« 【叡電】比叡山ライトアップHM | トップページ | 五山の送り火「妙法」 »

2008.08.16

【京都バス】岩倉東線

今日は、岩倉へ行く用事があったので、久しぶりに京都バスの岩倉線に乗ってみました。

この付近のバス路線のここ10年ほどの改廃は、地下鉄の延長、都市計画道路の開通、沿線の高校・大学のスクールバスの請負もあって非常に複雑です。

今も、深夜に自由乗降バスが走ったり、土日ダイヤに一日一往復という、免許維持路線もあり、乗り潰し(?)派には、なかなか手ごわい(笑)区域です。

さて、表題の29系統岩倉東線-国際会館駅~下在地町~長谷八幡宮~岩倉村松館(通称「長谷回り」)の系統は、京都のバスを扱ったサイトでは、なかなかすごいところを走るバス路線として有名です
開設されてすでに8年になりますが、正確な経路はたどったことがありません。というのはあまりに生活圏に近すぎて、徒歩か自転車で移動する圏内なので、なかなか乗る機会が無かったんです。

さて、分岐停留所の「上長谷」から乗車、いきなり左折して、急坂を住宅街に突入、さらにバスの幅いっぱいの細道を直角カーブあり、田んぼの中の旧道あり、右折・左折を繰り返して数停留所を通過、そして私の乗車時点で3名、私の乗ったところから3名、途中で2名の計8名で、乗り換えの叡電「岩倉駅前」停留所に到着、ここで私を含めて4名ほど下車、2・3名の乗車があって、終点の国際会館駅へ向かっていきました。

この間、わずか10分程、運賃160円也で、十分堪能できました。ただ路線のトレースは、交差点になにも運行標識が設置されて無いようなので、2、3回乗らないとちょっと覚えられないかも(^^♪

超ローカルな話題で失礼しました。
*
43keito01
季節ちがいですが、京阪出町柳駅前に到着する43系統岩倉村松行きの京都バス
*
pinboke_entry

« 【叡電】比叡山ライトアップHM | トップページ | 五山の送り火「妙法」 »

コメント

学生時代なら、一日乗車券で乗りに行ったでしょうけれど、最近は乗る事も少なくなりました。
研究室の恩師も定年になってしまわれましたし、サークルも消滅しましたし。

北山通りの免許維持+小学生輸送系統とかありますが、18系統も免許維持系統になってしまいました。京都駅から高野玉岡町へ観光客が殺到する17系統を尻目に乗れたのですが。

こんにちは。
京都バス18系統もいろいろと経路が変わってますが、その昔の出町柳→東山通り→七条通り→京都駅の頃がいちばん印象に残ってます。先行する市電や市バスをどんどん追い抜くのが気持ちよかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京都バス】岩倉東線:

« 【叡電】比叡山ライトアップHM | トップページ | 五山の送り火「妙法」 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ