« 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 | トップページ | 新企画のお知らせ »

2009.01.17

【JR東】さよならムーミン(EF55)

いよいよ、明日で、国鉄末期に奇跡の復活を遂げ、JR東に継承されてから二十数年間活躍してきた、ムーミンことEF55型電気機関車が、また営業運転から二度目の引退をすることになりました。

この機関車が復活した頃は、たまたま東京勤務のため、復活運転やJR移行のイベントに参加する機会がありました。

ただ、今ほど撮影に執着してなくて、枚数も内容も大したことのないスナップばかりですが、久しぶりに本館の「国鉄・JR写真館」と「切符館」で当時の思い出をまとめてみました。

当時の世相を振り返ってみると、長かった昭和末期不況が底を打ち、いよいよバブル景気が始まり、非常に活気があり、ちょっと廃頽的な時代に入っていく頃でした。
景気が上向くにつれて、仕事は増え、ひとはあまり増えないので、めちゃ忙しかったです(^^ゞ

この頃のパソコンの性能は今からみればおもちゃのようなもので、コンピュータを使って仕事をしているというより、機械の性能に合わせて仕事をやりくりしている、というのが本当でしょうか(笑)

*

Ef55_08
pinboke_entry

« 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 | トップページ | 新企画のお知らせ »

コメント

ごぶさたしております。
新年のごあいさつをせぬまま、七草も過ぎ、もうすぐ大寒です。
遅くなりましたが、寒中お見舞い申し上げます。

EF55の引退、いよいよその時が来たのですね。
補修部品の調達が困難な旧型電機。
今までがんばってくれたことを感謝したいと思います。

引退後は再び「準鉄道記念物」として静態保存されるのでしょうね。

JR移行から平成の始めのころ、私は完全に鉄道趣味から離れていて、EF55が復活した事はずいぶん後になってから知りました。


当時のパソコンというと、5インチ2DDのフロッピーディスクを使っていた記憶があります。
たしかPC98RAで3ディスクドライブを搭載した機種がワープロ専用として会社にありました。

私が初めてパソコンにさわったのがこのPC98RAでした。


そう言えばEF55の影武者であるEF64 1001も車歴が30年近くになると思いました。

いつの間にか長い時間が経っていたのですね。

変質者さん、おはようございます。

いよいよ今日が、営業運転の最終日ですね。高崎から横川へかけての沿線は、見送りのファンでいっぱいのことでしょう。

本当か知りませんが、「当時の国鉄改革のショックを和らげるために、SLや旧型ELを復活させたり旧型国電を延命させたりした。」という話を聞いたことがあります。国鉄最後の日は、汐留駅にSLを運び込んでイベントやってましたね。翌日、電車にはすべて「JR」マークが貼られていて、「一晩で何百両の電車に貼るとは大したものだ!」と感心したものです。

昔話失礼しました。

私はかなりハイスペックなパソコン使ってますが、まだまだ不満は沢山有ります。
はっきり言ってコンピューターも、大した事は無いと思います。
あ、私は熟年世代一歩手前では有りません。
もっと若いですよ~。(笑)

コンピュータも所詮は機械ですから、人間の思う通りにはなりませんね。

>>もっと若いですよ~。

うらやましいです(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【JR東】さよならムーミン(EF55):

« 【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符 | トップページ | 新企画のお知らせ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ