« 夏休みの宿題-理科の自由研究 | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(1) »

2008.08.26

【京阪】10/19ダイヤ改正の概要発表

いよいよ、中之島線開業に伴う、新ダイヤの概要が発表になりました。
詳しくは、京阪の公式HPかおけいはん系のファンサイトを見てもらうとして
やっぱり気になる朝晩の通勤事情がどう変わるかについての感想を。

まずは、朝ラッシュ時は、現行の枚方市停車の「K特急」が、ほぼ10分間隔で運転が、「特急」淀屋橋行きと、「通勤快急行」中之島行きのそれぞれ4本になるようです。
「特急」では、樟葉止まり、「通勤快急」では、樟葉・香里園・寝屋川市が停車駅に加わる上、中之島線へ入るので会社まで300mほど遠くなります(笑)

おそらく大阪直通客は、本数の減った「特急」に集中するでしょうから、始発駅でも椅子取りゲームが熾烈かするかも、もう5分早起きしませう。
*
Demachi03
K特急は快速特急に、急行は早朝深夜のみの運転に・・・・・
*
フラップ式の行き先表示器もいよいよ見納め?
*

帰りは、「K特急」から変わる「快速特急」出町柳行きと「特急」三条行きを10分間隔で交互に運転するようですが、やはり出町柳まで乗るひとは、「快速特急」に乗りたいですが、20分毎の運転になるので、会社を出る時間を調整しなければ・・・・

と、長距離客にはあまりうれしくないダイヤ改正になりそうです。現状の枚方市までは、超混雑、樟葉以遠は空気輸送の「急行」を実質廃止して、特急(快急)と普通(準急)の2本立てダイヤに組みなおすそうとしているのでしょう。

とりあえずは、10月初旬の詳細ダイヤの発表を待ちましょう。
*

pinboke_entry

« 夏休みの宿題-理科の自由研究 | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(1) »

コメント

列車種別の名称が増えてややこしくなりそうですが、実質は時間帯別に停車駅の異なったものに、個別名称をつけたということでしょうか。出町柳・三条←→淀屋橋・中之島となって、バランス良くダイヤを組むのが難しいようですね。

まさか京阪も阪急並に種別が増えるとは思いもしませんでしたが、快速特急と言われるとどうしても三浦半島へ行く赤い電車を連想してしまいます。。。

>> ヤマさんへ
停車駅の違い毎に種別を分けるのは、運行する鉄道側にはメリットがあるのでしょうが、利用者(特にたまにしか電車に乗らない人)にはかえってわかりづらいような気がします。
まだしばらく試行錯誤が続くのでしょうか?

>> モボ105さんへ
阪急や阪神並みに種別が増えましたね。
映画の題名のような電車まで飛び出すとは思ってませんでした(^^♪

東西線開業以来、ややこしくなってゆく一方ですね。96年ごろまでは宇治線乗り換え客があったので、丹波橋まで座れないなんてこともありました。
京阪とすれば、枚方地区を相当重視しているのでしょうが、わけのわからない種別をつけだすと、傾きだしたなともいえるのでは。

阪神のように特急停車駅を準急が通過するとおしまいでしょうが。

なにわさんへ

枚方重視の姿勢はよくわかります。
京阪直通や守口付近の工場通勤客が減ったいま、枚方市内や交野線から大阪へかようお客は、京阪の最大のマーケットでしょう。

10種類になった種別にお客がとまどって、逆に混乱のもとにならないと良いのですが。

数年前家を建てるでコメントさせてもらった者です

東福寺から伏見稲荷or七条で急行に乗替えて淀屋橋まで通勤してますが、急行がなくなったら七条で特急or快速急行に乗らなければ・・・あぁ不便になるなぁ~

また淀屋橋までの定期券で大江橋でも降りれるようですが、PITAPAの区間指定では完全に別駅扱いになるようです。
PITAPAで通勤している人にはこの辺りも不便になりますね
ますます新線乗るらなさそう

みやんさんへ

お久しぶりです。もう新居はとっくに出来上がっていると思いますが、住み心地はいかがですか?

みやんさんも京阪ユーザーですか。淀屋橋から丹波橋あたりまで、知らずにご一緒しているかもしれませんね

京阪も急行を廃止して、特急と快速急行に統合するとは思い切ったダイヤを打ち出したものです。私の利用する時間帯では出町柳~樟葉間の急行はいつも空気輸送なので、なんらかの見直しは予想していましたが。

東福寺に急行が止まる噂も最近の「JRと京阪の移動は東福寺で」のポスターがらみで現実味がありましたが、やっばり実現しませんでした。伏見桃山から東福寺のホームの長さが7両分しかないのが理由なのでしょう。

利用客の多い東福寺や伏見桃山に急行を停められないのが痛手ですね。東福寺の場合は、北側の細い踏切を廃止すれば、何とかなる(ウルトラCは九条通りを南側につけかえる)のですが、伏見桃山はそうはいきません。かつては昼間でも毎時8本止まっていた駅ですが、現在は宇治線直通がなくなったので、6本しかありません。

特急は、樟葉と中書島停車だけに、急行は中ノ島線乗り入れで15分間隔で運転して樟葉で緩急(どっちも急行ですが)接続し、各停は通し運転と淀折り返しを交互に運転してくれるのがもっとも便利なのですが。

>> 利用客の多い東福寺や伏見桃山に急行を停められない

一番現実的なのは、ドアカットでしょうけど、阪急では昔からやってるのに、京阪ではなぜかやりませんね。(どっかの駅で締め切ってましたって?)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京阪】10/19ダイヤ改正の概要発表:

« 夏休みの宿題-理科の自由研究 | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(1) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ