« (私見(^^♪)関西の鉄道趣味界のこの一年を振り返って | トップページ | 【叡電】撮り収め »

2008.12.29

大掃除で出てきたレトロなカメラ

冬休みに入りまして、迎春準備というほど大げさではありませんが、雑用が続いてます。

まずは、年賀状の作成。裏表ともプリンタで印刷するのでだいぶん手間は省けますが、それでも小型のレーザープリンタですから、カラーの詳細印刷にするとはがき一枚刷るのに1分前後掛かるので、300枚も印刷すると、それだけで5時間以上かかる計算です(^^)

そして、お正月用品の買出し、最近は元日から営業しているスーパーも多いですが、お飾りやお節やお餅やみかんをいくらかは買いに行かねばなりません。ついでにスーツとワイシャツもクリーニング屋に出しましょう。

そして一番の大仕事が大掃除です。こればかりは、ワン・クリックで出来上がりというわけにもいきませんので(^^ゞ 姪っ子たちも動員して、すす払いです。朝から初めて、先ほど終わりました。

押入れからレトロなカメラが出てきました。「ヤシカフレックス」という機種の二眼レフカメラです。お祖父さんが買って、お父さんも、孫の私も高校生の頃に一度だけ使ったことがあります。
6×6判のブロニーフィルムを使います。もうどうやって使うのかも忘れましたし、第一動くかどうかも判りませんが、折角ですから残しておくことにしましょう。

どなたか、カメラに詳しい方で、写真をみただけで修理可能か? できるとしたらざっといくら位かかるものか? ご存知の方おられましたらご連絡ください。
*

Yashicaflex
pinboke_entry

« (私見(^^♪)関西の鉄道趣味界のこの一年を振り返って | トップページ | 【叡電】撮り収め »

コメント

 懐かしいですねぇ、二眼レフ! 私も幼少のミギリはこのタイプのカメラで撮って(撮られて)いました。最後に使ったのは大阪市電の「おなごり乗車会」の時で(古い!)、いじっていたらレンズが枠のネジごとコロンと外れてしまい、ピントが合わなくなって、それきり単なるおもちゃと化してしまいました。でも、このカメラっていかにも“機械”という感じで、コドモ心に結構萌えるおもちゃでした(^_^)。もしかしたら、今でもウチの押し入れの中で眠っているかも‥‥。

 私の父も長らく使っていました。上から覗き込むファインダーにせい逆反対の像が写るのが不思議でした。
 修理等は結構かかるのではないでしょうか。見積もってもらうのが良いのかも知れませんね。

>> 声高秀史さんへ

こんにちは。てっきり引越しのときに捨ててしまったと思っていたおじいさんの時計ならぬ写真機が出てきました。
最後に使ったのは、たぶん1972年のSL白鷺号を土山付近で写したときだと思います。残念ながら、ニ眼レフの使い方に慣れてなくて、二重写りの失敗作になってしまいました(^^ゞ
それで、アルバイトでペンタックスのSPFを買いました。それ以来、旭一筋です(^^)v

>> りばてぃさんへ

ネットで調べると昭和30年代を代表する機種のひとつのようですね。それでも諸先輩方は、このようなカメラを操って、傑作をものにされてきたのですね。
今のような至れり尽くせりのカメラを使っても駄作の大量生産に止まっているわが身を反省しきりです(^^ゞ

これもネットで調べたのですが、ざっと直してとりあえず写るようにするだけで、1万~2万は掛かるそうです。残念ですが、お飾りでガマンします。

こんにちは。今年もいろいろお世話になりありがとうございました。
私も叔父の使っていた二眼レフで撮影したことがあります。コスモフレックスとかいう、あまりメジャーではないようなカメラでしたが、北海道でC55を撮影しました。
シャッターが切れて巻き上げができれば、ダメモトで撮影できるんではないでしょうか。それより現像やプリントが大変ですね。スキャナにかけるにしてもネガホルダーを調達しなければならなかったりして…。
これからもよろしくお願い申し上げます。

ヤマさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

35mmフィルムですら製造中止するメーカーのある中で、ブロニー判のフイルムは、ほとんど絶滅状態でしょうね。まえに、DPE店で6×6判のスキャンを頼んだことがあるのですが、機材がないと断られました。

やっぱり飾っておくしかないのでしょうね。

なかっちょさま、こんばんは。

私んちにもありますよ、このカメラ。
撮影用のレンズの前にフィルターでしょうか? それ以外は殆ど型も一緒のようですが。。。
最近、たまにですが、現役で使ってますよ。ブローニー判のフィルムも安くないですよね。6x6で12枚しか撮れませんから・・・

修理可能か?との事ですが、症状は何でしょうか?
ぱっと見では、何処も悪くないようですが?
因みにシャッターはただボタンを押しても切れませんのでご注意を。(ご存知でしたらスミマセン)

おぉ! かべさんは、この二眼レフカメラを現役で使っておられるのですか、製造後すでに30年は経つのにすごいですね。


本当のところは、故障というよりは、どうやって使うのか忘れてしまっているのです(^^ゞ
レンズの横のレバーを引いてからシャッターボタンを押すのでしたね。
ネットで操作説明書(しかも画像入り)を見つけました。どうやらシャッターも切れるし、ピントも合わせられました。
次は、フィルムを詰めて、テスト撮影・・・ と、行きたいところです。
でも最近はブロニー版のフィルムを売っている店が少ないですね。カメラ専門店を当たってみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除で出てきたレトロなカメラ:

« (私見(^^♪)関西の鉄道趣味界のこの一年を振り返って | トップページ | 【叡電】撮り収め »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ