« 十日戎に行ってきました | トップページ | 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 »

2009.01.11

【叡電】鞍馬線の雪景色 2009

今年初の、叡電写真散歩は、お待ち兼ねの(笑) 「鞍馬線の雪景色2009」です。
今日は、貴船神社の初辰祭なので、貴船口駅を通って、白銀の貴船谷に向かう人は多かったです。

ただ、カメラマンは、「雪景色を写すついでにたまたま「きらら」が来たので写した。」というひとり以外には出会いませんでした。
*
2009_yuki_eiden04
貴船口駅付近でみかけた寒椿
pinboke_entry

« 十日戎に行ってきました | トップページ | 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 »

コメント

こんにちは
土曜日から大阪でも寒くなり、土曜日には少し雪が降りました。京都はさぞ大雪だろうと思っていましたら、叡電の雪景色の写真を見せて頂けました。先日撮影しまして、昔は車両が全て見通す事が出来るポイントが沢山あったようでした。しかし、今は回りに建物が建て込んでおり、なかっちょさんの様に、陰から顔を出した瞬間に撮影する方針で行くほうが成功する様に思いました。
 それと元旦に修学院の車庫にいたのは私ではありません。時間が無かったので、社内から覗くことでがまんしました。
 昨日は、こりずにまたマラソン大会(10km)に出場し疲れた上に、親戚と新年会をして泥酔してしまい、取り留めの無い投稿で失礼しました。

Eさん、こんにちは。
鞍馬線の沿線でもこんなところにまでと驚くようなところまで開発されて、民家が立て込み、電車を写すポイントが少なくなってきています。
特に岩倉付近は高いフェンスが立てまわれて、まともに写せるところは2・3箇所しかありません。
むしろ、宝ヶ池から出町よりのもともとの市街地のほうが、バックに目をつむるならばフェンスが低くて撮影は楽です。

話は変わって、新春マラソン大会に出場されたのですか。お疲れ様でした。近いところならば応援に寄せて貰いますので、スケジュールを知らせてくださいね。

こんにちは。
叡電は本来どこを走っているのでしょうか。
鞍馬や比叡山でしょうか。
京阪電鉄とは関係有るのでしょうか。
よく分かりません。

貴船神社は確か赤い燈籠が有ったと思います。
とても良い所の様ですね。
それでは。

叡電の営業エリアは、京都市の北部です。
京阪とは親会社・子会社の関係になります。

貴船神社の赤い灯篭がならぶ参道はよく観光ポスターなどで紹介されるので、有名ですね。

叡電鞍馬線の写真を拝見して思ったのですが、結構勾配のきつい上り坂が有りませんか。

スイスイと登って行くのでしょうか。

鞍馬線の最急勾配は、1000分の50です。33パーミルを超える箇所もいくらでもあります。
わずか2両編成ですが、最後尾に立つと、運転席が段差になっているのが良くわかります。

最近の電車は馬力があるのでスイスイ登りますね。昔はモーターの音も高く、あえぎあえぎ登る感じでしたが(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】鞍馬線の雪景色 2009:

« 十日戎に行ってきました | トップページ | 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ