« 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(3) | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(5) »

2008.08.30

姫新・津山・吉備線に乗ってきました(4)

今回の旅行は急に決めたので、あまり経由地の下調べも出来ず、津山にはやってきましたが地理があまりわかりません(^^♪

駅前の観光地図を見ると竜野と同じで駅は町外れの川向こうにあり、市街地は橋を渡っていかなければならないようです。さくら祭りで有名な城跡や城下町の古い町並みも誘ってくれるのですが、時間が余りないのと、雨が降ってきそうなので、食事をしただけで駅に戻ってきました。駅前のバスターミナルには、JRの普通運賃より安い値段で、京阪神や広島・岡山方面へ高速バスが発着し、ここでも姫新線はお呼びで無いようです。

左の写真は、幕末の蘭学者「箕作阮甫(みつくりげんぽ)」の銅像。
幕末の津山藩は多くの洋学者を輩出しています。城下町には「津山洋学資料館」もあります。
右の写真は、津山駅前の商店街で見かけたシャッター画廊(?)津山の城づくりです。
左から「明治の城と大橋」「森 忠政 美作の国に入府」「にらみ合いの松」「津山城築城」「城普請」「大石はこび」の説明が付いています。
*

Tuyama01 Tuyama02

すこし早めにホームに入って、駅構内を見て回ることにしました。2面4ホームに側線がすこしの配線ですが、かつては、美作地方の陰陽連絡輸送の要として栄えた頃の名残が残っています。
ホームは10両から12両くらいは停車できたような長さで作られています。急行「みささ」「みまさか」「砂丘」「ひるぜん」といった列車が発着し、列車の解結作業なども頻繁に行なわれていたのでしょう。
また、旅客ホームの間や外側にはかつては貨物用の中線や側線が引かれていた跡があり、ホームの東側にはおそらく貨物ホームや小ヤードがあったであろう敷地が空き地になって広がっています。貨物輸送が盛んだった頃はこの駅からどんな荷物が送り出され、到着していたのでしょう。

今は、長いホームも最長4両の列車ではもてあまし気味で、ホームに中ほどに出発信号機が立ち、実質ホームは半分しか使われていません。また跨線橋も閉鎖され、階段は板で締め切られていました。

**

Tuyama03 Tuyama04

かつての栄光の日々を今に伝えるのが、鉄道部の敷地に残る旧津山機関区の扇形庫と鉄道資料館です。あいにくと公開日ではなかったので、ホームから遠望するだけでしたが、週末の午前中に予約制で公開されています。ポスターによれば、ただ一両の試作DLのDE50や国鉄色のキハ58などが車庫に保存されているそうです。ただ現地に10時集合なので、現地に泊まるか6時台の新幹線で西下しないと間に合わないのがつらいところです(^^ゞ (詳しくは、JR西のお知らせを参照)

さて、発車時間が近づいて入替で車庫から出てきた編成をみると、またまたキハ40+47の2両ワンマンです。しかも一両はオールロングシート車(^^ゞ 、当然セミクロスの車が止まる位置に並びます。このタイミングで雨がまた降りだしてきました。食事や車庫見物で外にいたときに降らなかったのはありがたかったです。腕木信号機に見送られて、津山駅を後に快速「ことぶき」号は岡山を目指します。
**

Tuyama91 Tuyama93

(続く)
*

pinboke_entry

« 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(3) | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(5) »

コメント

こんにちは.

私も18切符の消化で昨日は加古川線乗りつぶしの旅に行ってきました.

さて,竜野の跨線橋が鷹取製という話から古いものつながりで話を広げまして,姫路駅の姫新線ホーム(0番)と播但線ホーム(32番)上屋の支柱には古レールが使われています.カーネギーの刻印が入った物もあり,興味深いです.高架になった際には廃棄されそうなので,今のうちに記録しておかなければならないと思って先週岡山に行った帰りに姫路によって調査していたら,周りの乗客に怪訝な目で見られてしまいました^^;

12両なんていつの時代に使っていたのでしょうか。資料を読めば、客車も長くて6~7両、気動車急行も「砂丘」が3両に「みささ」が5両。ぐらいでしたから。貨物列車だったのでしょうか。

>> ギヤジローさんへ

姫路駅の播但・姫新線のホームもたしかに年代モノの雰囲気でしたが、鉄柱までは調べませんでした。
輸入物のレールは、旧山陽鉄道や播但鉄道時代の遺品でしょうか? また写真を見せてくださいね。

>> なにわさんへ

私も実際に、ホームの端から端まで調べて歩いたわけではありませんが、現在は閉鎖されているところも含めると、目測で8・9両分は確認できました。
私の見た資料では、昭和40年代の津山を発着した準急・急行には増結時に10両を超える編成もあったようです。
もちろん、この資料が正しいという保障はありませんが。
参考「ARC資料館」 http://urawa.cool.ne.jp/beppu/

 地方の分岐駅にはいろいろな施設があったことが偲ばれますね。最盛期には旅客以上の貨物で賑わっていたのかもしれませんね。
 話は変わりますが、本日たかはしおさむ氏と合流して撮影してきました。お互いの父親を介しての初対面でしたが、鉄道を仕事&趣味にしている者同士、楽しい時間を過ごしました^^。

連続のコメント、恐縮です。
気になった記事を見つけました。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080831/trd0808311301007-n1.htm

りばてぃさんへ

たかはしおさむ氏とのご交流は、ブログで拝見しました。私もたかはし氏の作品を見て、よく撮影地の参考にさせていただいてます。

また、「弥生文化博物館」の企画展の紹介をありがとうございます。今は代わられたかも知れませんが、ここには鉄道に理解のある学芸員さんがおられまして、よく足を運びました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(4):

« 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(3) | トップページ | 姫新・津山・吉備線に乗ってきました(5) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ