« 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その1 | トップページ | 平成版浮世絵「京都百景」画文集出版記念展 »

2009.05.15

【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その2

今日の葵祭りは、五月晴れのもと無事に終わったようで、良かったです。
さて、「叡電沿線の花」シリーズの第2回目をお送りします。
*
811_28
北山杉の林を抜けて、貴船・鞍馬へと向かう。
811_29
鉄橋の両側は、藤の花が満開です。でも電車は一瞬で通り過ぎるので乗客の目にはなかなか留まりません。
*
811_30
雑草に囲まれて、ポピーの花が精一杯自己主張しています。
*
811_31
市原駅構内のアヤメ。梅雨時になると右手のアジサイが見ごろになります。
*
最後は、オレンジきらら903Fの活躍です。
903_34

藤の花ときららの構図が決まりました(^^)v
*

903_35_2 
鞍馬からの戻りも藤の花で狙って見ました。
*
903_36
すこし盛りは過ぎたようですが、市原駅構内のサツキの花がきれいです。この駅の回りは近所の方が丹精された花壇があって、年中花の絶える事がありません。
**
pinboke_entry

« 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その1 | トップページ | 平成版浮世絵「京都百景」画文集出版記念展 »

コメント

 山区間は緑に囲まれて気持ち良さそうですね。身近にこういう場所があるのを羨ましく思います。
 花を見つけるたびに色々トライするのですが、中々どっちつかずの作品になってしまい、日の目を見ることがありません^^;

こんにちは。

北九州は、いかがでしたか?のちほど、貴ブログへ旅行記を拝見にうかがいます(^^)

さて、本文にも書きましたが、叡電の山線区間もだんだんと家が増え、それにつれて線路脇のフェンスも増えて、年々写し辛くなってます。

もちろん撮影者の好みはありますが、私の場合は、あっさりと電車を捨てて、「たまたまのそばをが通ったので写した。」風に割り切ったほうが、良い構図になるような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その2:

« 【叡電】初夏の風景&草花シリーズ2009 その1 | トップページ | 平成版浮世絵「京都百景」画文集出版記念展 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ