« 【京阪】出町柳駅にLED行先表示機設置 | トップページ | 初秋の嵯峨野を散策してきました。 »

2008.09.19

【叡電】えいでんまつりは10/25 今年はデオ600走らず!!

叡山電車のHPによると、今年の叡電まつりは、10月25日(土)に開催の予定です。

恒例のイベント列車は、きららによる「出町柳駅→八瀬比叡山口駅→修学院駅」の運転で、デオ600型は、運転されません。

先日から「休車」の看板を出していますが、いよいよ本線走行は不可能になったようです。
当日、車庫内での移動くらいはあるかもしれませんが。

休車→廃車→解体の最悪の運行予定表が現実になったのかもしれません・・・・・・・o_rz_

Deo600_10 
自らの先行きを知ってか知らずか、所在なげにたたずむ、今夜のデオ600型

*
pinboke_entry

« 【京阪】出町柳駅にLED行先表示機設置 | トップページ | 初秋の嵯峨野を散策してきました。 »

コメント

いよいよですか・・・保存車になる可能性は高くはないですよね。いくらグループ傘下とはいえ、ローカルで保存するのはかなりの苦労が必要ですものね。

うーん…やっぱりいよいよなんですかね…
年に数回(一回?)のみの運行の為にだけ残しておくのも、企業としてできない相談なんでしょうし…
個人的には保存するならデナのどれかか最初の全金車で
ブルーリボン賞を取り損ねたデオ300か、戦後最初の新型車のデオ200を保存して欲しかったのですが、今更の話ですしね笑って、それじゃ全部やん!ってツッコミを自分で入れてしまいましたが(^^;)
いっそのこと、デオ800型のどれかを旧ツートンに塗り替えてしまうのも面白いかもしれませんね(^^)

おはようございます。

まだ、はっきり決まったわけでもありませんが、デオ600型は不運な電車でしたね。

車体更新されたのが、叡電のドン底の時期で、特徴のないボディに、旧車そのままの旧式の足回り、冷房もなし。

ワンマン車の登場で、出番が減り、京阪の出町乗り入れで乗客が急増するも、新型車の増備で、やはり予備車の運用に甘んじることが多く、2編成は廃車・解体に。

トドメは、全社ワンマン化で、完全に保留車状態に。

このまま廃車になるにしても、最後に本線運転で花を添えてあげたいですね。

いよいよえいでんまつりでもデオ600形の出番が無くなってしまいましたか・・・。orz

こちらのモボ301やモボ101もですが見た目的にも素っ気無い車体ですし、デナ21の様に特別注目される時期があった訳でもないですし、最古参になったかと思ったらきららに置き換えられてこの2両だけになり、ワンマン化とスルKAN対応にならずでとことん運に恵まれてないですね・・・。

でも、何らかの形で最後に一花見せて欲しいですね。

モボ105さん、こんばんは。

さすがに、今日は修学院車庫で600型を写している人をたくさん見かけました(笑)
この人たちもネットで知って、とりあえず駆けつけてこられたんでしょうね。
せめて、車庫の空いている線路へ引き出して、全検上がりのきらら901と並べて欲しいです。

話は変わって、今日(もう昨日ですか(^^ゞ)は、嵯峨野を散歩してきました。音楽祭の臨時運転を期待してたんですけど、普通の休日運用みたいでしたね。
続きは、貴mixで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】えいでんまつりは10/25 今年はデオ600走らず!!:

« 【京阪】出町柳駅にLED行先表示機設置 | トップページ | 初秋の嵯峨野を散策してきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ