車です。掲示板にうえの氏に貼っていただいたものです。貫通扉が原形のままですから、イメージが違うかも知れません。
*
pinboke_entry

« SLニセコ on 1988 Summer | トップページ | 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 »

コメント

 この塗装だと、窓周りが強調されてちょっと違和感がありますね。上半分が重たい印象ですが、結局慣れてしまうんでしょうね^^;

こんにちは。

どこか忘れましたが、JRのローカルカラーにこんな塗り分けがあったような気がします。
そのときも、「キハ40や58には似合わないなぁ。」と思ったような気がします。

でも、最近のデザインの新車がこんな塗装で登場してもあまり気にならないし、むしろ「おっ!イケテル。」と思ったりします。

スタイル(外観)とペイントには密接な関係があるようですね。

こんにちは。今日はお出かけのチャンスがあったので京阪電車を撮影してきました。
特急新塗装の8058F、一般新塗装の2221F、源氏物語紀行の7003Fに出会うことができました。
コンデジで駅撮りなんで画質良くないですが、ブログに掲載しています。

ヤマさん、こんにちは。

新塗装車もすこしねばると見られるですね。特急車なら時間が決まっているので、一度みかければ、次に出会う場所も推定できますものね。

ブログ拝見しました。イラスト電車から順法闘争を連想ですか。スト権ストや春闘も遠い昔ばなしになりました。

異端車2270号が入っている2221Fが入っている2221Fからと言うのがまた京阪らしいですが、縦長ガラスで下半分の塗装が分断されているせいか、反対側の普通顔より新塗装がまだ違和感無く見られる様に感じますが、いかがでしょうか?

モボ105さんヘ

比較のために、標準型の顔つきの出町方先頭車の写真を追加しておきました。

京阪系のファンサイトでは、「もう8000系の新塗装も見慣れてきた。」との発言も見受けられますが、毎日のように特急を利用しているのに、なぜか乗り合わせません

わざわざ有難うございます。

標準顔の画像を見た第一印象はマスクを被っている様に見えたので、パーマンに登場しているパーやんに見えました。

私の方はようやく7200系と8000系の新塗装を撮影する事が出来ましたが、まだ乗り合わせる事はできずです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電&京阪】新塗装車2題:

« SLニセコ on 1988 Summer | トップページ | 祇園祭の曳き初めに行ってきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ