« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月に作成された記事

2009.01.31

山科商店街のマスコット「もてなす君」

このナスビをかたどった風船こそ、山科商店街のマスコット「もてなす君」です。昨年の秋に、ゆるキャラブームにのって登場しました。
テレビで紹介されると人気者になり、店頭から持ち去られる騒ぎが発生したそうです。今は、落ち着いているそうですが。

山科というとこのブログを読まれている方なら、すぐ「大カーブ」が思い浮かぶでしょうし、京都のベッドタウンというイメージの方が多いと思います。

今は、民家に埋め尽くされている山科・醍醐地区も1970年代頃まではまだまだ田畑が多くあり、お米や野菜が栽培され京都市の中心部へ出荷されてました。その中に「山科茄子」といわれる京野菜がありました。漬物や煮物に最適だったそうですが、傷がつきやすく、変色しやすいなどの欠点があり、だんだん栽培されなくなったのだそうです。
その昔ながらのナスビをイメージしたのが「もてなす君」です。

おもてなしの心で、山科を全国に発信して欲しいですね。
*
Motenasu_kun01
Motenasu_kun02
京阪四宮駅にて
pinboke_entry

2009.01.29

【京阪】9000系ロングシート改造車

オールロングシートに改造された9000系の9005Fに登場以来3ヶ月目にしてやっと乗車することができました。
淀屋橋19:50の三条行き特急に9000系が入ることが多いので、狙って3日目で当たりました。
*
9005_01b
9005_01a_2 
9005_01
写真のように、パケットタイプになったロングシートがドア間8人分、両端3・4人分並んでいます。座席のモケットもグリーン濃淡という今まで京阪では見かけない配色で非常に明るい感じがして良い印象です。
ただ、パケットシートの場合、空いていても隣の人と間を空けて座れない場合があってちょっと窮屈なのが玉にキズですが。
従来のクロスシートの特急の補完車の役割を3000系に譲って、2000番台の比較的古い一般車の置き換えに使われるのでしょう。
*
pinboke_entry

2009.01.28

【京阪】出町柳駅のディスプレイ2題

なかなか本流の電車そのものの話題が見つけられないので、またまた出町柳駅のティスプレイで失礼します。

左は、ひらパーのスケート&雪遊びのお誘いです。子供がこれをみて「スケートに連れてって」 というのですが、もう何年も滑ったことがないので、果たしてうまくエスコートできることやら(笑)
**

Demachi10  Demachi11
右は、寒い中にも春の訪れを予感させる「梅だより」のお知らせです。
梅や桜の花飾りはどこでも見かけますが、梅の枝を紙細工で立体的に仕上げてあるのがミソのようです。
*
pinboke_entry

2009.01.25

【京阪】トーマス号 ラストラン 京津線&京阪本線

いよいよ、今日でトーマス号の運転もおしまいです。冬晴れのもと、昨年の1900系のさよならの時ほどではありませんが、大勢の家族づれやファンで賑わっていました。
*
200901thomas01
大谷駅に停車中のトーマス号 619+620 
逢坂山越えの600型を見るのも久しぶりです。
200901thomas02_2 

四宮駅に停車中のトーマス号 
「石山寺」行きの行き先表示にも注目!! (通常ダイヤでは京津線~石坂線直通はありません。)

200901thomas04
石山寺に向けて発車していくトーマス号。
またこの夏にお目にかかりましょう(^^)/~~~~~~ Byby
200901thomas07
こちらは、三条駅に到着した、京阪本線7203Fのトーマス号。
すでに、サボが白幕に変わっているのが残念です。「臨時特急」の表示の出ている四条駅に向かえば良かったです(^^ゞ
200901thomas06

200901thomas03

トーマス号のさよならの電光掲示とヘッドマーク (三条駅)
*

pinboke_entry

2009.01.24

【京阪】さよならトーマス2008 Kカード

今日は、メチャ寒いです。ちかくのスーパーへ買い物に行くだけでも凍えてしまいそうです(笑)
それでも明日、悪天候や所用でいけないおそれもあるので、トーマス君の記念Kカードだけは買ってきました。

「ありがとう。また会おうね!」と書かれているので、また今夏には2009年バージョンが登場することを期待しましょう。
*

Keihan14_thomas01
Keihan14_thomas02
Keihan14_thomas03

Keihan14_thomas04_3

上から
Kカード2枚
台紙(表) 2枚目はスタンプ押印面
台紙(裏)
手提げ紙袋

pinboke_entry

2009.01.23

【京阪】トーマス号2008 ラストラン

2008年度の京阪のトーマス号7200系と700系の運転がいよいよ明後日25日で終了になります。

すでにお別れヘッドマークも付いているようなのですが、とうとう見られないうちに週末になってしまいました。

日曜日は、時間があれば三条駅と京津線の四宮駅のイベントに出かけてみようと思ってます。
*
Demachi09
pinboke_entry

2009.01.20

【本】源氏物語 半分読みました。

Genji_saiou 先月の半ば頃に、瀬戸内寂聴さん訳の「源氏物語」を読み出していると書きましたが、一ヶ月ほどたってようやく、半分ほど読み進めることができました。

最初の3ヶ月ほどは中々読めなかったのですが、お正月休みに集中して読み出すと面白くなってきて、最後の宇治十帖は読み終わりました。この長編の最後はあっけなく、というかなにか中途半端な感じで終わっています。昔からもっと書き足すつもりだったとか、いやこれでよいのだとか、議論があるそうですけど、たしかになにか物足りなさを感じさせます。

さて、最初の予定では、宇治十帖で文体になれたら、他の帖を拾い読みするつもりだったりですが、やはり最初からということで、もういちど寂聴さんのテキストの「源氏物語の女性たち」で全体のあらすじをおさらいして、桐壺の巻から読み出しています。

桐壺の更衣と源氏の誕生の話、雨夜の品定めの話、夕顔の君の話、若紫の北山の話、藤壺の女御との不倫の恋と皇子の誕生、車争いの話、六条御息所の生霊の話、朧月夜の君との密会とさわりだけ知っているエピソードも原作で読むと、その前後のつながりもわかって面白くなります。

また、源氏物語というと王朝絵巻そのものといった感じですが、意外と色っぽいところ(^^ゞや深刻な話題(天皇の代替わりで権力構成が変わり源氏とその一党が干されかける)があったり、コメディ(末摘花の君の容姿を普賢菩薩の乗り物-象の鼻のように長いと茶化している(笑)など、さすがに小説としての読ませどころもいくつもあり、退屈しません。

これから、いよいよ源氏の都落ちともいえる「須磨」「明石」の巻、そして都へ復活した源氏のその後の活躍と話は続いていきます。

最初は一年は掛かると思っていましたが、若葉の頃には読み終わっているかもしれません。また区切りがつく第五巻の終わった頃に読後感想文を出したいと思います。
*
pinboke_entry

2009.01.18

最近思うこと(雑感)

このサイトは管理人の年齢に合わせて、熟年世代一歩手前(失礼)の読者の方が多いように思います。

私は、文科系の学校を卒業して、事務員として某社に採用されたのですが、人事担当者がどこをどう思ったのか、「電算機室要員を命ず。」という辞令を入社式の日に呉れました。以来、コンピュータ技術者として二十数年間勤めております。

おかげで、一般の人より早くコンピュータなるものに触れることが出来ました。そして昭和から平成に変わってしばらく経った頃、「うちでもインターネットをやるから勉強して来い。」といわれてコンピュータメーカーの講習会に出かけたのがネットとの付き合い初めです。

ご存知のように、インターネットは元々軍用として開発され、やがて大学の研究用となり、商用にも公開されるようになりました。1990年代はじめには、一般ユーザーも電話線を使って通信できるようになり、Win95+IE4で爆発的に使われるようになって現在に至ります。

インターネットの最初の頃は、もともと仕事で使っていたひとが趣味に使うようになった経緯もあり、また、文字だけ(当時は画像や音声のやりとりは、回線容量の関係で困難でした)のコミュニケーションなので、ネチケットに気をつけるよう厳しく指導されました。

「常に相手の反応を考え、一歩引いてやりとりせよ。自分だけの価値観を押し付けてはダメだ。」
という教えです。

そして、「やはり悪いことをする人間はどこにもいるので、それに対抗する手段(不正アクセス防止)を身に付ける必要もある。」といわれその勉強もさせられました。

私は、もう中年と言われる年代なので、この当時の教えを今も守っていますが中には、それをご存じないかたも増えているようです。何処とはいいませんが無法地帯といわれるネット上の世界が存在することも事実です。

しかし、世の中には法律もあれば規範もあり、それを監視している組織(たとえば警察など)もあります。ネットのやりとりも専門家が調べれば裏取引もすべて丸見えです。

この掲示板をご利用の方には、釈迦に説法でしょうが、もう一度「ネチケット」をまもって楽しく「鉄道趣味」をネット上でやりたいと思っています。わたしも仕事では仕方がないとしても、趣味の世界でまで、「不正アクセス禁止」の技能を使いたくないものですので。


p.s
この文章は、あくまで管理人の主観であり、みなさまに押し付けるつもりは毛頭ありません。ただ不快に思われる方がおられましたら、残念ですがこのサイトの閲覧を中止して下さいませ。去るものは追わず。来るものは拒まずがモットーですので。
また、上記の理由により、コメントもお断りしております。他の投稿へコメントされた場合やメールを含めてこの文章へのご意見はすべて削除させていただきます。


Pasokon01

新企画のお知らせ

同じことを掲示板にも書いてますが、こちらしか読まれない方も方もあろうかと再掲載です。

今年のこのサイトの特集は何にしようか考えていたのですが、ムーミンことEF55の引退のニュースを聞いて、東京勤務時代のバブル景気の頃を思い出しました。

この頃写した写真は、タマにブログや掲示板でお見せしているのですが、なかなか整理がつかなくて、まとまって公開できませんでした。

この冬休みにやっと片付けが終わりましたので、一昨年から昨年にかけてお送りした「東海道ローカル線めぐり」に続いて、「関東甲信越ローカル線めぐり」として今回は年代別に公開していくことにしました。

ローカル線とは銘打ってますが、もちろん国鉄・JRの幹線や大手私鉄・地下鉄・公営鉄道も出して行きたいと思ってます。

ただ、EF55のところでも書きましたようにあまり枚数も内容もありませんので、そんなに期待せずに、「そういえばこんな電車が走ったなぁ」と、掲示板のネタ程度に考えていただければ幸いです。

運行予定表

1984年(昭和59年)方面

発車予定   行き先
2月中旬   「さよなら魚沼線」・「さよなら赤谷線」
4月中旬   「こんにちは北総・公団線」・「さよなら西武山口線(おとぎ電車)」
5月中旬   「銚子電鉄」「日立電鉄」「総武流山電鉄」

路線名等は、撮影当時のもの。
3月は阪神なんば線の開業を我楽多写真館で取材予定。
* 

Ojiya_sen01 Hokuso01

(左) 魚沼線 西小千谷駅、(右)北総・公団線 初富駅

pinboke_entry

2009.01.17

【JR東】さよならムーミン(EF55)

いよいよ、明日で、国鉄末期に奇跡の復活を遂げ、JR東に継承されてから二十数年間活躍してきた、ムーミンことEF55型電気機関車が、また営業運転から二度目の引退をすることになりました。

この機関車が復活した頃は、たまたま東京勤務のため、復活運転やJR移行のイベントに参加する機会がありました。

ただ、今ほど撮影に執着してなくて、枚数も内容も大したことのないスナップばかりですが、久しぶりに本館の「国鉄・JR写真館」と「切符館」で当時の思い出をまとめてみました。

当時の世相を振り返ってみると、長かった昭和末期不況が底を打ち、いよいよバブル景気が始まり、非常に活気があり、ちょっと廃頽的な時代に入っていく頃でした。
景気が上向くにつれて、仕事は増え、ひとはあまり増えないので、めちゃ忙しかったです(^^ゞ

この頃のパソコンの性能は今からみればおもちゃのようなもので、コンピュータを使って仕事をしているというより、機械の性能に合わせて仕事をやりくりしている、というのが本当でしょうか(笑)

*

Ef55_08
pinboke_entry

2009.01.13

【叡電】戦前の比叡山ロープウェイの切符

オークションで入手した、戦前の叡山架空索道(ロープウェイ)の切符です。
昭和5年5月25日(日)に延暦寺駅で発売されたものです。

戦前のロープウェイの切符は他にも3種類持っていますが、券面のデザインがイラストのものは初めて手に入りました。観光鉄道だけに何種類かのバージョンを使い分けていたのでしょうか?

他の切符の絵柄はここ

Eizan_18 Eizan_18a
pinboke_entry

2009.01.11

【叡電】鞍馬線の雪景色 2009

今年初の、叡電写真散歩は、お待ち兼ねの(笑) 「鞍馬線の雪景色2009」です。
今日は、貴船神社の初辰祭なので、貴船口駅を通って、白銀の貴船谷に向かう人は多かったです。

ただ、カメラマンは、「雪景色を写すついでにたまたま「きらら」が来たので写した。」というひとり以外には出会いませんでした。
*
2009_yuki_eiden04
貴船口駅付近でみかけた寒椿
pinboke_entry

十日戎に行ってきました

大阪天満の堀川戎と天満宮の十日戎に参ってきました。
私自身はサラリーマンなので、あまり「商売繁盛」など考えたことがなかったのですが、昨今の世相ではやはり気になりますので(笑)
*
Ebisu01
縁起物の熊手や福笹をある店 
*
Ebisu02
いろんな屋台でいろんな縁起物を売っているのですが、やはり「福娘」さんが授けてくれるところが流行っている様で(^^♪
*
Ebisu03
あれから14年も経ちましたが、記憶の薄れることはありません。
*
Ebisu04
天神橋商店街でこんな看板のコレクション? を出している店がありました。
*
Ebisu05
「恵比寿・大黒」とは云いますが、「ゑびす・天神」とはあまり聞きませんね(^^)
*
Ebisu06
寄席も賑わっています。昼席は立ち見もでる盛況のようです。
*
Ebisu07
くじらと見間違うような(笑) 巨大な鯛の張りぼて 目と背びれが電気で光ります。
*
pinboke_entry

2009.01.10

【叡電】今朝は雪の朝です。

今朝は、予報どおりの朝になりました。起きてカーテンを開けると、ぼた雪の舞う吹雪状態だったのですが、を食べたりの用意をしているうちに、見る見る小止みになってしまい、ご覧のようにあまり迫力のある絵にはなりませんでした

昼からは日も射してきて、東山の雪化粧もすっかり融けてしまいました。
*
Syusyako14
*
901_35
*
711_21
pinboke_entry

2009.01.08

【京阪】お正月輸送も終わって・・・

この年末年始は、土日の配列が良くて長い冬休みになりました。そのためか、5日の仕事始めから、フル稼働の方も多いと思います。

実際、5日朝の大阪行きも、学校が休みで学生さんの分が空いているだけで、普段の朝と変わらない混雑でした。それも今朝から学校も始まって、本格的に混み出してきました。
昔は冬は着膨れラッシュなどと言われましたが、最近は暖冬の影響か薄くても防寒性能に優れた衣料品になってきているのか、ちょっとマシなので助かります。

電車も、旧3000系時代の特急は、隙間風がよく入り込んで(特に中書島~樟葉間の田園地帯は寒かったです) 閉口しましたが、最近の新3000系は気密度が高いですね。ただ、昔から京阪の暖房設定温度は高くなくて、やはり長く乗っていると足が冷えてきます

この所、趣味的に面白いて写真に撮りたいようなシーンに出くわさないのですが、(5000系の新塗装も、9000系のロングシート改装者もまだ未乗車です(^^ゞ )
七草をすぎても飾ってある書初め風のお正月飾りです。駅員さんの中で腕に覚えのある方の達筆なのでしょうか?
*
Demachi08
pinboke_entry

2009.01.04

【京阪】急行中之島行き

いよいよ正月休みも今日までなので、イマイチの天候ですが、伏見稲荷大社へ初詣に出かけてきました。

七条駅で乗り換えるときに、偶然「急行」と「普通」の中之島行きが続行でやってくるのが見られました。
昨秋のダイヤ改正から「急行」の種別自体が早朝・深夜のみの少数派になったうえに、中之島行きは臨時列車でしか見られず、京都発の普通の中之島行きも昼間の時間帯は運転されないので、正月臨ならではの貴重な運行状況です。

思わず「こいつぁ~春から縁起がいいわい!」と、心の中で叫んでしまいました(笑)
*
6009_02
お稲荷さんでは、この一年の家内安全と商売繁盛を祈願し、久しぶりに稲荷山巡拝も済ませ、正月の運動不足も解消してきました。

さあ、明日からまたお仕事です!  ことしも頑張るぞ(^^)v
*
pinboke_entry

2009.01.03

【叡電】2009年撮り始め

大晦日から寒いぐずついた天気が続き、「鉄」に限らず、カメラ散歩をしようという気にもなりません。
それでも、少し晴れ間が出てきたので、ちょっとだけ線路際を歩いてみました。
意外にも、修学院車庫の回りには同好者が、きららにカメラを向けておられました。
*

901_34 732_06

撮り収めをした茶山駅前にて。
なにもない住宅街ですので、踏み切り警報機をアクセントにしてみました。

正月の他客を見込んで、鞍馬線系統の列車には、車掌さんまで乗務させる入れ込みようですが、残念ながらの天候で、初詣客も少なく、お寺も鉄道会社もみやげ物店もガッカリでしょう。
カメラマンも思うような写真が撮れずにガックリです(^^ゞ
*

731_16 722_16

寒くても雪など降ってくれれば、上々なのですが、せいぜいミゾレまじりの寒雨です。比叡山の山頂付近は少し白くなっています。

南天の赤い実が唯一の正月気分を出してくれています。

正月休みも明日で終わり。明日こそ晴れて欲しいです(^^)
*

pinboke_entry

2009.01.01

謹賀新年 2009年 元日

みなさま

明けましておめでとうございます。
今朝の京都は、すこし曇り勝ちながらも穏やかな新年を迎えました。

今年も、なにかと騒がしい一年になりそうですが、SLの動輪のように、力強く大地を踏みしめて、一歩一歩確実に進んで参りましょう。

今年もよろしくお願いいたします。
                     平成21年元日

                                管理人
 
*

Umekouji04
pinboke_entry

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ