« 【叡電】デオ723に京阪のロゴ | トップページ | 【京阪】10/19ダイヤ改正の概要発表 »

2008.08.25

夏休みの宿題-理科の自由研究

いよいよ、子供の夏休みも今日でおしまいになりました。2学期制なので、明日から学校が始ります。お子様の宿題の手伝いで大忙しだったお父さん、お母さんもお疲れ様でございました

我が家も、息子と姪っ子の理科の自由研究の助っ人を頼まれて、盆休みから昨日にかけて休みごとに子供に付き合っておりました。

テーマは、「メョウバンの結晶を作ろう」ということにして、まずは図書館で参考書を選んだり、ドラッグストアで薬品を買ったりの準備作業

次に、本に習って実習開始、「容器は良く洗ってホコリの入らないように。」とか、「水や薬品は、きちっと量って。」とか「水道水ではなく蒸留水やミネラルウォーターを使おう。」とか、注意書きがいっぱいあるのですが、大雑把な(^^ゞ 「男の料理」 の感覚で、なべに薬品をぶち込んで、箸でかき混ぜると、ぶくぶく泡がでて、耐熱皿に移して、一晩寝かすと結晶の出来上がり・・・・・

の、はずが、結晶はできましたが、大きさがいびつで、しかもお皿にくっついて離そうとするとボロボロと分解、再結晶化のために、針金につるした種粒も、溶液の濃度が薄くて、大きくなるどころか、逆に解けてしまう始末
*
Kessyou02
「ちゃんと、計らんとあかんやん、おとうさん。」と、
子供たちに責められて、再挑戦

こんどは、容器をきれいに洗い、ミネラルウオーターを沸騰させて消毒して、薬品もきちんと計量して、しずかにビンの中へ。
トロトロと煮詰める事10分で、飽和溶液の完成。ここへモールで作った工作を沈めます。
また待つ事5分、取り出して乾かして、また漬けてと、2,3回繰り返すと、結晶が析出されてきれいなオブジェができあがりました。
溶液の濃度を変えて、結晶の出方の違いを見る観察もやりました。
*
Kessyou01
参考書には、「一時間もあればできる手軽な実験」と、うたってますが(笑)、理科の先生ならいざしらず、文系のお父さんには、手間のかかる宿題でした。
*
pinboke_entry

« 【叡電】デオ723に京阪のロゴ | トップページ | 【京阪】10/19ダイヤ改正の概要発表 »

コメント

お子さんの自由研究のお手伝いとは大変ですね.

飽和水溶液を作るだけなら容器の底にミョウバンが溶け残るようにすれば飽和水溶液が出来上がります。上澄みを使えばOKですよ。

と、書いているギヤジローさんは理系ですね。

みょうばんでなくても、食塩でも同じように析出されますよ、と腐れ理系が書いてみます。

ギヤジローさん、なにわさん、こんにちは。

久しぶりに理科の実験のマネゴトをしたのですが、飽和水溶液とか比重とか濃度とか結晶とか忘れかけていた単語が参考書に書かれていてあせりました

料理以外でメョウバンを扱ったのは、高校の科学の実験いらい30数年ぶりかも

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題-理科の自由研究:

« 【叡電】デオ723に京阪のロゴ | トップページ | 【京阪】10/19ダイヤ改正の概要発表 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ